ヤマレコ

記録ID: 1235542 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

170821-24燕岳-蝶が岳縦走3日目 攻撃的な強風雨とザック増量のトレーニングDAY(常念小屋-常念岳-蝶槍-蝶が岳ヒュッテ)

日程 2017年08月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候ガス、強風、雨、晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間13分
休憩
11分
合計
8時間24分
S常念小屋07:0008:48常念岳08:5314:32蝶槍14:3714:44蝶ヶ岳三角点14:4514:53蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)15:24蝶ヶ岳ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

昨夜は、豪雨と突風でテントから出ることがほとんどできなかった。
かなりテントが軋んだけど、荒天を乗り越えて、
明け方は雨も止み、ちょっとだけ朝焼け。
2017年08月23日 05:17撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜は、豪雨と突風でテントから出ることがほとんどできなかった。
かなりテントが軋んだけど、荒天を乗り越えて、
明け方は雨も止み、ちょっとだけ朝焼け。
朝、視界が開けてたのは初めてだな。
予報では、今日から天気回復だったのだが、
今年の夏は、なかなか晴れない天気のようで、
今日の予報も二転三転しているようだ。
雨も覚悟で、常念岳への急登にとりつく。
2017年08月23日 07:18撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、視界が開けてたのは初めてだな。
予報では、今日から天気回復だったのだが、
今年の夏は、なかなか晴れない天気のようで、
今日の予報も二転三転しているようだ。
雨も覚悟で、常念岳への急登にとりつく。
この斜面を登りはじめたら、攻撃的な強風で、
重いザックを背負っているのに、身体が吹き飛ばされそうになるw。
風に阻まれなかなか前に進めず、途中から雨交じりになってきたり、
思ったより時間がかかった。
2017年08月23日 07:18撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面を登りはじめたら、攻撃的な強風で、
重いザックを背負っているのに、身体が吹き飛ばされそうになるw。
風に阻まれなかなか前に進めず、途中から雨交じりになってきたり、
思ったより時間がかかった。
三股への分岐。
昨日歩いてきた稜線が見える。
・・・けど、強風は容赦なしw
2017年08月23日 08:42撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股への分岐。
昨日歩いてきた稜線が見える。
・・・けど、強風は容赦なしw
なんとか常念岳山頂。
山頂の岩場は、風にあおられて足場が安定せず、
身体が浮いて飛ばされそうな感じで、そそくさと下の段まで逃げるw
ザックのフィッティングの関係かもしれないが、マジで危険を感じた(笑)
それとも3日目で、足腰に疲れが溜まってきてるのかもしれない?!
※動画はブログを
2017年08月23日 09:00撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか常念岳山頂。
山頂の岩場は、風にあおられて足場が安定せず、
身体が浮いて飛ばされそうな感じで、そそくさと下の段まで逃げるw
ザックのフィッティングの関係かもしれないが、マジで危険を感じた(笑)
それとも3日目で、足腰に疲れが溜まってきてるのかもしれない?!
※動画はブログを
長居はせずに、いよいよ蝶が岳方面に向かう。
2017年08月23日 09:06撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長居はせずに、いよいよ蝶が岳方面に向かう。
岩ゴツの斜面をあの稜線に向かって下りていく。
2017年08月23日 09:10撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ゴツの斜面をあの稜線に向かって下りていく。
少し下って振り返ってみた山頂。
思ったより猛々しい山頂だった。
2017年08月23日 09:15撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って振り返ってみた山頂。
思ったより猛々しい山頂だった。
風が強まってくる。
2017年08月23日 09:41撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強まってくる。
ほんとに吹き飛ばされそうだw

この先あたりで、相方にアクシデントがあり、荷物の一部を背負うことに。
ずっしりと背中が重くなる。気合だ!
常念小屋で水をたっぷり補給しなければよかった・・・!?w
あの遠くの尖っているピークが蝶槍!?
遠い。。。w 
2017年08月23日 09:56撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに吹き飛ばされそうだw

この先あたりで、相方にアクシデントがあり、荷物の一部を背負うことに。
ずっしりと背中が重くなる。気合だ!
常念小屋で水をたっぷり補給しなければよかった・・・!?w
あの遠くの尖っているピークが蝶槍!?
遠い。。。w 
岩稜帯を下りると、お花畑になり、林間コースになる。
コルまでどんどん下っていくと、蝶槍への急登が正面に見えてくる。
「これ登り返すの???」

林間は風が弱まるけど、木の根の登りは滑るし、
ザックが大きくなっているので、横枝などに引っかかって苦手。
このあたりから、カメラ、スマホも湿気にやられはじめ、
画像を撮る余裕もなくなり、ひたすら登り修行に入るw
2017年08月23日 12:48撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯を下りると、お花畑になり、林間コースになる。
コルまでどんどん下っていくと、蝶槍への急登が正面に見えてくる。
「これ登り返すの???」

林間は風が弱まるけど、木の根の登りは滑るし、
ザックが大きくなっているので、横枝などに引っかかって苦手。
このあたりから、カメラ、スマホも湿気にやられはじめ、
画像を撮る余裕もなくなり、ひたすら登り修行に入るw
やっと林間を抜けて、展望が開けたところ。
ピークはまだ先
2017年08月23日 14:13撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと林間を抜けて、展望が開けたところ。
ピークはまだ先
ふーふー言いながら、やっと蝶槍ピークへ到着。
このヒュッテまで1.6Kmという表示が、微妙な距離感で、なんとなく喜べない(笑)
2017年08月23日 14:31撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふーふー言いながら、やっと蝶槍ピークへ到着。
このヒュッテまで1.6Kmという表示が、微妙な距離感で、なんとなく喜べない(笑)
夜にちょっとだけカメラが回復したので、夜景を撮影。
穂高、安曇野方面かな?
これが今回のコンデジで撮影できた最後の画像。
翌日は、動いてくれなかったw。
2017年08月23日 19:53撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜にちょっとだけカメラが回復したので、夜景を撮影。
穂高、安曇野方面かな?
これが今回のコンデジで撮影できた最後の画像。
翌日は、動いてくれなかったw。

感想/記録

昨夜は、豪雨と突風でテントから出ることがほとんどできなかった。
服もテント内も濡れているので、ソックスを干したり、
身体を冷やさないように重ね着したりで、荒天が過ぎ去るのをじっと待つ。

常念小屋のテン場は、ドコモの電波がバッチリで、
他にすることもないので、久々にオンライン。
天気予報を調べたり、ちょっとSNSに書き込みしたりしているうちに熟睡へw。

かなりテントが軋んだけど、荒天を乗り越えて、
明け方は雨も止み、ちょっとだけ朝焼け。

予報では、今日から天気回復だったのだが、
今年の夏は、なかなか晴れない天気のようで、
今日の予報も二転三転しているようだ。
雨も覚悟で、常念岳への急登にとりつく。

常念岳下山中に、相方にアクシデントがあり、荷物の一部を背負うことに。
ずっしりと背中が重くなる。
常念小屋で水をたっぷり補給しなければよかった・・・!?w
ここから、トレーニング修行の歩きとなる。
蝶槍の急斜面は、きつい修行だった(笑)

結局、蝶槍から1時間弱で、蝶が岳ヒュッテに到着。
到着時刻15:30.
予定より2.5-3時間遅れ。
天候も含め、このコースはきつかった〜。

この後、設営中にちょっとだけテントのそばを離れたら、突風でテントを飛ばされ、
まさか蝶が岳でテントを追っかけて、
疲労中の身体でダッシュすることになると思わなかった(笑)
テントを無事確保できてよかった。
四隅をペグ止めしていたけど、張り綱が張られていないと一気に風にもっていかれた。
テント設営時は、作業を始めたら自分の設営が完全に完了しないうちに、
他者の手伝いや現場を離れたりしてはいけないと再確認。
赤子泣いてもフタとるなと同じw

明朝に天候回復を期待して就寝。

※ブログ
http://yamanoyeahman.hatenablog.com/entry/2017/08/29/122121
訪問者数:70人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ