また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1230704 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

堂ヶ森〜石鎚山

日程 2017年08月18日(金) 〜 2017年08月19日(土)
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
エアリアには保井野のバス停から登山口まで車道歩きとあり、その通りにした。しかし保井野バス停で我々を降ろしたバスはなおも山道を上がっていった。数分後じーさんを一人乗せて降りてきたのとすれ違った。上には集会所前というバス停があった。ここまで乗りゃあ良かった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間20分
休憩
10分
合計
4時間30分
Sスタート地点09:4010:30堂ヶ森登山口10:4014:10堂ヶ森避難小屋
2日目
山行
5時間10分
休憩
1時間40分
合計
6時間50分
愛媛大学山岳会 堂ヶ森避難小屋04:3005:30ニノ森05:4007:50石鎚山・弥山08:2008:30石鎚山08:5009:00石鎚山・弥山09:40夜明峠10:0010:50成就社11:1011:20山頂成就駅11:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線に出てから石鎚山のメジャールートに合するまでの間、踏まれてはいるが行程の三分の一くらいは笹(膝上、ひどい所は胸)に覆われて地表見えず、足で道を探る感じ。
関東の感覚だと日本百名山は立派過ぎる道が付いていて興ざめだったりもするが、ここは原始的で渋い。
朝露でべちょべちょ。夏で気温も高いことだし濡れるのを予想した上で敢えて雨具のズボンやスパッツは持たなかった(持っていてもどうせ濡れる)。ただ濡れたまま歩くと股ズレっぽくなってかぶれる。どうしようもない。
その他周辺情報伊予西条駅から10分くらい歩いて武丈の湯なる所に行く。400円、石鹸類別売。鈍川温泉の湯を持って来て入れてるらしい。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 堂ヶ森の避難小屋は銀マ、毛布、サンダルなどがあるので幕営装備は使わずに済んだ。利用料500円。好環境に大変感激したので雑巾掛けしてきた。長く使えるといいな。

写真

なんだこれ
2017年08月18日 11:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだこれ
こっちはたぶんアカヤマドリ。食えるらしいがあまり美味しそうに見えないので食ったことは無い。私のバカの大足は27センチ。
2017年08月18日 12:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちはたぶんアカヤマドリ。食えるらしいがあまり美味しそうに見えないので食ったことは無い。私のバカの大足は27センチ。
登り。無風でクソ暑い。うちわ必須。
2017年08月18日 12:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り。無風でクソ暑い。うちわ必須。
1
稜線間近の急登、ブナの巨木が点在。
2017年08月18日 13:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線間近の急登、ブナの巨木が点在。
稜線に出て面河ダムを見下ろす。今度は日差しがクソ熱い。
2017年08月18日 13:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出て面河ダムを見下ろす。今度は日差しがクソ熱い。
フウロソウ。多分イヨフウロとかいう四国固有種。
2017年08月18日 14:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウロソウ。多分イヨフウロとかいう四国固有種。
小屋は誰も来ないし虫も少ないのでみんな裸になってりして寛ぐ。それらの写真は挙げないことにする。私は甚平に着替えたので、そっちを小屋の写真の代わりとする。盆の帰省のついでに四国に来たので、普段着の甚平がザックに入ったままなのだ。今後山で甚平を着ることはもう無いだろう、と思ったが快適だったので持って行くこともあるかも知れない。
2017年08月18日 14:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は誰も来ないし虫も少ないのでみんな裸になってりして寛ぐ。それらの写真は挙げないことにする。私は甚平に着替えたので、そっちを小屋の写真の代わりとする。盆の帰省のついでに四国に来たので、普段着の甚平がザックに入ったままなのだ。今後山で甚平を着ることはもう無いだろう、と思ったが快適だったので持って行くこともあるかも知れない。
1
小屋は正面に鞍瀬の頭が五代ヶ森への尾根を従えて堂々たるロケーション。夜は天の川もばっちり。
2017年08月18日 15:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は正面に鞍瀬の頭が五代ヶ森への尾根を従えて堂々たるロケーション。夜は天の川もばっちり。
水場が無いと聞いていたので4リットル弱+ジュース1.5リットルを担いだのに、ちゃんと流れていた。アオダイショウのデカイ脱け殻があった。
2017年08月18日 15:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場が無いと聞いていたので4リットル弱+ジュース1.5リットルを担いだのに、ちゃんと流れていた。アオダイショウのデカイ脱け殻があった。
1
五代の別れから二の森と奥に岩黒山、筒上山(たぶん)。四国山地は初めてなので地図を見ないと同定できない。
2017年08月19日 05:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五代の別れから二の森と奥に岩黒山、筒上山(たぶん)。四国山地は初めてなので地図を見ないと同定できない。
二の森の先、写真を撮れた中では最も濃い籔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の森の先、写真を撮れた中では最も濃い籔。
基本的に稜線の南側をトラバース気味に来たが、石鎚手前で北側に移り成就からの道と合流。そこからの天狗岳。
2017年08月19日 07:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本的に稜線の南側をトラバース気味に来たが、石鎚手前で北側に移り成就からの道と合流。そこからの天狗岳。
弥山絶巓より振り返り見る来し方。なんか三国山脈に似てる。
2017年08月19日 08:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山絶巓より振り返り見る来し方。なんか三国山脈に似てる。
昭和32年ごろ、祖父もここでこんな写真を撮っている。
2017年08月19日 08:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和32年ごろ、祖父もここでこんな写真を撮っている。
1

感想/記録

初日:私は公務員試験に落ちて腹を下し、on,tm両氏は久しぶりの重荷と夜行バス疲れがたたる。ここに暑さが加わりしんどい。休憩多くとる。

2日目:最高の小屋で体力完全回復。朝の涼しいうちに快調に進む。快調なので石鎚山頂では油断してだらだらする。夜明峠で帰りのバスの時間が危ういことに気付き、成就社まで全力で走る。会心の走りだった。それにしても土佐で杣人見習いをやっているtc氏は学生時代より速くなった。

・今回は地下足袋で行ってみたがかなり具合が良かった。
・四国山地の山深さは地図を見て予想できていても、実際目にすると印象的だった。
・天気も数日前まで悪かったので景色があってよかった。ただ赤石山系の方が見えなかったことが残念。
・何度でも書くが堂ヶ森の避難小屋は素晴らしい。一人500円で極楽。管理している愛媛大山岳部さまさまである。利用者のレベルも高いのだろう(自賛)。
・石鎚山は有名な山なのにこのコースは適度にヤブがあって簡単すぎず、難しすぎず、絶妙な按配だった。四国の他の山はどうなのだろうか。涼しい時期に沢山登りたいものだ。
・堂ヶ森、鞍瀬の頭、西ノ冠岳はピークへの踏み跡はあったがスルーした。
・高瀑渓谷から登ってくる道の分岐は意識して探したわけではないが、さっぱり分からなかった。相当ヤブを漕ぐんではないだろうか。
訪問者数:202人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ