ヤマレコ

記録ID: 1207901 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

日本百名山「斜里岳」※新道ピストンは辞めましょう -7月度- お初の山3rd

日程 2017年07月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清岳荘
https://www.town.kiyosato.hokkaido.jp/kankou/shukuhakushisetsu/shukuhakushisetsu_007.html
清里町江南872番地

羽田→女満別空港→レンタカーにて移動(約60km/1H)→斜里町に前泊

道路状況:未舗装の林道

駐車場:清岳荘に有料(100円/日)駐車場あり

トイレ:清岳荘にあり(有料/500円)

コンビニ:斜里駅周辺にあり

ガソリンスタンド:斜里駅周辺にあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
19分
合計
6時間25分
S清岳荘 登山口05:0705:18旧清岳荘 登山口05:48下二股06:48熊見峠06:4907:33上二股08:27斜里岳08:3709:23上二股09:56熊見峠10:38下二股10:4311:15旧清岳荘 登山口11:28清岳荘 登山口11:3111:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=6時間29分(ヤマプラ標準時間=7時間30分/10.0km)
歩行距離=11.16km※参考
標高差=861m
平均速度=1.72km/H※参考
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 途中、衛星Lostした箇所を修正していますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.登山道は、下二俣の分岐から旧道と新道に分かれます
2.旧道は川沿い、新道は樹林帯となります
 但し、登山道はした二俣の分岐まで何度も渡渉個所があります
3.旧道は登り通行可(下山は危険と思われる)、新道は両方通行可
4.新道も粘土質の急坂で滑り易い
5.熊見峠〜上二俣間を早朝通過すいる場合、
 朝露でびしょ濡れになるので雨具を履くとよい
6.斜里岳直下はガレで滑り易い
7.新道は木々が目の前に垂れ下がっているので、何度もぶつかる可能性あり
8.水分補給量≒1.0L
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ フリーライドパンツ 靴下 夏帽 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット+パンツ) ストック ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+パン×2 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) スマホ ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ノマドジャケット(予備) ニット帽(予備) 冬用手袋(予備) 熊鈴×2(常備)

写真

大雨後は渡るのが大変だと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雨後は渡るのが大変だと思います
2
ここから旧道と新道に分かれます。今回新道を選択しましたが、濡れるのを避けた、が、笹などの朝露でびしょ濡れになってしまいました……。(T^T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから旧道と新道に分かれます。今回新道を選択しましたが、濡れるのを避けた、が、笹などの朝露でびしょ濡れになってしまいました……。(T^T)
2
熊見峠、ここからの展望はかなり良いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊見峠、ここからの展望はかなり良いです
2
よ〜し、山頂まで、あと少し……、と頑張りましたが、本当の山頂はまだ先でした。(T^T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よ〜し、山頂まで、あと少し……、と頑張りましたが、本当の山頂はまだ先でした。(T^T)
3
三角点、石柱じゃないんですね。(-。-)ボソッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点、石柱じゃないんですね。(-。-)ボソッ
1
雲が掛かっていて、知床連山は見られず。o_ _)oバタッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が掛かっていて、知床連山は見られず。o_ _)oバタッ
1
チングルマは輝いておりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは輝いておりました
4
下二俣〜登山口の様子、ほとんど川ですな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下二俣〜登山口の様子、ほとんど川ですな
1
清岳荘で、斜里岳登山証明書(50円)を購入しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清岳荘で、斜里岳登山証明書(50円)を購入しました
5

感想/記録
by drunk

2017年7月25日(火)
2017年6月23日の「羊蹄山」同様に、
2017年2月19日に飛行機と宿の予約をしてから5ヶ月。

直近の台風出没やらなんやらに不安を抱えながらも、漸くこの日を迎えた。
車以外の遠征はあまり天気には恵まれていないが、
やはり遠征は遠征、滅多に訪れる機会の無い土地と山に胸は踊る。

なお別件ではあるか、遠征地に宿泊しても、
土地のものを食べたりする事は滅多にない。
それは、宿泊先で寝るのが早く夜を堪能できないと言う事と、
昼間は昼間で、山の中での行動食のみとなり、
下山後は次の登山口への移動に迫られる、と言う図式だからです。
なので今回も、「うに」とか「いくら」とか、「蟹」と言う部類とは
疎遠な遠征事情となりました。(-。-)ボソッ

さて、今回は平日のど真ん中に4連休を取らせて頂きました。
昨年から多忙な日々が続いていた為、特におとがめなしで
ある意味、堂々と4日も有給休暇を取得したのである。
なので、混雑する事の無い移動と、目的である登山を完遂できました。
ちなみに、女満別→斜里町までの移動は、60km/1H程度となった。
いや〜、やっぱ平日だよ!!(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

-中略-

7.24は斜里町でBHに素泊まりした。(大浴場あり)
食事については、宿泊先の目の前にコンビニや食事どころがあり、
前日夜と翌日朝を含めて問題ない。
ま、夕食の時間が16時過ぎと早く、どこも閉店状態だったので、
結局、コンビニ弁当になりましたが……。(-。-)ボソッ

なお平日ゆえの静かなホテルは、熟睡するには十分過ぎる環境であった。

7.25 深夜2時に起床。
食事他の身支度を整えつつ、4時頃にホテルを出発した。
最後の清岳荘への一本道は、ダートのワインディングロードになり、
40km位のスピードだと、カーブで若干ケツが滑る感じでした。
なので、ナビの表示距離以上に時間が掛かりました。
※今回のレンタカー車種では無理は禁物です

5時頃現地着。
平日とは言え、駐車場には何台もの車が駐車している。
そして何人もの人が入山していく……。(゜ロ゜;) ハウッ!!。。

-中略 part2-

今回の登山道は川の渡渉が多い。
旧道(川沿い)を選択しなくても、新道との分岐点までに、何度も渡渉する。
ストック無しだと足元が安定せず、渡るのに苦労したので、
斜里岳は、ストックがあると良いかもしれません。
但し、新道(渡渉なし)を選択しても、朝露にも気を配る必要があります。
※今回は下半身がびしょ濡れになりました。(#^^#)ポッ!
 ち、違うか

まあ、そんな訳で、新道でもズボン、靴が濡れまくってしまったのです。
(雨具を着用すれば良かった、と思いました)
なので、自分に対して結構イラつきました。
また新道は、旧道に比べて距離が長いので山頂まで時間が掛かります。
イラついた気持ちの中で、何度も「新道」選択を後悔していました。

また新道は、足元にだけ目を向けていると、
垂れ下がり登山道に張り出している、
主幹と思われる位太さい枝に顔が激突します。
頚椎に持病がある自分には相当効きました……。(T^T)

さて今回の斜里岳、
快晴の中の登山でしたが、山頂からの眺望は微妙でした。
知床連山は雲の中に隠れてしまったからです。
快晴の中だったので、山頂からの眺望が残念でした。

それでも下山後の斜里岳山頂は完全にガスの中、と言う雰囲気だったので、
天候には恵まれていたのだと思います。
とりあえず、下山後の清岳荘で「斜里岳登山証明書」なるものを
購入した次第です。

2017年7月26日(水)
日本百名山「羅臼岳」※快晴の中のでっかいどーー! -7月度- お初の山4th
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1207956.html
訪問者数:480人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ