また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1204780 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

武甲山・・・‟削られる前の山頂写真を追加”・・・(注)過去記録

情報量の目安: S
-拍手
日程 1959年11月29日 [日帰り]
メンバー , その他メンバー10人
天候(記録なし)
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:飯能駅〜(西武鉄道)〜吾野駅〜(バス)〜根古屋
復:坂氷〜(バス)〜吾野駅〜(西武鉄道)〜飯能駅

※当時の西武鉄道は、飯能から吾野までしか運行して無い為、吾野駅から先はバスを利用していた。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
14.3 km
登り
1,085 m
下り
1,075 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

■当時の記録

    09:50      根古屋〜(表参道)〜
    11:00~14:00  武甲山山頂
    16:00      〜(西参道)〜姿
 
 ※当時のノートに記録されていたのは以上。おそまつ・・・。
 ※下山に使った当時の西参道は、現在は無い。
   従って、コース取りは推測である。
 ※写真は一枚も無し。

 (注)根古屋から山頂までが1時間10分というのは、どう見ても無理ですね。
    どこかに記録ミスが有る様です。

 ※本記録のルート作成に当たっては、下記の記録を参考にさせていただきました。
  fuya0123さんの、1962.04.01付けの記録
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-187006.html
  squamish05さんの、1969.09.07付けの記録       
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-424302.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■写真について(2019.10.08)
 本記録には、私自身が撮った当時の写真は一枚も有りません。
 従って、以下に掲載してある写真は、武甲山の山頂が削られる以前から現在に至るまで経過を知るのが目的で、ネットで検索したり、古いヤマレコ会員さんの写真を提供していただいたものです。

写真

私の「登山日記」
1957年5月(昭和32年)〜1959年11月(昭和34年)の高校時代の全記録。
これが有ったお陰で、過去記録が作成できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の「登山日記」
1957年5月(昭和32年)〜1959年11月(昭和34年)の高校時代の全記録。
これが有ったお陰で、過去記録が作成できました。
1932年(昭和7年)
削られる前の武甲山。
戦前ののどかな風景ですね〜。
※清水武甲氏撮影
(注)ここに掲載した写真は全て、武甲山山頂が削られて行く経過を調べるために、ネット等で検索したものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1932年(昭和7年)
削られる前の武甲山。
戦前ののどかな風景ですね〜。
※清水武甲氏撮影
(注)ここに掲載した写真は全て、武甲山山頂が削られて行く経過を調べるために、ネット等で検索したものです。
9
1945年(昭和20年)
この時点で、既に右側には削られた様なものが見えますね。
※清水武甲氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1945年(昭和20年)
この時点で、既に右側には削られた様なものが見えますね。
※清水武甲氏撮影
7
1950年(昭和25年)
この時点でも、のどかな風景ですよね。
※清水武甲氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1950年(昭和25年)
この時点でも、のどかな風景ですよね。
※清水武甲氏撮影
9
1950年(昭和25年)
※清水武甲氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1950年(昭和25年)
※清水武甲氏撮影
8
1955年(昭和30年)
※清水武甲氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1955年(昭和30年)
※清水武甲氏撮影
7
1955年(昭和30年)
右側は削られた跡か?
※清水武甲氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1955年(昭和30年)
右側は削られた跡か?
※清水武甲氏撮影
7
1963年4月7日
(昭和38年)
fuya0123さん武甲山に登頂。
山頂標識に「1336m」とある。
間違いなく、削られる前の山頂だ。
見て下さい、この初々しい顔。
高校1年生の時だそうです。
※fuya0123さん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1963年4月7日
(昭和38年)
fuya0123さん武甲山に登頂。
山頂標識に「1336m」とある。
間違いなく、削られる前の山頂だ。
見て下さい、この初々しい顔。
高校1年生の時だそうです。
※fuya0123さん提供
10
1963年4月7日
(昭和38年)
「一の鳥居」と思われる。
※fuya0123さん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1963年4月7日
(昭和38年)
「一の鳥居」と思われる。
※fuya0123さん提供
6
1965年(昭和40年)
未だ山頂は健在です。
※清水武甲氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1965年(昭和40年)
未だ山頂は健在です。
※清水武甲氏撮影
7
1969年11月26日
(昭和44年)
削られる前の武甲山山頂風景。
小さな祠と参座同定盤が有ります。
※横山厚夫氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1969年11月26日
(昭和44年)
削られる前の武甲山山頂風景。
小さな祠と参座同定盤が有ります。
※横山厚夫氏撮影
6
1969年11月26日
(昭和44年)
この西武秩父線は、1969年10月に開通したとのこと。
バックの山は武甲山と思われる。
※横山厚夫氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1969年11月26日
(昭和44年)
この西武秩父線は、1969年10月に開通したとのこと。
バックの山は武甲山と思われる。
※横山厚夫氏撮影
8
1974年3月23日
(昭和49年)
tada1804さんの武甲山山頂での記念写真。
山頂標識に「武甲山頂」と書かれている。
この時点でも山頂は健在です。
この時のtada1804さんは高校1年生とのこと。
※tada1804さん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1974年3月23日
(昭和49年)
tada1804さんの武甲山山頂での記念写真。
山頂標識に「武甲山頂」と書かれている。
この時点でも山頂は健在です。
この時のtada1804さんは高校1年生とのこと。
※tada1804さん提供
7
1974年3月23日
(昭和49年)
武甲山
どの辺りから撮ったものか?
※tada1804さん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1974年3月23日
(昭和49年)
武甲山
どの辺りから撮ったものか?
※tada1804さん提供
5
1974年3月23日
(昭和49年)
一の鳥居と思われる。
※tada1804さん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1974年3月23日
(昭和49年)
一の鳥居と思われる。
※tada1804さん提供
4
1975年2月16日
(昭和50年)
写真のコメントに「武甲山山頂」とitakaさんの記述有り。
この時点でも山頂は健在。
1974年のtada1804さんの写真と同風景。
※itakaさん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1975年2月16日
(昭和50年)
写真のコメントに「武甲山山頂」とitakaさんの記述有り。
この時点でも山頂は健在。
1974年のtada1804さんの写真と同風景。
※itakaさん提供
4
1979年5月3日
(昭和54年)
この頃は、北斜面は既に削られているが、山頂は未だ健在。
※「ありがとう武甲の会」より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1979年5月3日
(昭和54年)
この頃は、北斜面は既に削られているが、山頂は未だ健在。
※「ありがとう武甲の会」より
7
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂風景、この写真は何か衝撃的ですね。
背広姿の方もいます。
この3日後に山頂付近は入山禁止になったとのこと。
※埼玉新聞より
※mriさんが検索
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂風景、この写真は何か衝撃的ですね。
背広姿の方もいます。
この3日後に山頂付近は入山禁止になったとのこと。
※埼玉新聞より
※mriさんが検索
9
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂より西方向の光景。
中央に見える通路は西尾根と思われる。
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂より西方向の光景。
中央に見える通路は西尾根と思われる。
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
2
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂より東方向の光景。
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂より東方向の光景。
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
3
1979年5月3日
(昭和54年)
※1973年9月(昭和48年)から西尾根コースは通れなかった様です。
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1979年5月3日
(昭和54年)
※1973年9月(昭和48年)から西尾根コースは通れなかった様です。
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
2
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂の御嶽神社
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1979年5月3日
(昭和54年)
山頂の御嶽神社
※bukozanさん提供
(2021.3.21追加)
1
1980年12月27日
(昭和55年)
北斜面は既に削られている。
山頂も9月から削られる計画だったので、既に形は変わっているかも・・・。
右に両神山が見える。
※mriさん提供
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1980年12月27日
(昭和55年)
北斜面は既に削られている。
山頂も9月から削られる計画だったので、既に形は変わっているかも・・・。
右に両神山が見える。
※mriさん提供
1
1981年3月1日
(昭和56年)
”山頂喪失”
何か悲しいです・・・。
※埼玉新聞より
※mriさんが検索
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1981年3月1日
(昭和56年)
”山頂喪失”
何か悲しいです・・・。
※埼玉新聞より
※mriさんが検索
8
1986年
(昭和61年)
※富田義雄氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1986年
(昭和61年)
※富田義雄氏撮影
5
1988年
(昭和63年)
※富田義雄氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1988年
(昭和63年)
※富田義雄氏撮影
5
1990年
(昭和65年)
※富田義雄氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1990年
(昭和65年)
※富田義雄氏撮影
5
1993年
(平成5年)
※富田義雄氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1993年
(平成5年)
※富田義雄氏撮影
4
2002年
(平成14年)
※富田義雄氏撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2002年
(平成14年)
※富田義雄氏撮影
6
当初の標高は1336mだったが、山頂部分も削られて、現在の1304mになったとのこと。
※独立系メディア「今日のコラム」より抜粋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初の標高は1336mだったが、山頂部分も削られて、現在の1304mになったとのこと。
※独立系メディア「今日のコラム」より抜粋
4
2010年9月29日
(平成22年)
私が撮りました。
※日向山山行時に下山地点から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2010年9月29日
(平成22年)
私が撮りました。
※日向山山行時に下山地点から
7
2010年11月4日
(平成22年)
私が撮りました。
※二子山(雄山)山行時に山頂から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2010年11月4日
(平成22年)
私が撮りました。
※二子山(雄山)山行時に山頂から
6
2017年11月7日
(平成29年)
一の鳥居
鳥居は1963年当時のものとは違ってますね。
※私が撮影。
2017年11月07日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2017年11月7日
(平成29年)
一の鳥居
鳥居は1963年当時のものとは違ってますね。
※私が撮影。
3
2017年11月7日
(平成29年)
山頂の御嶽神社
この裏側に山頂が有る。
※私が登頂した時に撮影。
2017年11月07日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2017年11月7日
(平成29年)
山頂の御嶽神社
この裏側に山頂が有る。
※私が登頂した時に撮影。
3
2017年11月7日
(平成29年)
武甲山山頂の光景。
標高:1304m
※私が登頂した時に撮影。
2017年11月07日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2017年11月7日
(平成29年)
武甲山山頂の光景。
標高:1304m
※私が登頂した時に撮影。
4
2017年11月7日
(平成29年)
反対側から撮った武甲山山頂の光景。
※私が登頂した時に撮影。
2017年11月07日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2017年11月7日
(平成29年)
反対側から撮った武甲山山頂の光景。
※私が登頂した時に撮影。
4

感想/記録

■本記録作成に当たって
・この記録は、1959年(昭和34年)、高校3年生の時のものです。
・自身が保管していた山行記録(ノート)を基に作成したものです。
 但し、写真は一枚も残っていません。

■参加メンバー
・この山行は、高校山岳部創立10周年記念登山で、OBにも参加していただいたものです。
・参加者は、先生、OB、現役ですが、最終合計人数は不明。

■コース
・A、B、Cの3コースに分かれて、武甲山山頂で落ち合うという計画
  Aコース:名郷〜大持〜子持〜武甲山・・・現役
  Bコース:川苔山〜有間山〜鳥首峠〜大持〜子持〜武甲山・・・現役
  Cコース:西参道〜武甲山・・・OB
・下山コース:西参道・・・石灰石の採掘により現在は有りません。

■感想
・私は、電車に乗り遅れて、単独で表参道を急いで登り、山頂に到着した時には、驚いたことに、誰も居ませんでした。

・Bコース隊は、待てど暮らせど、山頂に現れることは無かった。下山時間の14:00になっても現れない為、途中で撤退したものと判断して、A・C隊だけで下山した。(今の様に携帯電話が有ればね〜)

・この山行は、私の高校時代の最後のものであり、然も、部創立10周年記念登山にしては、何か締まらないものになってしまった。
                       作成日:2017.07.23

<一部改訂>(2021.03.02)
 昭和36年発行の実業之日本社:ブルー・ガイドブックス「奥武蔵と比企丘陵」を、最近入手しましたので、それを参考に、バス停名やコース名、ルートを一部訂正しました。 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■写真追加について(2019.10.08)
 私が初めて武甲山に登ったのは、高校2年生の1959年11月である。
しかし、写真が一枚も残っておらず、記憶も全く無いのである。
 そこで、当時の状況がどうしても知りたくなり、何人かのヤマレコ会員さんのご協力の元、何とか当時の写真が多く見つかりましたので、その写真を本記録に追加したものです。

<ご協力いただいたヤマレコ会員さん>
・古い貴重な写真を検索協力していただいた方
  mriさん
  Alkalineさん

・古い写真を提供していただいた方とその記録
 fuya0123さん・・・1963年4月7日の記録
  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-196609.html

 tada1804さん・・・1974年3月23日の記録
  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1530621.html

 itakaさん・・・1975年2月16日の記録
  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-150530.html

 mriさん・・・1980年12月27日の記録
  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1975689.html

 上記5名の方々には感謝申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■写真追加について(2021.03.21)

・今回、古い写真を提供していただいた方とその記録
 bukozanさん・・・1979年5月3日の記録
  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2309762.html
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:4963人

コメント

郷愁の武甲山
rakuinkyo-jiji 様 はじめまして。

とても懐かしく拝見いたしました。

私は、昭和34年に西部秩父駅前の家に生まれました。

もちろん、西部秩父駅は無く、秩父農工高等学校が有りました。

庭から、武甲山が良く見え、望遠鏡で登山者を見ていました。

8歳から夏休みは、父に連れられ、雁坂峠、熊倉山、雲取山、十文字峠

など奥秩父は良く登りましたが、武甲山は、高校2年生の時が最初で

した。武甲山のふもとでは、良く遊びましたが。

武甲山の山頂には、山姥の歯が祭られていました。

(現在は、札所6番に祭られているとか。)

18歳で秩父を離れ、もう42年が過ぎました。

懐かしい写真をありがとうございました。
2019/10/8 20:03
sanpieceさん、こんにちは〜ッ!
コメント、ありがとうございます。

「昭和34年に西部秩父駅前の家に生まれました。」って、地元の方ではありませんか〜ッ!

しかも、sanpieceさんが生まれた昭和34年の11月に、私は初めて武甲山の山頂に立ちました。奇遇ですね〜ッ

sanpieceさんが武甲山に初登頂したのが高校2年生の時、ということは、昭和51年(1976年)ですよね。
即ち、元の山頂が健在の時ですよね〜。

覚えておられますか?
写真は残っていませんか?

期待しています。
2019/10/9 18:54
Re: sanpieceさん、こんにちは〜ッ!
いやぁ〜、ご期待に沿えなくて、ごめんなさい。m(_ _;)m ゴメン!!

高校の行事で3年に1度の、武甲山登山が有りました。(学年ごとに日をずらし)

クラスごとの集合写真も撮ったと思うのですが、実家を発掘すれば、、、、

山頂は、崩される前でしたから、今よりも広く、小さなお堂の中に山姥の歯、

所どころに大きな石が有ったと記憶しています。

私は雁坂峠の、お花畑の写真がないか、実家の発掘を考えています。

あまり期待しないでお待ちください。(。ᵕᴗᵕ。)"
2019/10/9 21:29
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ