また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221460 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳(乗鞍畳平より往復)

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ時々雨
アクセス
利用交通機関
バス
(往路)
濃飛バス 13:56 新穂高温泉 → 13:32 大滝口・キャンプ場前(\790)
平湯キャンプ場で前泊(\700)
アルピコ交通 5:40 平湯温泉 → 6:40 乗鞍畳平(往復\2300)

(復路)
アルピコ交通 9:50 乗鞍畳平 → 10:50 平湯温泉
濃飛バス 14:30 平湯温泉 → 19:00 バスタ新宿

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間1分
休憩
20分
合計
2時間21分
S畳平バスターミナル06:3706:44県境ゲートバス停06:50不消ヶ池分岐(自称)06:57摩利支天分岐07:05「剣ヶ峰口」07:0907:31朝日岳(乗鞍)07:3207:38蚕玉岳07:42乗鞍岳頂上小屋07:48乗鞍岳07:5808:04乗鞍岳頂上小屋08:07蚕玉岳08:0808:13朝日岳(乗鞍)08:1408:31「剣ヶ峰口」08:39摩利支天分岐08:4008:44不消ヶ池08:4508:49不消ヶ池分岐(自称)08:5008:55雷鳥の碑08:58畳平バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■乗鞍畳平〜肩の小屋
普通の車道。復路はお花畑の遊歩道を利用。山頂までのルートで、花はこの区間のみだが、コマクサ、ヨツバシオガマ、イワツメクサ、ウサギギク、オンタデなどが見られる。

■肩の小屋〜剣ヶ峰山頂
ややガレた登山道。危険箇所なし。山頂付近は一方通行と聞いていたが、守っている人はほとんどいなかった。

■アブがうるさいので注意
その他周辺情報アルプス街道平湯パノラマ大浴場 \600(山男セットにすると中ビールがついて\1000。ビールは1Fの軽食コーナーで。)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ 携帯 時計 ストック カメラ

写真

平湯温泉を出るときには空は厚い雲に覆われていたので、ガスの中のハイキングを想定していましたが、畳平まで来ると奇跡のように晴れ間が!
2017年08月12日 06:44撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平湯温泉を出るときには空は厚い雲に覆われていたので、ガスの中のハイキングを想定していましたが、畳平まで来ると奇跡のように晴れ間が!
行きは鶴ヶ池の前を通って車道から剣ヶ峰に向かいます。
2017年08月12日 06:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは鶴ヶ池の前を通って車道から剣ヶ峰に向かいます。
車道は富士見岳を横切っています。
2017年08月12日 06:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道は富士見岳を横切っています。
左が富士見岳、奥は不動岳かな?
2017年08月12日 06:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が富士見岳、奥は不動岳かな?
コロナ観測所のある摩利支天岳がうっすらと見えます。
2017年08月12日 06:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロナ観測所のある摩利支天岳がうっすらと見えます。
不消ヶ池を振り返って。雪渓がかかっています。
2017年08月12日 07:04撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不消ヶ池を振り返って。雪渓がかかっています。
3
摩利支天岳の裾野を周ると目指す剣ヶ峰が見えてきました。
2017年08月12日 07:04撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天岳の裾野を周ると目指す剣ヶ峰が見えてきました。
2
青空の下、剣ヶ峰を見ることができるとは、出発時には考えてもいませんでした。
2017年08月12日 07:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下、剣ヶ峰を見ることができるとは、出発時には考えてもいませんでした。
6
肩ノ小屋が見えてきました。車道歩きもここまで。
2017年08月12日 07:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋が見えてきました。車道歩きもここまで。
ここからはガレ場の登山道になります。
2017年08月12日 07:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはガレ場の登山道になります。
2
300mほど登りますが、前日の笠ヶ岳に比べれば
2017年08月12日 07:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300mほど登りますが、前日の笠ヶ岳に比べれば
1
権現池が見えてきました。
2017年08月12日 07:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現池が見えてきました。
1
山頂の乗鞍本宮本殿と鳥居が見えます。
2017年08月12日 07:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の乗鞍本宮本殿と鳥居が見えます。
足取りも軽く頂上小屋に到着。
2017年08月12日 07:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足取りも軽く頂上小屋に到着。
1
これをぐるりと登れば
2017年08月12日 07:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これをぐるりと登れば
乗鞍山頂に到着です。雲が湧き上がって来ました。
2017年08月12日 08:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍山頂に到着です。雲が湧き上がって来ました。
2
山頂からのほうが権現池の全貌が見えます。
2017年08月12日 07:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からのほうが権現池の全貌が見えます。
ぽつぽつと雨も降り始めたので下山します。
2017年08月12日 07:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぽつぽつと雨も降り始めたので下山します。
1
登りと下りは違う道を一方通行と聞いていたのですが、守っている人はほとんどいませんでした。
2017年08月12日 08:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りと下りは違う道を一方通行と聞いていたのですが、守っている人はほとんどいませんでした。
どんどん登ってくる方々がいます。頂上は渋滞しそうです。
2017年08月12日 08:16撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん登ってくる方々がいます。頂上は渋滞しそうです。
肩ノ小屋まで戻って来ました。
2017年08月12日 08:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋まで戻って来ました。
帰り道は花観察。イワツメクサが雨に濡れて可愛さが増しています。
2017年08月12日 08:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道は花観察。イワツメクサが雨に濡れて可愛さが増しています。
イワギキョウかな?
2017年08月12日 08:41撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウかな?
2
再び不消ヶ池が戻って来ました。富士見岳の山頂には大勢の人がいます。
2017年08月12日 08:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び不消ヶ池が戻って来ました。富士見岳の山頂には大勢の人がいます。
ピークを過ぎていましたが、コマクサも一杯咲いていました。
2017年08月12日 08:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを過ぎていましたが、コマクサも一杯咲いていました。
2
ミヤマアキノキリンソウ
2017年08月12日 08:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
1
帰りはお花畑を通ります。
2017年08月12日 08:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはお花畑を通ります。
2
ヨツバシオガマ
2017年08月12日 08:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
1
またまたイワツメクサ
2017年08月12日 08:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたイワツメクサ
2
セリ科はよくわかりません。
2017年08月12日 08:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セリ科はよくわかりません。
1
モミジカラマツでしょうか?
2017年08月12日 09:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツでしょうか?
1
群生していました。
2017年08月12日 09:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生していました。
1
ミヤマキンポウゲも
2017年08月12日 09:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲも
1
畳平のバスターミナルに戻りました。この後、再び雲が濃くなってきましたので、早めに登って正解でした。
2017年08月12日 09:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳平のバスターミナルに戻りました。この後、再び雲が濃くなってきましたので、早めに登って正解でした。

感想/記録

笠ヶ岳往復を終え、翌日はせっかくなので近くの乗鞍岳に登山することに。平湯温泉を出発するときにはどんよりとした曇り空。本日もガスの中の登山を覚悟しました。

ところが畳平に到着すると山頂周辺のみ青空が広がっていました。これにはテンションが上がり、笠ヶ岳のときと異なり、どんどん足が進みます。ジーンズにスニーカーの観光客の方もかなりいました。

しかし山頂に到着する頃には下から雲が湧き上がり、青空は消え、山頂にいる間にポツポツと雨が降り始めました。それでも曇りの予報の中、山容が見えただけでもかなりの成果でした。

下山後は、平湯温泉のバスターミナルで、帰りのバスを待つ間、温泉で汗を流し、飛騨牛カツバーガーと飛騨牛まんに舌鼓を打ち、満足度の高い山行となりました。
訪問者数:337人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ