また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1236471 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北海道

風不死岳〜楓沢

日程 2017年08月26日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ一時雷と雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
8分
合計
6時間22分
Sスタート地点07:4508:09風不死岳(北尾根ルート)登山口10:12風不死岳10:1610:20ニセピーク10:47963mコブ11:04砂れきのコル11:0711:32風不死岳方向分岐11:3313:24楓沢14:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

楓沢の入り口の駐車場 ここは十分駐車スペースがあります
2017年08月26日 07:38撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楓沢の入り口の駐車場 ここは十分駐車スペースがあります
風不死岳登山口とポスト
2017年08月26日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風不死岳登山口とポスト
風不死岳登山口から10分ほど歩くと北尾根コースの看板に出会う
2017年08月26日 08:25撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風不死岳登山口から10分ほど歩くと北尾根コースの看板に出会う
三合目の標識
2017年08月26日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目の標識
三合目を過ぎると景色が見えて登山意欲がでてくる
2017年08月26日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目を過ぎると景色が見えて登山意欲がでてくる
だんだん視界が開けてきて今日の登山は天気も良く
気持ちがいい・・・風が少しあった
2017年08月26日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん視界が開けてきて今日の登山は天気も良く
気持ちがいい・・・風が少しあった
4合目付近からの展望
2017年08月26日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目付近からの展望
六合目を過ぎるとさらに視界が開けてきた
2017年08月26日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目を過ぎるとさらに視界が開けてきた
1
恵庭岳をズームアップ
2017年08月26日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳をズームアップ
いよいよ九合目・・・ここまでくると元気が出てくるわ
2017年08月26日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ九合目・・・ここまでくると元気が出てくるわ
頂上近くから後ろを振り返って撮影
2017年08月26日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上近くから後ろを振り返って撮影
1
最後のがれば・・・左側は断崖絶壁 いつもながら慎重に登る
2017年08月26日 09:57撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のがれば・・・左側は断崖絶壁 いつもながら慎重に登る
頂上を目の前にして樽前山を撮影
2017年08月26日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を目の前にして樽前山を撮影
1
頂上からの展望
2017年08月26日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの展望
2
頂上からの展望
2017年08月26日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの展望
1
恵庭岳ズームアップ・・・正面の反対側が冬季オリンピックの場所だった
2017年08月26日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳ズームアップ・・・正面の反対側が冬季オリンピックの場所だった
風不死岳から下山したら、樽前側からの登山口に出る
以前は標識があったが今はなくなっていた
2017年08月26日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風不死岳から下山したら、樽前側からの登山口に出る
以前は標識があったが今はなくなっていた
この辺から高山植物白玉の群生が現れる
2017年08月26日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から高山植物白玉の群生が現れる
高山植物・・・樽前は今が旬
2017年08月26日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物・・・樽前は今が旬
樽前をバックにくつろぐ岳人
2017年08月26日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前をバックにくつろぐ岳人
この辺から左に曲がると楓沢につながる道がある
2017年08月26日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から左に曲がると楓沢につながる道がある
さらに進むとだんだんと苔が見えてきた
2017年08月26日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むとだんだんと苔が見えてきた
1
苔の洞門の始まり・・・綺麗だ
2017年08月26日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の洞門の始まり・・・綺麗だ
2
涼しげでした
2017年08月26日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しげでした
苔の洞門・・この先どんどん見事な苔が見えてきた
2017年08月26日 12:38撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の洞門・・この先どんどん見事な苔が見えてきた
1
撮影機材:

感想/記録

楓沢が巻き道で通れるとの事で早速 風不死岳から登り楓沢に登り始めるも、期待した楓沢はF1.F2を巻いてしまうと折角のコケと迫力のある岩場の景色が見ることができずガッカリ ハーネスとロープ一式を持ってくるべきだった 10年前に3回ほど楓沢を下ったことがあるが、
当初のまま殆ど変わってない事にホッとした 途中楓沢の巻き道を探してる時に物凄い雷音とその後の雨で、すぐに雨具を着込み危うく濡れるところだった 今回は様子見登山ということにして、次回は懸垂下降の道具一式を持ち 迫力ある岩場と苔の美しさをカメラに撮ってヤマレコへ投稿したい
訪問者数:199人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

懸垂下降 巻き道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ