ヤマレコ

記録ID: 1230674 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

山陰のマッターホルン・烏ヶ山(からすがせん)

日程 2017年08月17日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休暇村奥大山に広い駐車場があります。
ここで登山届も提出できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
6分
合計
3時間54分
S鏡ヶ成キャンプ場06:1706:32新小屋峠08:02新小屋分れ08:0308:17烏ヶ山08:2008:52新小屋分れ08:5309:54新小屋峠09:5510:11休暇村奥大山駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■鏡ヶ成キャンプ場ルートは通行止め(2017/8/17現在)

■新小屋峠ルート
登山口から山頂まで1時間半ほどなので、それほどきつくはありません。
しかし、長い間通止めになっていたこともあって、登山道の状態はよくありません。また、頂上直下は足場の悪い岩場が続き、急登も多いです。
初心者だけでの入山は控えたほうがよいと思います。

写真

休暇村奥大山の駐車場に停めさせてもらいます
2017年08月17日 06:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休暇村奥大山の駐車場に停めさせてもらいます
鏡ヶ成キャンプ場の登山口から登ろうと思っていましたが、テープで通行止めされていました
2017年08月17日 06:21撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡ヶ成キャンプ場の登山口から登ろうと思っていましたが、テープで通行止めされていました
「こちらからの烏ヶ山登山は、植生環境への影響、土砂崩落の恐れがあり、大変危険です。新小屋峠入口からの登山をお願いします」
2017年08月17日 06:21撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「こちらからの烏ヶ山登山は、植生環境への影響、土砂崩落の恐れがあり、大変危険です。新小屋峠入口からの登山をお願いします」
1
ということで、新小屋峠の登山口から登ります。熊に注意です。
2017年08月17日 06:37撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで、新小屋峠の登山口から登ります。熊に注意です。
腰までの高さの熊笹が生い茂る登山道です。前夜降った雨で葉が濡れており、あっという間にズボンがびしょ濡れです
2017年08月17日 06:42撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰までの高さの熊笹が生い茂る登山道です。前夜降った雨で葉が濡れており、あっという間にズボンがびしょ濡れです
ブナ林を緩やかに登っていきます。紅葉の時期はきれいだろうなぁ
2017年08月17日 07:11撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林を緩やかに登っていきます。紅葉の時期はきれいだろうなぁ
標高を上げていくと急登が現れます。
2017年08月17日 07:21撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと急登が現れます。
稜線に出ました
2017年08月17日 07:22撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました
やはり熊笹をかき分けながら進みます
2017年08月17日 07:50撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり熊笹をかき分けながら進みます
新小屋分れ。烏ヶ山山頂への矢印は左を向いていますが、2016年10月の地震で登山道が崩落したため、直進方向に登山道が作られています
2017年08月17日 08:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新小屋分れ。烏ヶ山山頂への矢印は左を向いていますが、2016年10月の地震で登山道が崩落したため、直進方向に登山道が作られています
ここが崩落個所と思われます。
2017年08月17日 08:56撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが崩落個所と思われます。
山頂までがなかなか険しい
2017年08月17日 08:09撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までがなかなか険しい
山頂までがなかなか険しい
2017年08月17日 08:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までがなかなか険しい
烏ヶ山山頂です。1448m。大山南壁の絶景を楽しみにしていたのですが、ガスガスで何も見えません…
2017年08月17日 08:20撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏ヶ山山頂です。1448m。大山南壁の絶景を楽しみにしていたのですが、ガスガスで何も見えません…
奥大山の天然水といっしょに記念撮影。
2017年08月17日 08:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大山の天然水といっしょに記念撮影。
1
向こうに大山南壁が見える、はずです。
2017年08月17日 08:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうに大山南壁が見える、はずです。
ヤマハハコ
2017年08月17日 08:56撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
ブナの森は気持ちいい
2017年08月17日 09:38撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの森は気持ちいい
下山してから一瞬晴れて、烏ヶ山の姿が見えました
2017年08月17日 10:11撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山してから一瞬晴れて、烏ヶ山の姿が見えました
撮影機材:

感想/記録

今年の夏は全国的にお天気が悪いです。
東京は8月に入って16日連続で雨が降るという状況。
その中で休暇予定にしている8月17日は西日本では晴れ間が期待できる一日でした。
このチャンスに、以前から登りたかった鳥取県の烏ヶ山(からすがせん)へ。

伯耆大山の南側にそびえる烏ヶ山(からすがせん)
標高は1448mとそれほど高くはないのですが、三角錐の切り立った頂上の山容が美しく、山陰のマッターホルンと呼ばれています。
山頂から眺める大山南壁の景色も素晴らしい、という話を聞いていました。

ところが、この山は2000年に発生した鳥取県西部地震で登山道の多くが崩落し、入山禁止に。昭文社の山と高原地図でも長期にわたり登山道は廃道扱いとなっていましたが、2016年7月に入山規制が解かれました。
しかし、2016年10月に鳥取県中部地震で烏ヶ山南稜の登山道が崩落し、登山道は付け替わっているものの、頂上に至る道のりはなかなかハードです。

ちなみに、2017年の6月頃に流れたサントリーの「奥大山の天然水」のCMで宇多田ヒカルが登っている山がこの烏ヶ山です。

神戸から登山口となる休暇村奥大山までは3時間ほど。
朝のうちが天気の良い予報だったので、早朝スタート。
計画では鏡ヶ成(かがみがなる)キャンプ場の登山口から登り、新小屋峠の登山口に下山する予定だったのですが、鏡ヶ成キャンプ場からのルートは通行止めとなっていました。
ということで、新小屋峠ルートのピストンで。

腰までの高さの熊笹をかき分けながら進みます。
前夜降った雨で熊笹の葉が濡れておりズボンがすぐにびしょしょに。また地面はぬかるんでおり、靴はドロドロに。
最初はブナ林を緩やかに登っていくのですが、標高を上げてくると急登も現れます。

新小屋分れから烏ヶ山頂上までは距離的には短いのですが、足場の悪い岩場を進んでいくため、慎重さが要求されます。
なかなかハードな登りで山頂に着いたのですが、あいにく小雨模様でガスがかかっており、大山南壁の雄大な姿を見ることができませんでした。残念。

登山口から山頂まで1時間半ほどなので、それほどきつくはありません。
しかし、長い間通止めになっていたこともあって、登山道の状態はよくありません。また、頂上直下は足場の悪い岩場が続き、急登も多いです。
初心者だけでの入山は控えたほうがよいと思います。

また天気が良いときにリベンジしたい。
ブナ林あるので、紅葉の時期もきれいでしょう。


訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ