また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1223964 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

剣山「ジロウギュウ、大きな背中に憧れて」(見ノ越・周回)【61/100】

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【登山口】
見ノ越駐車場 (無料) 約200台分のスペース
トイレ有

【アクセス】
徳島自動車美馬ICから約42km
5時35分IC付近通過、6時50分登山口着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
21分
合計
7時間12分
S見ノ越登山口07:3708:13リフト西島駅08:1408:26刀掛ノ松09:57穴吹川源流の谷10:28一ノ森ヒュッテ10:40一ノ森10:5011:04二ノ森11:0611:25剣山頂上ヒュッテ11:58剣山13:00次郎笈13:0114:05大剣神社14:1014:22リフト西島駅14:45見ノ越登山口14:4714:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山道通行止め情報】
「不動の岩屋」〜「剣山頂上ヒュッテ」の下
「西島神社」〜「御神水」の下

【行場コース】
上臼〜胎内くぐり
ロープが滑りやすく危険でした。その先ルート不明瞭で引き返しました。
その他周辺情報【温泉】
ラ・フォーレつるぎ山 
入力料500円 営業時間11:00〜20:00(冬季休業)
アクセス 見ノ越第1駐車場より2.5km

【山バッチ】
剣山頂上ヒュッテ 700円
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8WR 三脚

写真

見ノ越第1駐車場をスタート。ロープウェイはこの駐車場の先にあります。
2017年08月13日 07:30撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ノ越第1駐車場をスタート。ロープウェイはこの駐車場の先にあります。
西島まで歩いて向かう方は、こちらの階段を登って剣神社へ向かいます。
2017年08月13日 07:33撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西島まで歩いて向かう方は、こちらの階段を登って剣神社へ向かいます。
剣神社を正面に見て右側が登山道入口です。剣山頂上まで4.0km
2017年08月13日 07:36撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣神社を正面に見て右側が登山道入口です。剣山頂上まで4.0km
リフトの下をくぐる短いトンネルを過ぎると
2017年08月13日 07:44撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの下をくぐる短いトンネルを過ぎると
ジロウギュウ(次郎岌)のおでまし!すごい迫力です。
2017年08月13日 08:05撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジロウギュウ(次郎岌)のおでまし!すごい迫力です。
2
刃掛の松、ここから道が3本に分かれます。尾根道コース、大剱コース、行場を経て一ノ森へ向かうコースです。
2017年08月13日 08:26撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃掛の松、ここから道が3本に分かれます。尾根道コース、大剱コース、行場を経て一ノ森へ向かうコースです。
キレンゲショウマはすぐの下で咲いてましたが、一方通行なので行場を一周する形になります。
2017年08月13日 08:31撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレンゲショウマはすぐの下で咲いてましたが、一方通行なので行場を一周する形になります。
行場コースの見どころスポット。全部周りながらキレンゲショウマを探すことにします。
2017年08月13日 08:38撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行場コースの見どころスポット。全部周りながらキレンゲショウマを探すことにします。
どこだ?どこだ?
2017年08月13日 08:44撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこだ?どこだ?
上臼の先に胎内くぐりとあるので行ってみることに。
2017年08月13日 09:06撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上臼の先に胎内くぐりとあるので行ってみることに。
この細いロープを握って
2017年08月13日 09:19撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この細いロープを握って
下に降りるのですが、素手で握ると滑りやすく足の踏み場も滑りやすいため滑り落ちてしまいました。右手の手のひらを負傷しまいました。一旦戻ります。
2017年08月13日 09:06撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に降りるのですが、素手で握ると滑りやすく足の踏み場も滑りやすいため滑り落ちてしまいました。右手の手のひらを負傷しまいました。一旦戻ります。
行場コースも一周を終える頃、キレンゲショウマ群生地です。
2017年08月13日 09:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行場コースも一周を終える頃、キレンゲショウマ群生地です。
作家宮尾澄子氏の「生涯の花」で紹介され有名になった花です。
2017年08月13日 09:27撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作家宮尾澄子氏の「生涯の花」で紹介され有名になった花です。
1
花弁は5枚、雄しべは15本、雌しべの花柱は3本あります。
2017年08月13日 09:32撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花弁は5枚、雄しべは15本、雌しべの花柱は3本あります。
1
一ノ森が見えてきました。
2017年08月13日 10:17撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ森が見えてきました。
主人の話ですが一ノ森ヒュッテは創業80年で西日本では最初の山小屋で3度建て直し今に至るとの事。泊る事ができます。
2017年08月13日 10:29撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主人の話ですが一ノ森ヒュッテは創業80年で西日本では最初の山小屋で3度建て直し今に至るとの事。泊る事ができます。
一ノ森に着いたこと急にガスってきました。
2017年08月13日 10:38撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ森に着いたこと急にガスってきました。
1
これから進む楽しみな稜線歩きです。手前右が二ノ森で左手奥がジロウギュウです。今日はジロウギュウまで行きます。
2017年08月13日 10:53撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む楽しみな稜線歩きです。手前右が二ノ森で左手奥がジロウギュウです。今日はジロウギュウまで行きます。
剣山山頂まであと少し。一瞬、美ヶ原にいるのかと・・
2017年08月13日 11:17撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山山頂まであと少し。一瞬、美ヶ原にいるのかと・・
剣山本宮宝蔵石神社にて参拝。隣の頂上ヒュッテで山バッチ買いました。
2017年08月13日 11:40撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山本宮宝蔵石神社にて参拝。隣の頂上ヒュッテで山バッチ買いました。
左の高いところを目指します。人がかなり増えてきました。
2017年08月13日 11:43撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の高いところを目指します。人がかなり増えてきました。
青空の下、剣山とうちょ〜!
2017年08月13日 11:55撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下、剣山とうちょ〜!
2
剣山で日本百名山は61座目です。あとはジロウギュウを目指すのみ。
2017年08月13日 11:59撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山で日本百名山は61座目です。あとはジロウギュウを目指すのみ。
2
ジロウギュウ(次郎岌)の圧倒的な存在感。あの背中歩いてみたい。
2017年08月13日 12:16撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジロウギュウ(次郎岌)の圧倒的な存在感。あの背中歩いてみたい。
1
次郎岌を眺める少女。
2017年08月13日 12:18撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎岌を眺める少女。
振り返って剣山。剣山とジロウギュウ(次郎岌)は剣山系で存在感抜群です。
2017年08月13日 12:41撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って剣山。剣山とジロウギュウ(次郎岌)は剣山系で存在感抜群です。
1
ギュウ、ギュウ、ジロウギュウ(次郎岌)!頭の上で記念撮影。
2017年08月13日 13:04撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギュウ、ギュウ、ジロウギュウ(次郎岌)!頭の上で記念撮影。
3
ジロウギュウ(次郎岌)の三角点。
2017年08月13日 13:05撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジロウギュウ(次郎岌)の三角点。
山頂から三峯へと続く縦走路。
2017年08月13日 13:16撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から三峯へと続く縦走路。
剣山の横をトラバースするルートで下山します。
2017年08月13日 13:25撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山の横をトラバースするルートで下山します。
おつかれさまの鳥居。明日は石鎚山へ行ってきます。
2017年08月13日 14:21撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おつかれさまの鳥居。明日は石鎚山へ行ってきます。
1

感想/記録

四国遠征第一弾として8月13日(日)剣山へ行ってきました。時期定期にキレンゲショウマが見頃と行く事もあってたくさんの登山客で賑わっておりました。
ジロウギュウ(次郎岌)という山の名前を知り、どんな山かな、牛みたいな山なのかと期待しておりました。実物はとてもドッシリとした山容で牛が背を向けて寝そべっているかの様でした。牛の背中を見つめながら「ギュウ」、「ギュウ」と頭の中で歌いながら歩きましたが、牛は「モー」、「モー」だという事に気づいたのは言うまでもありません。
訪問者数:146人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ