また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1241896 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳登頂 でも表銀座縦走は撤退…

日程 2017年08月29日(火) 〜 2017年08月30日(水)
メンバー , その他メンバー1人
天候8月29日曇り時々晴れ 30日雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
自家用車は穂高駅前駐車場に止め置き 午前5時前で3割程度
一ノ沢登山口へはタクシーにて(片道5000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間40分
休憩
2時間29分
合計
9時間9分
S一ノ沢登山口05:4605:58山ノ神05:5906:46王滝ベンチ06:5207:57笠原沢08:59最終水場09:1610:16常念小屋11:4813:15常念岳13:4814:55常念小屋
2日目
山行
3時間33分
休憩
31分
合計
4時間4分
常念小屋06:3607:13最終水場07:2908:21笠原沢08:53烏帽子沢09:0709:32王滝ベンチ09:3310:26山ノ神10:40一ノ沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一ノ沢登山道は特に危険な個所はなし。
所々崩れが見られるも、注意すれは問題ない。

常念乗越から常念岳へはガレ場が続く。
雨の日は怖いと思う。
その他周辺情報常念からの下山時、一ノ沢登山口にはタクシーがいないので、常念小屋にて時間指定で予約をお願いする。(大抵は4〜5時間見るとのこと)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール

写真

一眼レフを自家用車に忘れてきたことを思い出すもすでに遅し。サブカメラでお話好きなタクシーの運転手さんに撮影してもらって、いざ出発!
2017年08月29日 05:22撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一眼レフを自家用車に忘れてきたことを思い出すもすでに遅し。サブカメラでお話好きなタクシーの運転手さんに撮影してもらって、いざ出発!
3
山の神に到着。今回の登山の無事を祈ります。
2017年08月29日 06:01撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神に到着。今回の登山の無事を祈ります。
1
こんな橋が現れるころ、登山道にもぬかるみが増えてくる
2017年08月29日 06:10撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな橋が現れるころ、登山道にもぬかるみが増えてくる
沢沿いの道をテクテク。。。
2017年08月29日 06:23撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道をテクテク。。。
今回導入したハイドレーションが大活躍!!
2017年08月29日 06:23撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回導入したハイドレーションが大活躍!!
1
またまたこんな橋。沢沿いの涼しい風が幸せ♪
2017年08月29日 06:45撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたこんな橋。沢沿いの涼しい風が幸せ♪
大滝ベンチに到着。
2017年08月29日 06:51撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝ベンチに到着。
笠原沢〜
このあたりから左ひざに違和感が…
2017年08月29日 07:58撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠原沢〜
このあたりから左ひざに違和感が…
胸突八丁。膝の違和感が痛みに変わり。。。
2017年08月29日 08:36撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突八丁。膝の違和感が痛みに変わり。。。
1
最終水場到着。常念小屋のコップが置いてあり、おいしい水をいただきました。
2017年08月29日 09:03撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場到着。常念小屋のコップが置いてあり、おいしい水をいただきました。
痛みと疲れでヘロヘロ
2017年08月29日 09:03撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛みと疲れでヘロヘロ
1
常念岳が見えてきた〜
2017年08月29日 10:08撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳が見えてきた〜
1
常念乗越まであと少し!
2017年08月29日 10:08撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念乗越まであと少し!
常念乗越到着!常念小屋の屋根もチラリ
2017年08月29日 10:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念乗越到着!常念小屋の屋根もチラリ
3
常念山頂は雲の中。。。
2017年08月29日 10:13撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山頂は雲の中。。。
1
常念小屋と槍方面。だけど槍は雲の中…
2017年08月29日 10:14撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋と槍方面。だけど槍は雲の中…
常念岳へは。。。なんかキツそうだぞ…
2017年08月29日 10:35撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳へは。。。なんかキツそうだぞ…
明日行く予定の大天井岳方面も見える
2017年08月29日 10:35撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日行く予定の大天井岳方面も見える
1
おっ 雲が切れそうだ♪
2017年08月29日 10:41撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ 雲が切れそうだ♪
出た〜
ついに槍さまが姿を見せてくれました!
2017年08月29日 11:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た〜
ついに槍さまが姿を見せてくれました!
1
尖がってるな〜
来年はあの頂に立ちたいな
2017年08月29日 11:06撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖がってるな〜
来年はあの頂に立ちたいな
3
常念へ登る途中で振り返ると、常念小屋があんなに小さい
2017年08月29日 12:42撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念へ登る途中で振り返ると、常念小屋があんなに小さい
2
ガレ場を登り続けて。。。
2017年08月29日 13:06撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を登り続けて。。。
1
三股への分岐に到着したころには、左ひざをかばい過ぎて右ひざにも痛みが。。。
2017年08月29日 13:07撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三股への分岐に到着したころには、左ひざをかばい過ぎて右ひざにも痛みが。。。
1
そんなこんなでなんとか常念岳登頂!
2017年08月29日 13:22撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなでなんとか常念岳登頂!
3
山頂は思いのほか狭くて相方の写真を撮るのも怖かった…
2017年08月29日 13:22撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は思いのほか狭くて相方の写真を撮るのも怖かった…
3
そんなところでスマホをいじってると岩の隙間に落としますよ!
2017年08月29日 13:28撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなところでスマホをいじってると岩の隙間に落としますよ!
山頂からの表銀座方面。明日、行ける自信がなくなってきた。
2017年08月29日 13:28撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの表銀座方面。明日、行ける自信がなくなってきた。
雨と膝の痛みが限界に…
写真を撮る余裕もなく、下山時唯一の一枚(笑
2017年08月30日 09:00撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨と膝の痛みが限界に…
写真を撮る余裕もなく、下山時唯一の一枚(笑
3
撮影機材:

感想/記録

昨年は相方の体の都合で登山はお預け。
2年ぶりの登山、表銀座〜常念コースと槍が岳どちらに行くか迷いましたが
この一年のブランクと運動不足を考えて、常念〜大天井〜燕岳の縦走コースに決定。

前夜、仕事後に自宅を出発し穂高駅近くの大人のホテルで前泊。
朝5時に南安タクシーを予約して、穂高駅前駐車場に自家用車をデポ、一ノ沢登山口へと向かいます。
ところがもう少しで到着!というときに自家用車に一眼レフを忘れてきたことを思い出しましたが後の祭り。やむなく小さなデジカメでの撮影となりました(笑

登山口から一ノ沢沿いの道をテクテク。
樹林帯の中なので蒸し暑く、展望もないので意外と長く感じるな。というのが正直な感想。

今回導入した新兵器「ハイドレーション」「ガーミンのGPS」が活躍してくれます。

ところが王滝ベンチを過ぎたころから左の膝に違和感を感じ始めて少しずつペースダウンしていきます。
笠原沢に着くころには左膝外側のはっきりとした痛みが走るようになり、かばいながら胸突八丁へと突入。
もともと苦手な階段と急な登りが続き、膝は悲鳴を上げています。
そんなころに最終水場にやっと到着。
常念小屋の方がコップを置いてくださっているので、ありがたくおいしい水をいただきました。
小休止の後、最後の登りをなんとか越えて今夜のお宿「常念小屋」に到着、チェックインしました。ちょっと早めでしたが、11時からオープンの食堂でお昼に味噌ラーメンをいただいて元気復活!膝にテーピングをして常念岳山頂を目指して出発します。

しかし、痛みはいかんともしようがなく、負担がかかった右膝まで痛くなる始末。
こんな状態でよくあのガレ場を登ったなぁ。と下山後に思うのでした。

さておき、常念小屋からはガレた急登が続きますので足元を注意したがら慎重に進みます。
常念小屋が小さく見えるようになるころ、常念山頂と見間違いがちな8合目辺り?をやっと通過。本物の常念岳山頂が見えてきました。

ヘロヘロになりながらやっとの思いで常念岳山頂を征服!
思いのほか狭い山頂で、高所恐怖症気味の私にはたまらない場所。
岩と岩の間に座り込んで写真撮影してました(笑)

そんなこんなで1日目の行程を終了し、常念小屋でハンバーグの夕食を頂きあっという間に夢の中。
しかし、深夜?早朝?には雨の音が小屋を包みます。

4時半に起床し、朝食を頂くときには小屋は雨と霧に包まれ…
この天気、この膝で大天井を越えて燕岳まで行く自信をなくしてしまい
悔しいけれど今回は下山することにしました。
小屋で帰りのタクシーを予約してもらい、カッパを着て出発。

下りは雨と痛みで写真を撮る余裕もなく、烏帽子沢でカッパを脱いだときの1枚のみ(笑)

まさか、古傷にここまで痛めつけられるとは思っていなかったので、次回はしっかりとサポーターをしていこうと反省しているのでした。

でも、やっぱり山っていいですよね〜♪
訪問者数:346人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ