ヤマレコ

記録ID: 1233041 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

初めての南アルプス・鳳凰山テント泊後編・観音岳薬師岳

日程 2017年08月21日(月) [日帰り]
メンバー
 syd
天候 曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青木鉱泉(1日750円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
21分
合計
4時間49分
S鳳凰小屋06:0006:40鳳凰小屋分岐06:4407:10鳳凰山07:1507:41薬師岳07:5008:21御座石08:2409:48林道出合10:17中道ルート登山口10:49青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:59 スタート(0.00km) 05:59 - 山頂(1.38km) 07:18 - 山頂(2.34km) 07:43 - その他(7.11km) 10:18 - ゴール(9.58km) 10:56
コース状況/
危険箇所等
観音岳〜薬師岳の尾根道は砂。
中道はひたすら土の登山道が続く。危険箇所はないけど、泥で滑りやすい

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ダウンジャケット ズボン 靴下 グローブ 雨具(上下) ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPSウォッチ 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 サングラス タオル テント ストック カメラ シュラフ スリーピングマット ガスストーブ ガスカートリッジ ハイドレーション ヘルメット
備考 トレッキングポールが折れた

写真

鳳凰小屋から観音岳を目指す
2017年08月21日 06:17撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋から観音岳を目指す
1
木々の間からオベリスクが見えた
2017年08月21日 06:20撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間からオベリスクが見えた
尾根から見た北岳(だよね?)
2017年08月21日 06:43撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から見た北岳(だよね?)
1
きれいに咲いていた。
名前は知らない
2017年08月21日 06:46撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいに咲いていた。
名前は知らない
1
この砂が歩きにくい。
つま先で蹴り込むキックステップで歩いて行く
2017年08月21日 06:48撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この砂が歩きにくい。
つま先で蹴り込むキックステップで歩いて行く
振り返ると、昨日登った地蔵岳のオベリスクが見える
2017年08月21日 06:50撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、昨日登った地蔵岳のオベリスクが見える
1
絶壁!
2017年08月21日 06:51撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶壁!
こんな岩々もある
2017年08月21日 06:51撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩々もある
観音岳山頂が見えてきた
2017年08月21日 07:05撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂が見えてきた
観音岳山頂ちょい手前から見た八ヶ岳
2017年08月21日 07:08撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂ちょい手前から見た八ヶ岳
同じ場所から富士山
2017年08月21日 07:09撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ場所から富士山
1
観音岳山頂
2017年08月21日 07:11撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂
1
鳳凰三山共通のモニュメント
2017年08月21日 07:14撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山共通のモニュメント
1
三角点
2017年08月21日 07:16撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
自撮りった
2017年08月21日 07:17撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自撮りった
1
空が晴れてきてテンションが上がる。
なんとなく南アルプスっぽい風景
2017年08月21日 07:32撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が晴れてきてテンションが上がる。
なんとなく南アルプスっぽい風景
鳳凰三山最後の薬師岳
2017年08月21日 07:37撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山最後の薬師岳
2
薬師岳山頂のモニュメント
2017年08月21日 07:41撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂のモニュメント
1
自撮りった
2017年08月21日 07:41撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自撮りった
1
山頂からの飛行機雲
2017年08月21日 07:43撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの飛行機雲
中道登山道
2017年08月21日 07:57撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道登山道
御座石
2017年08月21日 08:26撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石
中道ルートはこんな感じが続く
2017年08月21日 09:26撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道ルートはこんな感じが続く
泥で滑っていたカエル君
2017年08月21日 10:06撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥で滑っていたカエル君
1
この廃墟が見えたら中道ルート登山口
2017年08月21日 10:17撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この廃墟が見えたら中道ルート登山口
林道を歩いて青木鉱泉に戻ります
2017年08月21日 10:19撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて青木鉱泉に戻ります
林道の右手に見えていた川。
南アルプスは水が豊富。
2017年08月21日 10:28撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の右手に見えていた川。
南アルプスは水が豊富。
ここを左に曲がって青木鉱泉
2017年08月21日 10:44撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左に曲がって青木鉱泉

感想/記録
by syd

6時に、鳳凰小屋前の沢で顔を洗って、エスケープルート?から観音岳を目指して登山開始。鳳凰小屋からは観音岳まで標高差約400m。ちょっと寒かったので、長袖のドライシャツを着ていたが、すぐに汗ばんでくる。昨日の分岐まで40分。稜線に出ると風が冷たくて心地よく、汗がすぐに引っ込んだ。天気が回復して、右手に北岳を見ながらゆっくり気持ちよくを歩く。分岐から30分ほどで本日の最高点・観音岳山頂(2841m)到着。岩上に登ると、西に北岳、北に八ヶ岳、東に富士山が見え眺めは最高。
関西から来た団体と一緒だったので、さっさと移動(タバコの臭いがしたのはまいった)。
南アルプスの展望を楽しみながら尾根を歩いて30分ほどで薬師岳(2780m)到着。これで昨日の地蔵岳と鳳凰三山登頂。
地蔵岳は誰もいなくて独り占め。
地蔵岳からの中道は、地獄の急降下が続く。僕は左膝の半月板がないため急な下りでは踏ん張りが効かないため苦手。登りより遅いんじゃないかというスピードで慎重に下山していく。
景色に変化がないため集中力も切れがち、驚くほどデカイ岩(下山後に御座石と判明)を過ぎた辺りで標高を確認するとまだ2400mぐらい、まだ400m弱しか下ってないことにショック!! 下り苦手だぁ。
「2000mまで下ったら休憩しよう」と思って歩き続ける。1900m代になったところで斜度が緩く少し開けた所に座れる丸太を見つけて休憩。気温が上がってきて暑くなったので上を脱いでTシャツだけになる。エナジーゼリー補給。
1700m過ぎまで同じようなペースで下っていって、1700mぐらいから今度は九十九折りが始まる。急降下よりは気持ち的に楽だが、この九十九折りが絶妙な加減で休めない。下っていて沢の音が聞こえてきて、もうすぐだと思って頑張る。
結果、中道ルートではまったく誰とも会わなかったんだけど人気がないのか? 月曜だとこんなものなのか?
中道ルートは景色の変化が少なくて楽しみが少ないので、周回ルートだったら下山に使ってもいいかな……って感じ。
木々の間から川が見えて、廃墟があって、中道ルート登山口に到着。右手に白い岩が眩しい川を見ながら、車を停めてある青木鉱泉まで30分ほど林道を歩いた。
訪問者数:199人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ