ヤマレコ

記録ID: 1210203 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

朝日連峰縦走(大井沢〜寒江山〜大朝日岳〜朝日鉱泉)

日程 2017年07月28日(金) 〜 2017年07月29日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台で行き、下山口の朝日鉱泉に1台デポして南股沢より登山
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
18時間40分
休憩
40分
合計
19時間20分
S南股沢出合07:2011:00栗畑11:20天狗角力取山13:30二ッ石山13:5017:00狐穴小屋06:2006:30三方境08:10竜門山避難小屋08:20竜門山10:30金玉水10:40大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)11:00大朝日岳11:2016:00朝日鉱泉
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南股沢出合登山口には登山届を入れる場所は見つかりませんでした
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 以上
共同装備 なし
備考 荷物が多くて疲れた

写真

正面が天狗角力取山と天狗小屋。奥には寒江山へ伸びる稜線が続く。まだまだ先は長い。
2017年07月28日 10:58撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面が天狗角力取山と天狗小屋。奥には寒江山へ伸びる稜線が続く。まだまだ先は長い。
山名の由来?
2017年07月28日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名の由来?
標高2000mに満たないとは思えないほど雄大な景色
2017年07月28日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000mに満たないとは思えないほど雄大な景色
2
ゴール地点の狐穴小屋が見えたー!
2017年07月28日 14:50撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール地点の狐穴小屋が見えたー!
1
沢沿いの雪渓はまだだいぶ残っている
2017年07月28日 15:51撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの雪渓はまだだいぶ残っている
1
小屋が近づいてくる
2017年07月28日 15:51撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が近づいてくる
三方境付近の岩の上で今日の道程を振り返る
2017年07月28日 16:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方境付近の岩の上で今日の道程を振り返る
3
右の川沿いが登山口かな?長かった。。
2017年07月28日 16:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の川沿いが登山口かな?長かった。。
立派な小屋。主人も気さくで良い方。小屋に泊まるのは我々2人と初老の男性1人。この方は伊東岳から朝日鉱泉まで完全縦走するとのこと。元気すぎる
2017年07月28日 16:50撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な小屋。主人も気さくで良い方。小屋に泊まるのは我々2人と初老の男性1人。この方は伊東岳から朝日鉱泉まで完全縦走するとのこと。元気すぎる
1
持ってきたビールを冷やさせてもらいます
2017年07月28日 17:24撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持ってきたビールを冷やさせてもらいます
今回はお米とか持ってきてるから荷物が増えてしまった。
2017年07月28日 17:28撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はお米とか持ってきてるから荷物が増えてしまった。
お米を炊きながら先ず乾杯
2017年07月28日 18:11撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お米を炊きながら先ず乾杯
今夜は麻婆豆腐です。コッフェルで米炊くの数年ぶりだけど上手く炊けた。
2017年07月28日 18:28撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今夜は麻婆豆腐です。コッフェルで米炊くの数年ぶりだけど上手く炊けた。
2
今日はガスが多め
2017年07月29日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はガスが多め
竜門小屋の奥が竜門山。
2017年07月29日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門小屋の奥が竜門山。
2
しかし人がいない。寒江山から大朝日岳小屋までですれ違ったのは4〜5人の竜門小屋泊と思われる団体、男女ペア、トレランソロの3組のみ。
2017年07月29日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし人がいない。寒江山から大朝日岳小屋までですれ違ったのは4〜5人の竜門小屋泊と思われる団体、男女ペア、トレランソロの3組のみ。
1
金玉水はこの雪渓を数分下りるらしい。水が欲しかったけどちょっと苦労しそうだから断念
2017年07月29日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金玉水はこの雪渓を数分下りるらしい。水が欲しかったけどちょっと苦労しそうだから断念
ようやく大朝日小屋が見えてきた
2017年07月29日 10:33撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく大朝日小屋が見えてきた
1
さすがにここまでくると人がちらほら。小朝日からきた人かな?
2017年07月29日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがにここまでくると人がちらほら。小朝日からきた人かな?
苦労してたどり着いた大朝日岳山頂。ガスで絶景にはありつけず。ここからの下りがひたすら急坂でツラかった。ここは登りたくないなあ
2017年07月29日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦労してたどり着いた大朝日岳山頂。ガスで絶景にはありつけず。ここからの下りがひたすら急坂でツラかった。ここは登りたくないなあ
4
朝日川の二股出合。山頂からここまで4km、ここから朝日鉱泉まであと4km。足を引きずりながらの下山、ツラすぎる
2017年07月29日 14:05撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日川の二股出合。山頂からここまで4km、ここから朝日鉱泉まであと4km。足を引きずりながらの下山、ツラすぎる
2
沢の高巻きと渡渉の繰り返し。もう足が動きません
2017年07月29日 14:35撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の高巻きと渡渉の繰り返し。もう足が動きません
撮影機材:

感想/記録

 いつもお世話になってるヤマレコ。投稿するのは初めてです。
 初日は晴れ時々曇り。登り始めの急登を耐え、粟畑で視界が一気に開けたときの開放感はたまらない。二つ石山まではアップダウン多し、筋肉が悲鳴を挙げる。コベラメキより朝日連峰の主稜線が一望できる。ここから高松峰までは、痩せ尾根の岩陵帯が続く。到着が遅れてしまった狐穴小屋では、少々方言の強いご主人が暖かく迎え入れてくれた。
 2日目は曇りのち雨。今日は台風が2つ上陸するとの予報。4時に目がさめるが轟音でテンション下がり二度寝。5時に起きると雨が止んでてほっとする。寒江山から大朝日岳までの稜線歩きはガスってはいるが昨日ほどのアップダウンはない。下山は中ツル尾根を下るのだが、まず二股の吊橋までがかなりの急勾配。幾度となく足が攣り、休み休みでようやく吊橋へ。ここからも沢歩き特有の歩きにくさが待ち構えていて、さらに雨も降り始め地図にはない渡渉点が2ヶ所ほどあった。最後は朝日鉱泉に停めてある相方の車に乗り、南股沢登山口の車を回収して帰宅。
 昨年10月以来の小屋泊登山。80Lザックに荷物をパンパンに詰め込んだらへばってしまいました。暴飲暴食を止め、ランニングやパッキングを工夫しなければと反省させられる良い機会となりました。
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ