ヤマレコ

記録ID: 1223410 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳(宮妻峡〜中ノ谷遡行〜カズラ谷沢下り)

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻峡キャンプ場までの林道は、2.2km手前で通行止め。
恐らく崖崩れの対応だと思いますが。
なので、通行止め手前のスペースに路駐し、そこから歩く。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
1時間16分
合計
7時間38分
Sスタート地点06:2206:50宮妻峡キャンプ場10:26県境縦走路・雲母峰道分岐10:3210:33岳峠10:37鎌ヶ岳11:2711:30岳峠11:34県境縦走路・雲母峰道分岐11:44カズラ谷分岐11:4512:10水場12:36カズラ滝12:5213:26宮妻峡駐車場13:2913:31宮妻峡キャンプ場14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
通常の沢登りです。
2級程度?
沢は至る所で土砂と流木でいっぱい。
夏道のカズラ谷ルートも倒木や折れた枝がいっぱいで歩きにくい。

写真

ようやく中ノ谷に到着
ここから入渓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく中ノ谷に到着
ここから入渓
すぐに左岸を巻く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに左岸を巻く
以外と明るい沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以外と明るい沢
流木や土砂が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流木や土砂が多い
小さな釜は適度にある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな釜は適度にある
もちろんナメも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろんナメも
ここはステミングで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはステミングで
突破する先生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突破する先生
ここもステミングで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもステミングで
シャワーを浴びながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャワーを浴びながら
1
どっぷりとシャワー。
これだから止められん!日本の夏に日本の沢あり!(JUNDr)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっぷりとシャワー。
これだから止められん!日本の夏に日本の沢あり!(JUNDr)
1
シャワークライム満載
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャワークライム満載
1
岩間の滝手前の左岸滝上を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩間の滝手前の左岸滝上を目指す
草着きを巻いていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草着きを巻いていく
シャワーのトンネル出現
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャワーのトンネル出現
さあ行きますよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ行きますよ〜
2
気持ち良さそ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ち良さそ〜
1
しばらくするとガレが多くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくするとガレが多くなる
右岸にオーバーハングした滝が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸にオーバーハングした滝が出てきた
このガレ場を詰めて行けるはずであったが、最近の大雨で相当崩れてる感じなので、右側の支稜線に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このガレ場を詰めて行けるはずであったが、最近の大雨で相当崩れてる感じなので、右側の支稜線に向かう
すると極細尾根の登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると極細尾根の登場
でもトラバースできる薄い踏み跡があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもトラバースできる薄い踏み跡があった
鎌尾根に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌尾根に出た
鎌ヶ岳山頂に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂に向かう
急峻な鎌ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急峻な鎌ヶ岳
頂上に着くと御在所岳も綺麗に見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に着くと御在所岳も綺麗に見えた
以外にも他の登山者は少なかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以外にも他の登山者は少なかった
1
登ってきた鎌尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた鎌尾根
岳峠からカズラ谷登山道へ進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠からカズラ谷登山道へ進む
再びカズラ谷から沢に入る
火照ったからだをクールダウン
サイコーに気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びカズラ谷から沢に入る
火照ったからだをクールダウン
サイコーに気持ちいい!
林道の橋を潜りぬけてキャンプ場まで沢沿いに進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の橋を潜りぬけてキャンプ場まで沢沿いに進む
キャンプ場横で脱渓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場横で脱渓
(JUNDr)ktn92さんはどんなところもガンガン行っちゃいます!頼りになります。
2017年08月13日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(JUNDr)ktn92さんはどんなところもガンガン行っちゃいます!頼りになります。
(JUNDr)斜瀑・スライダー・オーバーヘッドシャワー・・何でもござれ
2017年08月13日 08:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(JUNDr)斜瀑・スライダー・オーバーヘッドシャワー・・何でもござれ
(JUNDr)ktn92さん・・・ガバがあればとにかく行っちゃう果敢な人。今年から沢始めたとは思えません。
2017年08月13日 08:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(JUNDr)ktn92さん・・・ガバがあればとにかく行っちゃう果敢な人。今年から沢始めたとは思えません。
(JUNDr)これが気持ちいいんです!止められません。わざわざ長躯アルプス遠征しなくても鈴鹿が気持ちいい〜んです!
2017年08月13日 09:27撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(JUNDr)これが気持ちいいんです!止められません。わざわざ長躯アルプス遠征しなくても鈴鹿が気持ちいい〜んです!
(JUNDr)最後のちょろちょろの30m滝は支尾根を巻きます。
2017年08月13日 09:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(JUNDr)最後のちょろちょろの30m滝は支尾根を巻きます。
(JUNDr)鎌尾根を目指して。崩れそうな細尾根を進む。
2017年08月13日 10:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(JUNDr)鎌尾根を目指して。崩れそうな細尾根を進む。

感想/記録
by ktn92

久し振りになってしまった先生との沢遊び。
待ち合わせ場所の宮妻峡キャンプ場への林道がキャンプ場手前2.2kmで通行止めとなっていた。
どうしようか先生と相談したが、往復1時間のアルバイトが増えるが、予定通り中ノ谷へと向かうことにした。
ここ最近、この一帯の天気が悪い様子であったと思ったが、多分それによる崖崩れが多発していたものと思われる。
片付けられていたと思われる林道に土砂の痕跡がいくつもあった。
沢に入渓後も流木や土石流で流れ出た石でいっぱいあり、自然の猛威を実感する。
入渓してすぐの堰堤を他の方の記録に沿って、左岸から巻いたが、相当崩れており慎重さを求められた。
そこを過ぎるとすぐに10mの大滝。
ここは気合いで突破する。
ある意味本日の核心部であった。
その後はシャワークライムが点々と出現し、ステミングを交えて次々と突破。
どんどん進んでいくが、中ノ谷を詰めずに北中ノ谷へと分岐し、最短で鎌ヶ岳山頂へ向かう。
すると、崖崩れによるものと思われるガレガレになってきたので、草着きを選択しながら、鎌尾根に飛び出た。
ここからはつい数週間前に登った山頂に向かいすんなりと登頂。
以外にも山頂は貸し切りで登山者の少なさに驚いた。
下山はカズラ谷を下るが、せっかくなのでカズラ谷も入れるところから沢へ入ろうとカズラ滝を過ぎたところから再び入渓。
暑いからだをクールダウン。
やっぱり夏は沢ですね!
先生お疲れ様でした。

感想/記録
by JUNDr

暫定感想:道路通行止で余分な林道歩行のアルバイトから始まり幸先が悪かったのですが、水圧に押されそうな10m滝2本の場面・・・腰痛・下半身の不安定さにより一歩が出しにくい場面があり、突破できない場面があり情けない限りでした。ktn92さんの抜群の突破力に助けられ、お助け紐を掴ませてもらいました。ステミングの効く狭い滝は何とか乗越せました。鎌尾根〜岳峠経由でお盆なのに人が少ない閑散とした鎌ヶ岳山頂も踏み、カズラ谷を下降し充実した遡行となりました。ktn92さんに感謝!
訪問者数:336人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ