ヤマレコ

記録ID: 1217280 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳・蝶ヶ岳【三股から・・予想よりつらい】

日程 2017年08月04日(金) 〜 2017年08月05日(土)
メンバー
天候4日 曇り 5日 晴れー曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三股駐車場 安曇野ICから約40分
上部の駐車場は70台でトイレもあります。ここが満車の場合は、600m
下に未舗装の駐車場があります。(帰りの疲れた足にはつらいでしょう)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間39分
休憩
56分
合計
9時間35分
S三股駐車場06:5007:04三股登山口07:0810:08尾根10:232207P10:4612:00花崗岩12:1913:35前常念岳15:058合目分岐15:1516:25常念小屋
2日目
山行
10時間37分
休憩
1時間39分
合計
12時間16分
常念小屋05:0506:35常念岳07:0809:322592P10:54蝶槍11:0411:41蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)12:29蝶ヶ岳ヒュッテ12:5813:04蝶ヶ岳13:1615:45まめうち平16:0016:42ゴジラの木17:21三股登山口17:21駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届は、三股の登山口でボランティアの指導員の方が受付して、コースのアドバイスをしてくれます。
鎖場のような岩稜はありません。急登が長いコースなので、熱中症対策や寝不足などの体調管理を怠ると途中でばてます。

写真

三股駐車場 前日深夜に到着したときは空いていましたが、朝6時ごろにはほぼ満杯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股駐車場 前日深夜に到着したときは空いていましたが、朝6時ごろにはほぼ満杯です。
一般車両は入れない林道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般車両は入れない林道を進みます。
三股登山口 ボランティアの指導員の方が登山計画書の受付とアドバイスをしてくれます。(三股ー常念岳は7〜8時間水場無いので、用意するように。とのこと)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股登山口 ボランティアの指導員の方が登山計画書の受付とアドバイスをしてくれます。(三股ー常念岳は7〜8時間水場無いので、用意するように。とのこと)
直進:蝶ヶ岳 右折:常念岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進:蝶ヶ岳 右折:常念岳
急登の始まりです。九十九折が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の始まりです。九十九折が続きます。
尾根に出ました。やっと急登から解放されるか・・。このあとしばらく水がたまった泥道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。やっと急登から解放されるか・・。このあとしばらく水がたまった泥道が続きます。
コース初めての梯子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース初めての梯子。
2207P 三角点がない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2207P 三角点がない
森林限界を抜けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を抜けました。
ベッド岩(勝手に命名) ものすごい眠気に襲われたので、思わずこの岩の上て15分お昼寝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベッド岩(勝手に命名) ものすごい眠気に襲われたので、思わずこの岩の上て15分お昼寝。
1
前常念岳は白い花崗岩の山です。晴れれば、緑と白のコントラストがきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念岳は白い花崗岩の山です。晴れれば、緑と白のコントラストがきれいです。
避難小屋 疲れたのでここで泊まろうかと考えましたが、頭の中は生ビールのことでいっぱいなので、先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋 疲れたのでここで泊まろうかと考えましたが、頭の中は生ビールのことでいっぱいなので、先に進みます。
1
前常念岳 ちょっと寂しい標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念岳 ちょっと寂しい標識
1
ここから常念小屋に行けたらいいのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから常念小屋に行けたらいいのに。
手は使わなくてもよい傾斜の岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手は使わなくてもよい傾斜の岩場。
チングルマの綿毛とヤハズ?ハハコグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛とヤハズ?ハハコグサ
槍穂が見える。雲が邪魔しているので、少し感動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂が見える。雲が邪魔しているので、少し感動。
1
頂上との分岐 ここでデポして頂上へ行こうかと思いましたが、生ビールがどうせ明日も登ると登頂を却下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上との分岐 ここでデポして頂上へ行こうかと思いましたが、生ビールがどうせ明日も登ると登頂を却下。
常念小屋 なんでこんなに標高を下げるの?もったいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋 なんでこんなに標高を下げるの?もったいない。
常念小屋到着 金曜日なのに大賑わい。食事は90人×3回、布団は2枚に対して3人で寝ます。(敷布団が2枚で掛布団(シュラフ風)は一人一枚です。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋到着 金曜日なのに大賑わい。食事は90人×3回、布団は2枚に対して3人で寝ます。(敷布団が2枚で掛布団(シュラフ風)は一人一枚です。)
モルゲンロート?赤みが足りない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート?赤みが足りない。
常念岳へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳へ向かいます。
三股との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股との分岐
ライチョウさんがおでまし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウさんがおでまし。
1
振り返ると、大天井や立山、後立山の山々がそびえます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、大天井や立山、後立山の山々がそびえます。
槍バックで撮ってもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍バックで撮ってもらいました。
1
言わずも知れた槍穂高連峰。これが見たかったんです。
前穂ー奥穂ー涸沢ー北穂ー大キレットー南ー大喰ー槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
言わずも知れた槍穂高連峰。これが見たかったんです。
前穂ー奥穂ー涸沢ー北穂ー大キレットー南ー大喰ー槍
2592Pと勘違いしていた2512P。速いと思っていたら、2592Pは前方の緑の山頂でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2592Pと勘違いしていた2512P。速いと思っていたら、2592Pは前方の緑の山頂でした。
こんなところに池があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところに池があります。
草原があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原があります。
ニッコウキスゲの群落です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの群落です。
ニッコウキスゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
蝶槍が遠く感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍が遠く感じます。
マルバダケブキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ
2592P下り斜面にもお花畑があります。ニックキスゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2592P下り斜面にもお花畑があります。ニックキスゲ
テガタチドリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テガタチドリ
イブキトラノオ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ
オタカラコウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オタカラコウ
蝶槍の上部は岩場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍の上部は岩場です。
蝶槍。またまた槍バックで・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍。またまた槍バックで・・
1
横尾から屏風岩を左に巻いて涸沢に至るルートが分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾から屏風岩を左に巻いて涸沢に至るルートが分かります。
槍沢が全部見えます。感動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢が全部見えます。感動。
1
横尾への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾への分岐
横尾から登ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾から登ってきます。
瞑想の丘。展望指示盤あるので山頂と紛らわしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘。展望指示盤あるので山頂と紛らわしい。
蝶ヶ岳ヒュッテ 水を補給します。100円/0.5L
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ 水を補給します。100円/0.5L
徳沢と横尾の間の梓川
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢と横尾の間の梓川
蝶ヶ岳山頂 なだらかな山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山頂 なだらかな山頂です。
テン場の横から三股、大滝山方面に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場の横から三股、大滝山方面に下ります。
すぐに三股への分岐があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに三股への分岐があります。
ベンチは三か所あります?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチは三か所あります?
高度をどんどん下げます。急斜面は地図より北側を通っているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度をどんどん下げます。急斜面は地図より北側を通っているようです。
緩斜面は水対策の木道があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩斜面は水対策の木道があります。
安曇野の街並です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野の街並です。
まめうち平 ここで緩斜面は終わりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まめうち平 ここで緩斜面は終わりです。
力水はおいしい水です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
力水はおいしい水です。
常念岳ルートへの分岐があり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳ルートへの分岐があり
800mで三股に戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
800mで三股に戻ります。
下山届は必要ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山届は必要ありません。
三股から駐車場は果てしなく遠く感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股から駐車場は果てしなく遠く感じます。
駐車場到着。この時間は空いていますが、下の駐車場にも車があり、そうとう混雑したことが分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着。この時間は空いていますが、下の駐車場にも車があり、そうとう混雑したことが分かります。
おまけ。サル多すぎ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ。サル多すぎ!!

感想/記録
by nado

 槍ヶ岳、穂高連峰から見るの日の出は、常念岳や蝶ヶ岳から昇るので、あのカッコいい山に登ってみたいと思っていました。常念岳や蝶ヶ岳からみる槍穂は沢の隅々まえ見えて感動します。
 三股からのルートは、予想以上に辛かったです。練習不足や寝不足もありますが、気温が高かったため、体温が下がらないのが原因でしょう。
また、上りも下りも急坂の部分は、山と高原地図のルートから離れています。距離が長くて時間が掛かったように思います。時間には十分な余裕が必要です。
訪問者数:457人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ