ヤマレコ

記録ID: 1214581 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山

日程 2017年08月03日(木) 〜 2017年08月04日(金)
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
14分
休憩
0分
合計
14分
S湯ノ台口15:1315:27滝ノ小屋
2日目
山行
8時間50分
休憩
1時間23分
合計
10時間13分
滝ノ小屋04:1105:15河原宿小屋07:06伏拝岳07:19行者岳07:41七高山07:5108:19鳥海山08:4208:58御室09:1210:12七五三掛10:2410:40御田ヶ原分岐10:4111:13蛇石流分岐11:43丁字分岐11:44千畳ヶ原11:4512:14幸次郎沢12:2013:08河原宿小屋13:2014:04滝ノ小屋14:0814:23湯ノ台口14:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

印象的な外観の滝ノ小屋から外輪山を望む。
2017年08月03日 15:43撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
印象的な外観の滝ノ小屋から外輪山を望む。
夕暮れ時、奥羽山脈の上に月が出た。
2017年08月03日 18:14撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れ時、奥羽山脈の上に月が出た。
夜明け前にスタート。雪渓はかなり硬い。
2017年08月04日 04:18撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前にスタート。雪渓はかなり硬い。
少し登ればもう周囲はお花畑。
2017年08月04日 04:59撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ればもう周囲はお花畑。
お花畑を登っていく。
2017年08月04日 05:02撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑を登っていく。
鳥海山の陰が日本海に伸びる。ナンチャッテ影鳥海?
2017年08月04日 05:07撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海山の陰が日本海に伸びる。ナンチャッテ影鳥海?
河原宿小屋前から外輪山。雪渓がかなり残っている。
2017年08月04日 05:17撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原宿小屋前から外輪山。雪渓がかなり残っている。
1
薊坂を登り始めると月山が見えてきた。
2017年08月04日 06:27撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薊坂を登り始めると月山が見えてきた。
薊坂の途中から鳥海湖が見えた。
2017年08月04日 06:54撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薊坂の途中から鳥海湖が見えた。
1
外輪山に登りつくと新山が見える。一昨年は雨と強風で、ここで退散。
2017年08月04日 07:05撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山に登りつくと新山が見える。一昨年は雨と強風で、ここで退散。
1
外輪山を辿り、七高山に向かう。
2017年08月04日 07:19撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山を辿り、七高山に向かう。
チョウカイフスマの群落が、綺麗に石を花壇の柵のように並べた中にあった。大事にしましょう。
2017年08月04日 07:19撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウカイフスマの群落が、綺麗に石を花壇の柵のように並べた中にあった。大事にしましょう。
1
イワギキョウがいたる所にある。
2017年08月04日 07:35撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウがいたる所にある。
新山南側の雪渓がデカイ。
2017年08月04日 07:49撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山南側の雪渓がデカイ。
七高山頂上の山名碑と一等三角点。
2017年08月04日 07:52撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山頂上の山名碑と一等三角点。
1
遠く岩手山、秋田駒ケ岳が見える。
2017年08月04日 08:37撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く岩手山、秋田駒ケ岳が見える。
新山は大きな岩クズの中を登下降する。案外時間がかかる。
2017年08月04日 08:45撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山は大きな岩クズの中を登下降する。案外時間がかかる。
頂上の小屋には「美術館」がある。
2017年08月04日 09:02撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の小屋には「美術館」がある。
滝ノ小屋の管理人さんも鳥海山麓の写真家の一人として作品を展示中。
2017年08月04日 09:01撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝ノ小屋の管理人さんも鳥海山麓の写真家の一人として作品を展示中。
千蛇谷を下降して七五三掛を目指す。
2017年08月04日 09:47撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷を下降して七五三掛を目指す。
2
外輪山に再び登ればそこはやはりお花畑。
2017年08月04日 10:30撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山に再び登ればそこはやはりお花畑。
しばらく快適な縦走になる。
2017年08月04日 10:34撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく快適な縦走になる。
1
チョウカイアザミはこれから花期を迎えるらしい。
2017年08月04日 10:35撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウカイアザミはこれから花期を迎えるらしい。
北海道出身の友人が「まるで大雪山だ」と絶賛していた山並み。
2017年08月04日 10:37撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道出身の友人が「まるで大雪山だ」と絶賛していた山並み。
1
鳥海湖にもまだ残雪が。御浜小屋の周囲にはたくさんの登山者が見える。
2017年08月04日 11:02撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海湖にもまだ残雪が。御浜小屋の周囲にはたくさんの登山者が見える。
1
千畳ヶ原に入る。素晴らしい湿原の中に木道が続く。
2017年08月04日 11:42撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳ヶ原に入る。素晴らしい湿原の中に木道が続く。
草紅葉の頃に再訪したい。
2017年08月04日 11:49撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉の頃に再訪したい。
幸次郎沢を登る。普段は枯れている沢だが今日は水がある。
2017年08月04日 12:17撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸次郎沢を登る。普段は枯れている沢だが今日は水がある。
高次郎沢の途中から振り返る。雪が落ちて間もない斜面はまだ春が浅い。
2017年08月04日 12:25撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高次郎沢の途中から振り返る。雪が落ちて間もない斜面はまだ春が浅い。
1
河原宿小屋に近づいてきた。長いルートも終わりに近づく。
2017年08月04日 12:58撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原宿小屋に近づいてきた。長いルートも終わりに近づく。
あとは滝ノ小屋を目指して下るだけ。
2017年08月04日 13:29撮影 by X10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは滝ノ小屋を目指して下るだけ。

感想/記録

鳥海山のエッセンスを味わえると、滝ノ小屋の管理人さんオススメのルートを歩いた。高山植物は多雪のためか少々遅れ気味?それでも随所でお花畑を鑑賞できた。
なお早朝は雪渓が凍結しており、キックステップが効きにくい。特に靴底の柔らかいハイキングシューズでは軽アイゼンがあったほうがいいかもしれない。
同行者は、過去3年続けてこの時期に来山したが天候が悪く、登れずにスゴスゴと引き返した経歴の持ち主。ようやく登頂できたが、このコースは長くタフなコースで、達成感はひとしおであった。
訪問者数:285人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ