また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1200914 全員に公開 ハイキング近畿

芦屋川ー有馬2017-07-18 日帰りゆっくり登山

日程 2017年07月18日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
1時間40分
合計
7時間40分
S芦屋川駅07:2007:28芦屋川、高座の滝方面分岐07:36城山・荒地山方面分岐点07:54高座の滝08:1808:32ロックガーデンの案内板08:3309:16ピラーロック09:21風吹岩09:3209:52荒地山への分岐10:43雨ヶ峠10:5011:16本庄橋跡11:2911:34本庄堰堤北側の分岐11:3512:28一軒茶屋13:0313:45六甲最古のトンネル跡13:4813:52筆屋道-炭屋道中間の休憩所13:5514:08炭屋道への分岐14:18この先近道14:1914:47銀の湯14:4815:00有馬温泉 太閤の湯15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
魚屋道では登山道崩落個所あり。迂回路ができていた。
有馬稲荷神社への「近道」ルートを行ったが、自然の山道で落ち葉、倒木も多く、悪天候の際は避けたほうがいい。
その他周辺情報一軒茶屋は月曜が休みと思っていたが、火曜日休業だった。非常食は大切。下山後は太閤の湯へ。金銀の湯があり豪華なスーパー銭湯。有馬温泉駅への送迎マイクロバスもある。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

高座の滝まで以下の通り各地で案内標識あって親切
2017年07月18日 07:23撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝まで以下の通り各地で案内標識あって親切
城山・荒地山方面分岐点
2017年07月18日 07:35撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山・荒地山方面分岐点
谷にアジサイが。これからの山行が楽しみ〜の想い。
2017年07月18日 07:40撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷にアジサイが。これからの山行が楽しみ〜の想い。
高座の滝への入り口、左側には滝の茶屋
2017年07月18日 07:47撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝への入り口、左側には滝の茶屋
高座の滝、左上に藤木九三のレリーフ、見えた見えた。
2017年07月18日 07:51撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝、左上に藤木九三のレリーフ、見えた見えた。
さあ、これからロックガーデン。
2017年07月18日 08:22撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、これからロックガーデン。
高座の滝から15分くらいで案内板
2017年07月18日 08:33撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝から15分くらいで案内板
最初の鉄塔の下
2017年07月18日 08:52撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鉄塔の下
下る場合はこの標識通り、左下方向に行く。道が隠れているので注意。
2017年07月18日 08:52撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る場合はこの標識通り、左下方向に行く。道が隠れているので注意。
神戸市街と瀬戸内海?大阪湾?
2017年07月18日 09:16撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸市街と瀬戸内海?大阪湾?
1
風吹岩ピークからの眺め
2017年07月18日 09:25撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩ピークからの眺め
案内板の礎石、崩れ落ちそう
2017年07月18日 09:48撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の礎石、崩れ落ちそう
この先、ゴルフ場
2017年07月18日 10:04撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、ゴルフ場
今の時期、アジサイが多いですね。
2017年07月18日 10:06撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今の時期、アジサイが多いですね。
雨ケ峠。これを越えたところからその名の通り小雨となりました。
2017年07月18日 10:50撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ケ峠。これを越えたところからその名の通り小雨となりました。
本庄橋跡手前の木の橋
2017年07月18日 11:13撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本庄橋跡手前の木の橋
本庄橋跡
2017年07月18日 11:14撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本庄橋跡
今回(火曜日)も一軒茶屋はお休み。雨のため??非常食を持ってきてよかった。
2017年07月18日 12:28撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回(火曜日)も一軒茶屋はお休み。雨のため??非常食を持ってきてよかった。
左へ行けば10分ほどで六甲頂上。急に濃霧になってきたし、早く温泉に、の声あり右にGo!
2017年07月18日 13:02撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ行けば10分ほどで六甲頂上。急に濃霧になってきたし、早く温泉に、の声あり右にGo!
魚屋道案内板
2017年07月18日 13:04撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚屋道案内板
魚屋道入口の小道
2017年07月18日 13:04撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚屋道入口の小道
六甲最古のトンネル跡、団体さんが休憩中、斜めから撮影。どこがトンネルかは確認できなかった。
2017年07月18日 13:48撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲最古のトンネル跡、団体さんが休憩中、斜めから撮影。どこがトンネルかは確認できなかった。
筆屋道−炭屋道中間の休憩所
2017年07月18日 13:52撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆屋道−炭屋道中間の休憩所
炭屋道への分岐619m地点
2017年07月18日 14:08撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭屋道への分岐619m地点
有馬稲荷神社への「近道」ルート。通常はこれの30メートルほど手前を左へ行く人が多い。
2017年07月18日 14:18撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬稲荷神社への「近道」ルート。通常はこれの30メートルほど手前を左へ行く人が多い。
いきなり道を遮る倒木。これを跨ぎ振り返る。この先は山の中の自然の山道を下山。魚屋道最大の難所でした。
2017年07月18日 14:20撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり道を遮る倒木。これを跨ぎ振り返る。この先は山の中の自然の山道を下山。魚屋道最大の難所でした。
この反対側も長い下り階段。確かに距離的には近道かもしれないが、時間的には遠い道になったよう。
2017年07月18日 14:29撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この反対側も長い下り階段。確かに距離的には近道かもしれないが、時間的には遠い道になったよう。
1

感想/記録

この夏の本格登山に向けた予行演習のつもりで行きました。森林浴、岩場、鎖、梯子もわずかにあって、全体的に細い登山道。北アルプスの予定する山行の縮小版のようなところ。本庄橋跡あたりでは涼風涼雨。魚屋道では登山道が崩落し、迂回する道ができていました。最大の難所?はゴール近くの有馬稲荷神社への「近道」ルートで、昔の自然な山道を楽しみました。下山後は温泉でゆっくり。変化もあったいい登山でした。
訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

崩落 倒木 山行 近道 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ