ヤマレコ

記録ID: 1212406 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

皇海山は鋸山とセットで!

日程 2017年07月31日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ一時曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
0分
合計
6時間37分
Sスタート地点 皇海橋09:2716:04ゴール地点 皇海橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行程については、時間を写真のコメントに入れましたので、ご参照ください。また、GPSの不調でスタート地点の位置情報が誤っています。また、バッテリー切れのため、ログが途中で終わってしまいました。ご了承ください。
コース状況/
危険箇所等
皇海橋までの林道走行は、落石に注意
その他周辺情報しゃくなげの湯
http://syakunage.jp/
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

皇海橋に至る栗原川林道の途中には、こうした路肩の崩落箇所が二ヶ所あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海橋に至る栗原川林道の途中には、こうした路肩の崩落箇所が二ヶ所あります。
こうした岩壁からの崩落箇所もあります。うっかり乗り上げると大破かパンクです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうした岩壁からの崩落箇所もあります。うっかり乗り上げると大破かパンクです。
20キロの林道を走ること約一時間半で皇海橋に到着。きれいなトイレ(水洗・ペーパーあり)があります。登山記録簿もあるので、記入してスタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20キロの林道を走ること約一時間半で皇海橋に到着。きれいなトイレ(水洗・ペーパーあり)があります。登山記録簿もあるので、記入してスタートします。
1
こうした注意書きもあります。沼田利根地域の山の案内パンフレットも置かれていて、帰りに寄った「しゃくなげの湯」のパンフもここでゲット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうした注意書きもあります。沼田利根地域の山の案内パンフレットも置かれていて、帰りに寄った「しゃくなげの湯」のパンフもここでゲット。
9:28登山口です。トイレから橋を渡るとこの入山口の標柱があります。この付近にも数台駐車可能です。左手に昔の林道ゲートがあり登山道が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:28登山口です。トイレから橋を渡るとこの入山口の標柱があります。この付近にも数台駐車可能です。左手に昔の林道ゲートがあり登山道が始まります。
ゲート前に案内図があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート前に案内図があります。
林道部分はすぐに終わり、一旦下ると渡渉箇所がありますが、当日は水量が多く丸太を渡した部分が水没していて渡るのが困難なため、少し下流の岩を伝って渡りました。この後も何度か沢を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道部分はすぐに終わり、一旦下ると渡渉箇所がありますが、当日は水量が多く丸太を渡した部分が水没していて渡るのが困難なため、少し下流の岩を伝って渡りました。この後も何度か沢を渡ります。
はじめは、普通の山道です。木に巻きつけた赤テープに注意して進めば迷うことはありません。渡渉箇所では、対岸の赤テープをチェックするように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは、普通の山道です。木に巻きつけた赤テープに注意して進めば迷うことはありません。渡渉箇所では、対岸の赤テープをチェックするように。
2
笹薮も登場します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹薮も登場します。
しばらくすると、こうした沢に沿って登ります。水も多く流れているのでグリップと防水のしっかりした靴は必須です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると、こうした沢に沿って登ります。水も多く流れているのでグリップと防水のしっかりした靴は必須です。
11:12最後の急坂を登りきると不動坂のコルにつきます。鋸山が見えています。ここは、ドコモ携帯の電波が届くとのこと。auも繋がりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:12最後の急坂を登りきると不動坂のコルにつきます。鋸山が見えています。ここは、ドコモ携帯の電波が届くとのこと。auも繋がりました。
1
鋸山は展望がよさそうですが、登るかどうかは皇海山に上って、まだ元気だったら考えるとして、先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山は展望がよさそうですが、登るかどうかは皇海山に上って、まだ元気だったら考えるとして、先に進みます。
1
12:08山頂に着きました。展望はなく意外と狭いので、昼食はコルに下ってからにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:08山頂に着きました。展望はなく意外と狭いので、昼食はコルに下ってからにしました。
4
一応、三角点にタッチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、三角点にタッチ。
2
12:47さきほどの不動坂のコルに戻って来ました。ここで昼食と休憩としました。しばらくすると爆音が聞えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:47さきほどの不動坂のコルに戻って来ました。ここで昼食と休憩としました。しばらくすると爆音が聞えてきました。
朝からヘリコプターが飛んでいましたが、昼食時にもヘリが飛んで来ました。鋸山から皇海山までの登山道沿いや庚申山の方にもホバリングしていました。ヘリの乗員が懸命に地上を捜索している様子でした。
食事して多少は、パワーが戻った感じなので鋸山にチャレンジします。写真は、鋸山山頂付近をホバリングしている様子ですが、見たところけっこう険しい山道のようです。
2017年07月31日 13:00撮影 by EX-ZR1700 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝からヘリコプターが飛んでいましたが、昼食時にもヘリが飛んで来ました。鋸山から皇海山までの登山道沿いや庚申山の方にもホバリングしていました。ヘリの乗員が懸命に地上を捜索している様子でした。
食事して多少は、パワーが戻った感じなので鋸山にチャレンジします。写真は、鋸山山頂付近をホバリングしている様子ですが、見たところけっこう険しい山道のようです。
1
鋸山の山頂付近は、ロープが設置された危険箇所もあります。手足が長いと楽に登れますが、ゆっくり慎重に。ここに来て、またエネルギーが切れてきて、休み休み登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山の山頂付近は、ロープが設置された危険箇所もあります。手足が長いと楽に登れますが、ゆっくり慎重に。ここに来て、またエネルギーが切れてきて、休み休み登ります。
14:12やっと鋸山に着きましたが、残念ながらガスが出てきて期待した皇海山の展望はありませんでした。トンボがたくさん飛んでいる一方、ブヨも隙をついて攻撃してきます。立ち止まっているとチクリとくるので、早々に撤退します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:12やっと鋸山に着きましたが、残念ながらガスが出てきて期待した皇海山の展望はありませんでした。トンボがたくさん飛んでいる一方、ブヨも隙をついて攻撃してきます。立ち止まっているとチクリとくるので、早々に撤退します。
4
こうした、急な下りも慎重に降りれば、まず大丈夫でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうした、急な下りも慎重に降りれば、まず大丈夫でしょう。
1
14:58再度、不動のコルに戻って来ました。いよいよ皇海山とお別れして下山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:58再度、不動のコルに戻って来ました。いよいよ皇海山とお別れして下山開始です。
沢の下りはスリップに注意しながら、さくさく進みます。ストックがあれば楽です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の下りはスリップに注意しながら、さくさく進みます。ストックがあれば楽です。
汗だくとなったので、ここで顔を洗いました。ついでにベトついた腕から手も冷たい沢の流れでさっぱりしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗だくとなったので、ここで顔を洗いました。ついでにベトついた腕から手も冷たい沢の流れでさっぱりしました。
1
林道の終点に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点に到着。
16:31この皇海橋を渡れば駐車場(ゴール)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:31この皇海橋を渡れば駐車場(ゴール)です。
1
また、長い林道を走り、沼田インターに向かう途中の「しゃくなげの湯」で汗を流しました。檜風呂と露天がありお勧めです。食事も充実していて20時がラストオーダーです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、長い林道を走り、沼田インターに向かう途中の「しゃくなげの湯」で汗を流しました。檜風呂と露天がありお勧めです。食事も充実していて20時がラストオーダーです。
4

感想/記録

皆さんの山行記録などを拝見すると、地味な山のイメージですが、沢あり急斜面ありで変化のある登山道は手ごたえ十分です。できれば、鋸山とセットで登ることをお奨めします。鋸山の登り下りは、疲れていると多少の体力消耗もありますが、ちょつぴりスリルも味わえるので、皇海山だけでは手ごたえがないと感じたら是非、登ってください。私の場合は、鋸山についた時点でガスのため、期待した皇海山は望めませんでしたが、晴れていればきっと素晴らしい展望だったと思います。また、登山道の不動のコル手前は沢の水が流れる部分をひたすら登るので、踏ん張りどころです。しっかりした靴とスパッツは必須でしょう。
皆さんもコメントされていますが、皇海橋までの林道は落石が多く、道の真ん中に大きな岩が多数散乱しているので、うっかりすると車体のお腹を擦ったり、パンクのリスクがあります。こまめに止まって、岩を取り除く手間を惜しまないことが愛車を守ります。普通のセダンでも十分走行可能です。イメージ的には中津川林道の三国峠から埼玉県側区間や大垂水峠から川上村に下る林道(名称を忘れました)の長野県側区間のラフロードに比べれば、距離が長いだけで林道ドライブに慣れている方にとって難易度的にはそれほどでもないと思います。あくまでも、個人の感覚としてご参考になれば幸いです。もちろんSUVやオフロードバイクなら楽勝ですが、道中にサルや鹿も出没するのでご注意ください。特に、サルは威嚇してきます。
今回は、土日が天気やスケジュールに恵まれず、自宅待機していて山にいくか迷っていました。皇海山は前から計画してチャンスを伺っていて、月曜も有給を取っていたので思い切って決行しましたが、成功でした。途中で出会った方はお二人で静かで充実したハイクだったと思います。
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ