ヤマレコ

記録ID: 1226433 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走芦別・夕張

日帰百名山 '17番外二百名山 北海道のマッターホルン別名蝦夷槍?の芦別岳(太陽の里キャンプ場〜周回ルート)

日程 2017年08月15日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間34分
休憩
13分
合計
8時間47分
S太陽の里ふれあいの家07:1813:07芦別岳13:1214:05雲峰山14:0614:25熊の沼14:2614:32半面山14:3515:50新道登山口15:5316:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

北海道遠征第六日目、雨天の予備日に設定していましたが、翌日の最終日も、晴れの予報なので、北海道で一番気になる、二百名山の芦別岳を、富良野の太陽の里キャンプ場から挑みます。お盆休み終盤も、水曜どうでしょう風カブで、大賑わいです。
2017年08月15日 07:15撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道遠征第六日目、雨天の予備日に設定していましたが、翌日の最終日も、晴れの予報なので、北海道で一番気になる、二百名山の芦別岳を、富良野の太陽の里キャンプ場から挑みます。お盆休み終盤も、水曜どうでしょう風カブで、大賑わいです。
沢沿いの旧道コースから、がオススメみたいなので、せっかくなので、こちらからお邪魔します。

岩壁を巡らした男性的な山。富良野から南西に鋭い姿で仰がれ、遠く札幌からも東の地平線に夕張岳と並んで眺められる。
 登山道は、東の山部から新・旧道の2本がある。新道は東尾根を忠実に登って、上部で半面山(はんめんざん)、雲峰山(うんぼうざん)のピークを越え頂上に達する4時間のコース。一方旧道はユーフレ沢の谷を進み、夫婦岩を北から回り込んで北尾根に達する7時間のコース。北尾根上から正面に見る頂上は槍のようにとがって、周辺の岩壁群とともに迫力ある景観。両コースを日帰りで循環してもいい。
2017年08月15日 07:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの旧道コースから、がオススメみたいなので、せっかくなので、こちらからお邪魔します。

岩壁を巡らした男性的な山。富良野から南西に鋭い姿で仰がれ、遠く札幌からも東の地平線に夕張岳と並んで眺められる。
 登山道は、東の山部から新・旧道の2本がある。新道は東尾根を忠実に登って、上部で半面山(はんめんざん)、雲峰山(うんぼうざん)のピークを越え頂上に達する4時間のコース。一方旧道はユーフレ沢の谷を進み、夫婦岩を北から回り込んで北尾根に達する7時間のコース。北尾根上から正面に見る頂上は槍のようにとがって、周辺の岩壁群とともに迫力ある景観。両コースを日帰りで循環してもいい。
マイカーはこちらまでアクセス可能ですが、周回のため控えました。
2017年08月15日 07:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイカーはこちらまでアクセス可能ですが、周回のため控えました。
沢登も、マーキング多数で、道迷いは心配無用です。
2017年08月15日 08:02撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢登も、マーキング多数で、道迷いは心配無用です。
沢沿い歩きと、トラバースで、無数の滝めぐりです。
2017年08月15日 08:53撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿い歩きと、トラバースで、無数の滝めぐりです。
夕張山地
2017年08月15日 10:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕張山地
ガスの切れ間から、北海道のマッターホルンの登場です。
2017年08月15日 12:10撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間から、北海道のマッターホルンの登場です。
突如、ガスの切れ間から、ようやく頂がお目見えしました。
まさに大槍と小槍、西鎌尾根からの槍ヶ岳と、同化してしまい流石にテンションアップます。
2017年08月15日 12:11撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突如、ガスの切れ間から、ようやく頂がお目見えしました。
まさに大槍と小槍、西鎌尾根からの槍ヶ岳と、同化してしまい流石にテンションアップます。
槍ヶ岳同様に、
2017年08月15日 12:12撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳同様に、
岩稜が待ち受けています。
2017年08月15日 12:26撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜が待ち受けています。
初めてのルートで、慎重に進みます。
2017年08月15日 12:34撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのルートで、慎重に進みます。
ようやく最後の岩稜です。
2017年08月15日 13:05撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく最後の岩稜です。
芦別岳(あしべつだけ)1726.5m登頂\(^o^)/
2017年08月15日 13:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦別岳(あしべつだけ)1726.5m登頂\(^o^)/
夕張山地
2017年08月15日 13:15撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕張山地
最高峰の山容です。
2017年08月15日 13:15撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰の山容です。
遅めのスタートだった為、至福のひと時も遅くなりました。
お腹も満たされたので、新ルートで下山します。
2017年08月15日 13:29撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅めのスタートだった為、至福のひと時も遅くなりました。
お腹も満たされたので、新ルートで下山します。
山頂を振り返ってみると、槍様はいずこへ?
2017年08月15日 14:05撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返ってみると、槍様はいずこへ?
大雪山方面です。
2017年08月15日 15:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪山方面です。
新道コースの登山口に到着です。
2017年08月15日 15:52撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道コースの登山口に到着です。
無事に下山完了しました。
最後までご覧いただきありがとうございました。
2017年08月15日 16:06撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山完了しました。
最後までご覧いただきありがとうございました。
1
撮影機材:

感想/記録

北海道遠征第六日目、雨天の予備日に設定していましたが、翌日の最終日も、晴れの予報なので、北海道で一番気になる、二百名山の芦別岳を、富良野の太陽の里キャンプ場から挑みます。お盆休み終盤も、水曜どうでしょう風カブで、大賑わいです。

沢沿いの旧道コースから、がオススメみたいなので、せっかくなので、こちらからお邪魔します。

岩壁を巡らした男性的な山。富良野から南西に鋭い姿で仰がれ、遠く札幌からも東の地平線に夕張岳と並んで眺められる。
 登山道は、東の山部から新・旧道の2本がある。新道は東尾根を忠実に登って、上部で半面山(はんめんざん)、雲峰山(うんぼうざん)のピークを越え頂上に達する4時間のコース。一方旧道はユーフレ沢の谷を進み、夫婦岩を北から回り込んで北尾根に達する7時間のコース。北尾根上から正面に見る頂上は槍のようにとがって、周辺の岩壁群とともに迫力ある景観。両コースを日帰りで循環してもいい。

マイカーはこちらまでアクセス可能ですが、周回のため控えました。

沢登も、マーキング多数で、道迷いは心配無用です。

沢沿い歩きと、トラバースで、無数の滝めぐりです。

夕張山地

ガスの切れ間から、北海道のマッターホルンの登場です。

突如、ガスの切れ間から、ようやく頂がお目見えしました。
まさに大槍と小槍、西鎌尾根からの槍ヶ岳と、同化してしまい流石にテンションアップます。

槍ヶ岳同様に、

岩稜が待ち受けています。

初めてのルートで、慎重に進みます。

ようやく最後の岩稜です。

芦別岳(あしべつだけ)1726.5m登頂\(^o^)/

夕張山地

最高峰の山容です。

遅めのスタートだった為、至福のひと時も遅くなりました。
お腹も満たされたので、新ルートで下山します。

山頂を振り返ってみると、槍様はいずこへ?

大雪山方面です。

新道コースの登山口に到着です。

無事に下山完了しました。
最後までご覧いただきありがとうございました。

前日の北海道遠征、第五日目の阿寒、トムラウシ山山行
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1225286.html
週刊ヤマレコ5月1日版ランキング5位をいただいた常念岳山行
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1115169.html
ライチョウベストショット山行
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1163626.html


<a class="yamareco_widget" yr_id="1f02376d61f35ad561cf17a1035f20a2" href="https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-97679-data.html">karasawa246の山行記録</a><script src="//www.yamareco.com/modules/yamareco/include/widget.js?v=3"></script>
訪問者数:43人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ