また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1201561 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

黒岩ノ平(大日蔭山or雁ヶ峰からの)ハイキング

日程 2017年07月19日(水) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間31分
休憩
1時間30分
合計
9時間1分
S祓川登山口駐車場05:3105:50和田小屋登山口05:5406:51下ノ芝07:16中ノ芝07:2507:49苗場山、小松原分岐07:5408:50大日蔭山09:1510:06黒岩ノ平10:1911:06斜面の原11:2211:34大日蔭山11:4612:45苗場山、小松原分岐13:04中ノ芝13:24下ノ芝14:11和田小屋登山口14:1714:32祓川登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道がない
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

道路が落石で和田小屋まで歩いていたので私の車へ。
2017年07月19日 05:25撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路が落石で和田小屋まで歩いていたので私の車へ。
1
朝の駐車場
2017年07月19日 05:33撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の駐車場
小松原方面はきれいに刈り払いされていました。
2017年07月19日 07:54撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原方面はきれいに刈り払いされていました。
この平はいつも気持ちいい!!
2017年07月19日 08:11撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この平はいつも気持ちいい!!
山レディーに遭遇!!
小松原小屋に一泊するそうです。
2017年07月19日 08:44撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山レディーに遭遇!!
小松原小屋に一泊するそうです。
お二人とは山頂でお別れ。元気でね!
2017年07月19日 09:07撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お二人とは山頂でお別れ。元気でね!
1
大日蔭山の表示板
2017年07月19日 09:09撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日蔭山の表示板
雁ヶ峰の表示板
2017年07月19日 09:17撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ峰の表示板
雁ヶ峰の表示の表示板の方向に降りてみたら沢があったので、沢沿いに下ってみる
2017年07月19日 09:24撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ峰の表示の表示板の方向に降りてみたら沢があったので、沢沿いに下ってみる
おそらく黒岩ノ平に続くはずだけど、心配なので確認のため竹林を遡上
2017年07月19日 09:49撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく黒岩ノ平に続くはずだけど、心配なので確認のため竹林を遡上
この辺から平にでられそう
2017年07月19日 09:54撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から平にでられそう
やっと到着。とても疲れました。
2017年07月19日 10:06撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと到着。とても疲れました。
2
ワタスゲも終わりに近い
2017年07月19日 10:08撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲも終わりに近い
1
コバイケイソウの集団
2017年07月19日 10:10撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウの集団
モウセンゴケもまだ小さい
2017年07月19日 10:11撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モウセンゴケもまだ小さい
帰りは緑の斜面を目指します。
2017年07月19日 10:12撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは緑の斜面を目指します。
この辺から林に突入
2017年07月19日 10:19撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から林に突入
こんな感じの藪
2017年07月19日 10:21撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの藪
タケノコがあった!
2017年07月19日 10:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケノコがあった!
目的の斜面が見えました
2017年07月19日 11:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的の斜面が見えました
この斜面が一番歩きやすい!!
2017年07月19日 11:06撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面が一番歩きやすい!!
今日の戦利品
2017年07月19日 11:10撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の戦利品
コバイケイソウの集団。まだまだ咲く時期ではなかった
2017年07月19日 11:19撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウの集団。まだまだ咲く時期ではなかった
この原の斜面ピーク
2017年07月19日 11:20撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この原の斜面ピーク
さて、帰ります
2017年07月19日 11:21撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰ります
この林を水平移動
2017年07月19日 11:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この林を水平移動
山頂が見えてきた
2017年07月19日 11:29撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた
笹原にでた、あとは山頂へ
2017年07月19日 11:32撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原にでた、あとは山頂へ
やっと山頂に到着
2017年07月19日 11:40撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山頂に到着
よく見ると和田小屋が見える
2017年07月19日 11:40撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると和田小屋が見える
やっぱりこの原は気持ちがいいです。
カッサダムの田代湖が見える
2017年07月19日 12:31撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりこの原は気持ちがいいです。
カッサダムの田代湖が見える
1
やっと帰ってきた
2017年07月19日 14:33撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと帰ってきた
撮影機材:

感想/記録

予定では帰路と同じ斜面の原を通過して黒岩ノ平でのんびりする予定でしたが、雁ヶ峰の表示板に惹かれて下ったのが間違いでした。沢がおそらく黒岩ノ平に続く予想はしていましたが、確信がなかった。また、沢に残る雪が怪しい。この時期に雪渓下りをして雪を踏み抜いたら足首ねんざか酷くて骨折。そうなったら携帯も通じないし自力脱出は不可能とか想像してみる。

黒岩ノ平に着いたときはヘロヘロ。
帰りはタケノコ採りで林の中をうろうろしたら、方向感覚が少し狂ったので一度南の稜線まで出てから斜面の原に向かったので林を抜けるのに時間が掛かり過ぎてしまった。林に突入する前にマグネットコンパスで方向を確認しておけばよかったと反省。

黒岩ノ平は湿地とはいえ、ミズゴケが堆積してふかふかという分けではなく、堅いけど寝転べば水が服にジワジワしみてくる。斜面の原も同じ感じ。笹が浸食してこないのが不思議です。
次回はコバイケイソウが咲く時期か紅葉の時に来たいものです。
訪問者数:134人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ