ヤマレコ

記録ID: 1206593 全員に公開 トレイルラン甲信越

鳳凰三山縦走 夜叉神峠―オベリスク

日程 2017年07月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間6分
合計
7時間16分
S夜叉神峠登山口04:5405:20夜叉神峠05:56杖立峠06:16火事場跡06:1706:36苺平06:3706:49南御室小屋06:5307:24砂払岳07:2907:29薬師岳小屋07:3107:37薬師岳07:3807:50鳳凰山07:5808:07鳳凰小屋分岐08:0908:31アカヌケ沢の頭08:3408:37地蔵ヶ岳09:0109:10アカヌケ沢の頭09:1309:31鳳凰小屋分岐09:3309:47鳳凰山09:4910:01薬師岳10:05薬師岳小屋10:0710:10砂払岳10:32南御室小屋10:3810:55苺平11:11火事場跡11:28杖立峠11:54夜叉神峠小屋12:10夜叉神峠登山口12:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

夜叉神峠から見る白根三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠から見る白根三山
シロバナノヘビイチゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ
タカネビランジ。花壇みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ。花壇みたい。
キバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
施工中の薬師岳小屋。だいぶ仕上がっているけれど、営業はまだ先とのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
施工中の薬師岳小屋。だいぶ仕上がっているけれど、営業はまだ先とのこと。
1
ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
甲斐駒には雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒には雲
くちばしの裏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くちばしの裏
くちばしの根元。今日のところはこの辺で許してやろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くちばしの根元。今日のところはこの辺で許してやろう。
クモマニガナとシロウマオウギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クモマニガナとシロウマオウギ
ツマトリソウとゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウとゴゼンタチバナ
マイヅルソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウ
タカネグンナイフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
クモマニガナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クモマニガナ
ナマエワカラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナマエワカラン
南御室小屋の水。最高。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋の水。最高。
苺平あたりにたくさん落ちている平面的な石。チャートかな。
2017年07月22日 11:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苺平あたりにたくさん落ちている平面的な石。チャートかな。
白根三山は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根三山は雲の中
撮影機材:

感想/記録

夜叉神峠駐車場を5時前に出発。登山口がすぐそこなので、車を降りたら数歩で登山が始まる。玄関あけたら2分でごはん、みたい。

7月8日の甲斐駒黒戸尾根はうだるような暑さで序盤は滝の汗だった。今回はわりと涼しくて、滴るほどの汗にはならない。気持ちよくシラビソの森を進む。

北岳から農鳥岳の白根三山縦走にするか直前まで迷っていたのだけど、午後の天気に不安があったので鳳凰三山にした。白根三山がよく見えるルートなので、今回は見て楽しむことにする。

標高が2500メートルくらいになってくると酸欠気味で、軽い頭痛。森の中だと気づきにくいけれど、やっぱり高山なんだなと思う。無理をしないようにペースを落とす。

森を抜けて白い稜線に出る。その瞬間を味わうのが山登りの楽しみのひとつ。すぐにタカネビランジのお出迎えがあった。

薬師岳小屋は完成が近い。営業はもう少し先になるとのこと。

オベリスクへと向かう稜線は、気持ちよく進んでいるとうっかり赤ペンキを見逃して、ルートから外れがち。正しいルートはしっかりと踏まれているので、踏み跡が薄かったり、先のルートが曖昧になるようなときは、たいがいは戻るのが正解だろう。

オベリスクに着くとトレランのグループが取り付いていたので、ちゃっかりとついていく。くちばしの根元までだと、黒戸尾根の終盤くらいの難易度だろうか。くちばしは鎖が垂れている。登れたとしても降りるのが怖そうなので、ここをゴールとした。ロッククライミングをやっている人はすいすいと登ってしまうのかな。

帰り道はガスってきてほどよく涼しい。白根三山は雲の中で、向こうの稜線はさぞ寒かろう。

南御室小屋のキンキンに冷えた水をいただいて、身も心もすっきり。あとは帰るだけ。このルートは石ころが多くて下りではスピードが出せない。上手な人はどんな路面でもスルスルと下っていくからすごい。

下山まで天気が崩れることもなく、昼に駐車場に到着。午後は天気が崩れやすいので、昼過ぎくらいには下山するのがよいと思う。車に乗ると雨が少しぱらついた。

鳳凰三山縦走はオベリスク以外では危険を感じる場所はなく、鎖場や梯子もないので、体力さえあれば気楽なルート。
訪問者数:318人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ