また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1217267 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山展望〜石尊山

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
・信濃追分駅が最寄り。1000m林道登山口にはギリギリ6台程度の駐車スペースあり(我々の利用した追分宿駐車場より15分短縮できます)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間53分
休憩
31分
合計
5時間24分
Sスタート地点07:5708:111000m林道 石尊山登山口09:49ケルン10:37石尊平10:3910:48石尊山11:1711:26石尊平11:45ケルン12:561000m林道 石尊山登山口13:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・おはぐろ池手前で道が源泉方面と二手に分かれます。どちらも石尊山へ行けることになっていますが、源泉経由の道は源泉の所に通せんぼがあり、踏み跡は十分辿れるものの、一部浅間火山の警戒区域にかかるようでした。
・石尊平は下草がなくて踏み跡の分かりにくい部分があります。山頂の手前50mほどは背丈ほどあるススキの藪漕ぎを強いられました。
その他周辺情報トイレは追分宿駐車場が最後。林道登山口にトイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

始めのうちは緩い散歩道がほぼ真っ直ぐ続く
2017年08月05日 08:41撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めのうちは緩い散歩道がほぼ真っ直ぐ続く
血の滝・・・と思って道を外れたら“血の堰堤”だった
2017年08月05日 09:23撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血の滝・・・と思って道を外れたら“血の堰堤”だった
血の滝のわきの洞と仏像
2017年08月05日 09:32撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血の滝のわきの洞と仏像
血の滝。濁った泥水みたいだが近目では透明
2017年08月05日 09:32撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血の滝。濁った泥水みたいだが近目では透明
回り込んで滝のすぐ上を渡る
2017年08月05日 09:36撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込んで滝のすぐ上を渡る
アカバナシモツケソウかな
2017年08月05日 09:54撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカバナシモツケソウかな
酸性の水がこんこんと湧き出す源泉
2017年08月05日 09:57撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸性の水がこんこんと湧き出す源泉
右奥方向が浅間山へ向かう廃道らしい
2017年08月05日 10:36撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥方向が浅間山へ向かう廃道らしい
何の花でしょう??
2017年08月05日 10:37撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花でしょう??
下草が薄れてどっちが踏み跡か不明瞭に
2017年08月05日 10:39撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下草が薄れてどっちが踏み跡か不明瞭に
左の枝にピンクテープ発見
2017年08月05日 10:39撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の枝にピンクテープ発見
ほどなくおはぐろ池経由の道と合流。左の看板には、
2017年08月05日 10:40撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなくおはぐろ池経由の道と合流。左の看板には、
こう書いてあった。知らなかった・・・
2017年08月05日 10:40撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう書いてあった。知らなかった・・・
最後のひと登り。背後の浅間は雲の中
2017年08月05日 10:45撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のひと登り。背後の浅間は雲の中
東寄りをアップで
2017年08月05日 10:49撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東寄りをアップで
50mほど藪をこいで山頂。離山と中軽井沢市街
2017年08月05日 10:50撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50mほど藪をこいで山頂。離山と中軽井沢市街
信濃追分方面。白く光るはサンファームの温室群か
2017年08月05日 10:50撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信濃追分方面。白く光るはサンファームの温室群か
振り向けば浅間は雲の中
2017年08月05日 10:50撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば浅間は雲の中
足元にハクサンフウロ
2017年08月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にハクサンフウロ
山頂の群生は何の花?
2017年08月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の群生は何の花?
水色のトラノオみたいなのも
2017年08月05日 11:22撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水色のトラノオみたいなのも
ミネウスユキソウか
2017年08月05日 11:22撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウか
ハクサンシャジンの仲間
2017年08月05日 11:23撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジンの仲間
おはぐろ池。すぐ先が源泉ルート分岐
2017年08月05日 11:41撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはぐろ池。すぐ先が源泉ルート分岐
夏空が雲に飲まれるところ
2017年08月05日 11:43撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏空が雲に飲まれるところ
源泉ルート分岐には通行止めの表示なし。右が下山路
2017年08月05日 11:43撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源泉ルート分岐には通行止めの表示なし。右が下山路
ウツボグサ
2017年08月05日 11:44撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツボグサ
真っ直ぐな道まで下りてきた
2017年08月05日 12:41撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ直ぐな道まで下りてきた
1000m林道登山口
2017年08月05日 12:56撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000m林道登山口
旧中山道に到着
2017年08月05日 13:05撮影 by Canon PowerShot S95, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧中山道に到着
撮影機材:

感想/記録

 月末の北ア山行を前に、打ち合わせと足慣らしを兼ねてDr.と石尊山を訪れた。軽井沢の定宿から車で追分宿駐車場へ。曇りのち雨の予報は若干外れて日が差しており、まだ8時前だというのに暑いくらいだ。ただし、浅間は雲が涌き始めていて、間もなく姿を隠す構えだった。
 西へ旧中山道を少し歩いて右折。都立八潮高校の寮を過ぎると1000m林道に行き当たり、登山口に着く。数台分の駐車スペースは満杯だろうと思ったのだが、まだ1台も止まっていなかった。
 しばらくは登山道というより林間の散歩道と言いたいトレイルが続いた。区間によってはほぼ真っ直ぐの緩勾配路。こういうのも珍しいと思う。飽きかけるころに林道と1回、2回と交差する。林道を過ぎるたびに若干勾配が増す気がする。その次はいったん林道と合流し、すぐ左に分かれて右手に林道を見ながら登る区間となった。
 左から沢の音が大きくなり、分岐する道もある。Dr.が「血の滝だ」というのでそちらに行ったら、確かに錆色の沢に行き合ったが、あるのは滝ではなくて堰堤だった。元に戻って少し登った先に、きちんと「血の滝」という標柱が立っている。左へ辿ると落差10mほどの滝の下に出た。血の色というより濃い黄土色の濁り水のようだ。ただ、足元の流れを見ると、色はついているものの透明で濁ってはいない。
 少し戻って短絡路から登山道と合流し、滝の上へ回って短い木橋で右岸に渡った。もう一度だけ林道を横切り、だいぶ勾配の増してきた坂道を行くと、防災無線らしき鉄柱のわきを通って源泉分岐に到着した。左に血の池があったはずだが分からない。
 錆色の流れに小さな木橋が架かる地点の指導標には、左右どちらに行っても石尊山とある。以前来たことのあるDr.の薦めで源泉を見てから登ることに決し、右の道を取った。源泉といっても温泉ではなく、錆色の元になる酸性の湧水のことだ。祠のような屋根の下からかなりの量の水がこんこんと湧き出していた。
 一休みして裏手から本格的な登り道に取りついた。木が一本倒れて登山道をふさいでいる――と思ったら、わざと通せんぼしているらしい。しかし、どこにも事情が記されていなかったし、Dr.の記憶でも若干紛らわしい分岐がある以外問題ない道だとのことなので、とりあえず進んでみることにした。
 道は山頂を左手に見ながら、等高線伝いに回り込むように少しずつ登りながら続いている。やや細いトレースだが、そこそこ踏まれており、要所にピンクテープもある。涸れた浅い沢の源流部を横切る際、そのまま沢伝いに登りそうになるのを気を付けるくらいか。Dr.の言う紛らわしい分岐も見当たらないまま、かつて浅間山に通じていた廃道との合流点に達した。
 ここは、山頂北西の平らな尾根に当たる石尊平の一角で、細い松の根元の下草が薄れて踏み跡が判別しづらい。ピンクテープを頼りに慎重に進むと、ほどなく看板の背中が見えておはぐろ池経由の道と合流した。何の看板だろうと振り返ると「警戒区域 立入禁止」とあった。途中、どこかで注意表示を見落としたのだろうか? 二人で首を捻りつつ反省しながらその場を離れた。
 なおしばらく分かりにくいトレースを探りつつ進んでから、最後の急登にかかる。間もなく頂上という所に来て、ススキなどの猛烈な藪に突入した。半袖の腕を切られないよう気を付けながら50mほど藪漕ぎして、ようやく山頂広場に到着した。
 振り返る浅間は山頂から雲が下りつつあるところで、山体は大部分隠れている。一方、南の山麓はまだ見通しが良く、軽井沢の離山などが遠望できた。炎天ながら風は多少涼しい。お握りの弁当をそそくさと済ませ、浅間の雲が降りてこないうちにと、再び藪をこいで下山の途に就いた。
 帰りは「合法ルート」のおはぐろ池経由で下る。こちらの方が距離も近い。登りでは“血の堰堤”付近で下山する男性1人を見かけただけだったが、ここへきてすれ違うハイカーが増えてきた。おはぐろ池手前で男女1組、そのすぐ下の源泉分岐でもう一組。林道合流区間でも、足元をゴム長で固めた夫婦らしい2人とすれ違った。その先の林道交差を過ぎてからも、「二人合わせて150歳」という元気な老夫婦と行き会った。
 標高差600m余の手軽なハイキングコースだけに、のんびり出かけるハイカーが多いのかもしれない。まあ、初めの緩い坂道に騙されて歩き始めると、結構な長さのコースと最後の坂道に顎を出すかもしれないから、侮るのは禁物だと思うが・・・。
 さて、その直線状のダラダラ坂が行けども行けども終わらない。木漏れ日の散策も、あんまり長いと飽きてくる。やっと1000m林道に戻ると、駐車スペースは車6台ほどでいっぱいになっていた。われわれはあと十数分の車道歩きが残っている。この暑さだから、やっぱりこちらに車を止めておけばよかった。
訪問者数:179人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ