また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1230053 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

燧ケ岳

日程 2017年08月17日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東北道西那須野塩原ICから尾瀬御池まで、R400・121・352を約100km走ります。
御池の駐車場は1日1,000円ですが、桧枝岐温泉の宿に宿泊する場合は無料となります。
今回は宿泊前に駐車場を利用しましたが、駐車場の領収書を持参した所、宿泊費から1,000円戻りました。
コンビニは、早朝の場合は西那須野塩原IC付近を利用した方が良いです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
13分
合計
7時間15分
S御池駐車場07:0707:09山の駅御池&御池ロッジ07:12御池登山口08:12広沢田代08:44御池登山口 5合目09:07熊沢田代10:4610:4710:57燧ヶ岳10:5911:0711:1512:27熊沢田代12:53御池登山口 5合目13:16広沢田代13:1814:10御池田代14:21御池登山口14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・尾瀬御池〜広沢田代
 最初は木道ですが、その後に岩や木の根が露出したぬかるみの急登となります。
・広沢田代
 湿原の木道歩きで快適です。
・広沢田代〜熊沢田代
 最初は木道などですが、そのうち少々急登となります。
・熊沢田代
 快適な木道歩き、中間地点に二つの池に挟まれベンチが有ります。
 休憩には絶好の場所でした。
・熊沢田代〜俎
 再び急登となります。
 途中、枯れ沢の様なガレ場を登って行きます。
 8合目の標識が見えたら、9合目、俎瑤呂垢阿任后
・俎堯措動濁
 一度鞍部まで下ってから柴安瑤惶淌个靴泙后
 片道20分ですが、俎瑤鵬拱をデポすれば往復30分で帰って来れます。
その他周辺情報桧枝岐に多数温泉有り。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

尾瀬御池の駐車場。
1日1,000円ですが、周辺の施設(宿)などを利用した場合、無料となります。
駐車場利用後に宿泊などする場合は、領収書を発行し持参してみてください。
2017年08月17日 07:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬御池の駐車場。
1日1,000円ですが、周辺の施設(宿)などを利用した場合、無料となります。
駐車場利用後に宿泊などする場合は、領収書を発行し持参してみてください。
駐車場の奥が、登山道の入口となっています。
トイレは「山の駅御池」に有ります。
(水洗です。)
2017年08月17日 07:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の奥が、登山道の入口となっています。
トイレは「山の駅御池」に有ります。
(水洗です。)
2
燧ケ岳まで4.5km、近いようで遠かったです。
2017年08月17日 07:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳まで4.5km、近いようで遠かったです。
広沢田代への急登。
岩などが露出し、しかもぬかるんでいます。
登りも辛いが、下りも辛い、ここが一番難所だった感じです。
2017年08月17日 07:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢田代への急登。
岩などが露出し、しかもぬかるんでいます。
登りも辛いが、下りも辛い、ここが一番難所だった感じです。
3
2合目の標識。
9合目まで有りますが、目立たない場所のものも有りました。
2017年08月17日 07:42撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目の標識。
9合目まで有りますが、目立たない場所のものも有りました。
急登の合間の木道はホッとします。
2017年08月17日 07:53撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の合間の木道はホッとします。
3合目、まだまだですね。
2017年08月17日 07:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目、まだまだですね。
急登から視界が開け、湿原と木道が現れました。
「広沢田代」です。
2017年08月17日 08:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から視界が開け、湿原と木道が現れました。
「広沢田代」です。
1
池塘を眺めながら、急登で疲れた足を休めます。
2017年08月17日 08:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘を眺めながら、急登で疲れた足を休めます。
「コバギボウシ」です。
2017年08月17日 08:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「コバギボウシ」です。
4
湿原に延びる木道。
その先に小高い丘、あそこも登ります。
2017年08月17日 08:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原に延びる木道。
その先に小高い丘、あそこも登ります。
3
広沢田代の標識。
ここには休憩できるベンチなど有りませんでした。
2017年08月17日 08:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢田代の標識。
ここには休憩できるベンチなど有りませんでした。
チングルマの綿毛。
2017年08月17日 08:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛。
1
モウセンゴケも至る所に。
2017年08月17日 08:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モウセンゴケも至る所に。
5
再びの急登、さっきよりはマシです。
2017年08月17日 08:32撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びの急登、さっきよりはマシです。
5合目。
まだまだ半分かぁー。
2017年08月17日 08:47撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目。
まだまだ半分かぁー。
1
視界が開け、前方に目指す「燧ケ岳」。
やっぱ5合目は嘘じゃない。
2017年08月17日 08:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開け、前方に目指す「燧ケ岳」。
やっぱ5合目は嘘じゃない。
3
熊沢田代のベンチから。
湖面に映る雲、その先はきっと「平ヶ岳」。
2017年08月17日 09:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代のベンチから。
湖面に映る雲、その先はきっと「平ヶ岳」。
13
イワショウブ
2017年08月17日 09:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワショウブ
キンコウカは満開
2017年08月17日 09:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンコウカは満開
1
熊沢田代の、キンコウカの咲く木道を歩きます。
2017年08月17日 09:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代の、キンコウカの咲く木道を歩きます。
13
タテヤマリンドウ
2017年08月17日 09:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
1
6合目まで登りました。
2017年08月17日 09:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目まで登りました。
こんな所に「7合目」の標識が。
2017年08月17日 09:43撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所に「7合目」の標識が。
1
モミジカラマツ
2017年08月17日 09:44撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
2
涸れ沢の登山道、ガレ場なので歩きずらい。
2017年08月17日 09:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れ沢の登山道、ガレ場なので歩きずらい。
マイヅルソウ
2017年08月17日 10:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイヅルソウ
1
かなり登って来ました。
遥か下方に、熊沢田代のベンチの有る池が見えます。
2017年08月17日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり登って来ました。
遥か下方に、熊沢田代のベンチの有る池が見えます。
5
8合目、周囲の視界が開けて来ました。
2017年08月17日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目、周囲の視界が開けて来ました。
9合目の標識は泥だらけ。
あと少しですね。
2017年08月17日 10:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目の標識は泥だらけ。
あと少しですね。
もうすぐ山頂、頑張りましょう。
下方に尾瀬御池、広沢田代が見えます。
2017年08月17日 10:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂、頑張りましょう。
下方に尾瀬御池、広沢田代が見えます。
4
俎堯覆泙覆い燭阿蕁砲了劃困僕る祠です。
2017年08月17日 10:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎堯覆泙覆い燭阿蕁砲了劃困僕る祠です。
8
再度、俎瑤ら見た尾瀬御池方面。
(残念ながら、尾瀬沼方面は視界不良。)
2017年08月17日 10:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、俎瑤ら見た尾瀬御池方面。
(残念ながら、尾瀬沼方面は視界不良。)
1
柴安堯覆靴个笋垢阿蕁砲泙嚢圓辰討ました。
空身だったので、往復で30分弱で俎瑤慳瓩蠅泙靴拭
2017年08月17日 10:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安堯覆靴个笋垢阿蕁砲泙嚢圓辰討ました。
空身だったので、往復で30分弱で俎瑤慳瓩蠅泙靴拭
11
先ほど行って来た、柴安瑤任后
ガスがかかってしまいましたが、やっと見えました。
2017年08月17日 11:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど行って来た、柴安瑤任后
ガスがかかってしまいましたが、やっと見えました。
3
尾瀬沼方面はこんな感じで視界不良、残念。
(少し前は見えたそうです。)
2017年08月17日 11:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼方面はこんな感じで視界不良、残念。
(少し前は見えたそうです。)
1
エゾリンドウ?の群生。
俎山頂にて。
2017年08月17日 11:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウ?の群生。
俎山頂にて。
2
ヒメシャクナゲ
(花が終わり、実になる所)
2017年08月17日 12:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャクナゲ
(花が終わり、実になる所)
2
そして、尾瀬御池まで帰ってきました。
2017年08月17日 14:18撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、尾瀬御池まで帰ってきました。
2
今日は、桧枝岐温泉にて宿泊です。
「こまどり」さんにて美味しい山人(やもーど)料理と地酒を頂きました。
明日は天気が悪そうなので登山中止と決めつけ、美味しい日本酒「開山男山」で乾杯!
2017年08月17日 18:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、桧枝岐温泉にて宿泊です。
「こまどり」さんにて美味しい山人(やもーど)料理と地酒を頂きました。
明日は天気が悪そうなので登山中止と決めつけ、美味しい日本酒「開山男山」で乾杯!
10
撮影機材:

感想/記録

8月に入ってからずっと雨。
今回の登山も、悪天候であれば観光と温泉旅行へ変更するつもりで出発。
塩原付近では雨でしたが、会津高原まで来たら晴れ間が。
会津駒ケ岳と燧ケ岳を登山する予定ですが、好天のため今日は燧ケ岳へ行く事に。

西那須野塩原ICから桧枝岐村経由にて尾瀬御池まで、100kmは下道を走ります。
コンビニは早朝閉まっていたので、塩原付近を利用した方が良いです。

尾瀬御池の駐車場へ着いた時には、上空は青空。
早速身支度を整え、登山道の入口へ。
先ずは尾瀬っぽく木道歩き。
そしていきなり急登です。
広沢田代までは、ぬかるんで岩や木の根が露出した急登が続きます。
登りもキツイですが、帰りの下りも、私の妻はギブアップに近い状態でした。
このコースで一番の難所であったような感じです。

広沢田代へ出ると、湿原に延びる木道歩きとなります。
モウセンゴケやキンコウカの花を見ながら、ゆっくり歩いて疲れた足を休めました。

広沢田代から熊沢田代へは、また急登となります。
先ほどの急登よりは歩きやすい感じで、時折木道も有ります。
熊沢田代には、池塘に挟まれた箇所にベンチが有ります。
この先が5合目となるので、このベンチで一息つきましょう。

熊沢田代からもまた急登です。
途中、涸れ沢を登り、そしてガレ場を横切り、どんどん標高を上げて行きます。
7合目まで来たら、もう少し。
8合目、9合目の標識は比較的早く見る事が出来ます。
そしてハイマツの尾根を登ると、俎堯覆泙覆い燭阿蕁砲猟詐紊任后

妻と息子を置き、私は空身で柴安瑤悒團好肇鵝
一度鞍部まで下り、そして登り返すと燧ケ岳の最高峰「柴安堯廚任后
ガスがかかり視界不良となってしまったので、山頂碑で写真を撮ってすぐにUターン。
30分弱にて俎瑤泙婆瓩蠅泙靴拭

今日は桧枝岐温泉で1泊の予定ですので、来たルートをそのまま戻ります。
途中の湿原にてゆっくりしながら、最後の急坂を下り、御池へ戻りました。

なお翌日は会津駒ケ岳登山の予定でしたが、悪天候が予想されるために諦め、宿で地酒を飲んでゆっくり休みました。
(結果、翌日はかなりの強雨でした。)
訪問者数:557人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ