また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 124559 全員に公開 沢登り 丹沢

中津川水系 滝ノ沢(撤退★)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2011年08月01日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

駐車スペース9:25-
宮ケ瀬湖南岸林道-
滝ノ沢東部の無名沢-
F1-2段14m直登-
撤退-
11:30駐車スペース
コース状況/
危険箇所等
★後日判明したことですが、15号橋も含め立入禁止看板がある箇所を含め
湖畔の立ち入りは禁止で、言葉だけではなくパトロール隊に検挙されてしまうよう
です。したがって湖畔からのアプローチはしないでください。
記録は事実確認前のものですのでご容赦ください。

注意散漫でうっかり一本手前の沢を滝ノ沢と思って
すぐにある2段14m(10+4)は流芯左から取り付き
流芯沿いに直登する。
下段10m滝の落ち口が核心で、右側のホールドは浮いており
流れの左のホールドで上がる。(卦+)
上段4mは容易で、上部の木を確保点とする。

滝ノ沢へはこの滝のある沢を越し
タンガン(金属階段)のある径路を約5分歩けば
眼下にしっかりした深い谷が出てくる。
そこまでの途上、金属階段は一部土砂に埋まったり
落石により曲がったりしているが何とか歩けた。

雨後のため橋を渡った径路にはヤマビルが「おいで〜おいで〜」。
まるでムーミン谷のニョキニョキ状態。
虫除けスプレーを靴に満遍なくかけていたにも関わらず
わずか5分で10匹以上にまとわりつかれた。
さすがに宮ケ瀬はやつらの原生域だけある。
ファイル 20110801takinosawa.xls (更新時刻:2011/07/31 20:35)
過去天気図(気象庁) 2011年08月の天気図 [pdf]

写真

宮ケ瀬湖南岸林道に入る
2011年08月01日 09:20撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ケ瀬湖南岸林道に入る
正面が滝ノ沢(地図では境沢となっている)
2011年08月01日 09:22撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が滝ノ沢(地図では境沢となっている)
橋を渡り右の作業径路へ
2011年08月01日 09:25撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡り右の作業径路へ
最初に出会った沢に立派な滝が架かっていたので最初これを滝ノ沢と勘違いしてしまう
2011年08月01日 09:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に出会った沢に立派な滝が架かっていたので最初これを滝ノ沢と勘違いしてしまう
何だかんだ言って2段14m滝を直登する
アンカーもリスもないのでフリーソロだ。
水に浸かってビレイするmarinechan。そこから出ちゃうとヒルの餌食!!
2011年08月01日 09:43撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だかんだ言って2段14m滝を直登する
アンカーもリスもないのでフリーソロだ。
水に浸かってビレイするmarinechan。そこから出ちゃうとヒルの餌食!!
2段14mの上段4m
左から容易に抜けられる
2011年08月01日 09:43撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段14mの上段4m
左から容易に抜けられる
滝を登ると沢は二俣。おかしい。沢の方向も、あるはずがない二俣も。ここで「あ、一本手前の短い沢だ」と気づく。大間抜け。
2011年08月01日 10:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を登ると沢は二俣。おかしい。沢の方向も、あるはずがない二俣も。ここで「あ、一本手前の短い沢だ」と気づく。大間抜け。
左の尾根からヒルに怯えながら下降し、今登った2段14m滝を振り返る。
2011年08月01日 10:18撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の尾根からヒルに怯えながら下降し、今登った2段14m滝を振り返る。
滝ノ沢の偵察に金属階段のつづく径路を行ってみる。
2011年08月01日 10:18撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ノ沢の偵察に金属階段のつづく径路を行ってみる。
約5分で眼下に滝ノ沢が見えた。
ここまでの短い間に10匹以上のヒルが靴にまとわりついていた。もう今日はヤメだぁ〜。
2011年08月01日 10:28撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約5分で眼下に滝ノ沢が見えた。
ここまでの短い間に10匹以上のヒルが靴にまとわりついていた。もう今日はヤメだぁ〜。
ナイスムーブ!
2011年08月01日 10:51撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイスムーブ!
キンカンで悶絶(かわいそう)
2011年08月01日 10:55撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンカンで悶絶(かわいそう)

感想/記録
by kamog

宮ケ瀬湖に流れ込む沢で最近スポットを浴びているのは
二十女ケ沢(はたちがさわ)。
その西部の滝ノ沢(地図には境沢とある)も
昭和40年代に出版された『丹沢の山と谷』にも記載があり
なかなか良い沢らしい。
詰めの鍋嵐(なべわらし817m)は以前登ったことがあるが
なかなか渋い山であった。
一般登山道のないこの宮ケ瀬湖の半島は
人もいない分、クマの目撃情報も多い。

marinechanはクマ鈴を買ってきて準備怠りない。
でも小田急線内の隣のおばさんの香水にすっかり電車酔いしてしまったと不調。

宮ケ瀬湖畔を県道70号線に入り
転回用スペースの端っこに車を邪魔にならないよう駐車させてもらう。

湖岸林道に行く橋を渡るにはゲートを乗り越す。
橋を渡ってすぐ右に伸びる作業経路へ入るとすぐに沢が出てきた。
いきなり2段14m(10+4)滝。
この滝を見てすっかりここが滝ノ沢と疑いもせず。
ただ沢床に降りる短い間にも
「おぉ!来た、来たよぉ〜お食事が」
と、まるでムーミン谷のニョキニョキのように
やつらが食指を伸ばし背伸びしている。
先々週のキュウハ沢では日干しのせいかせいぜい2-3匹しか見ていなかったのか
この光景にmarinechanはすっかり血が引いてしまった。

「じゃ、この滝登ってから考えよう」とビレイをお願いする。
といってもこの滝には残置もリスもないので
ただロープを引くだけのフリーソロだ。
見たとおり下段10mの落ち口が核心部。
一見しっかりしているように見える右手の岩は明らかに浮いているので使えず。
流芯左の奥カチをホールドにして身体を引き上げる。
卦+くらいで滝登りとしてはちょうどよい感じだった。
上段4mは左を容易に登り、さらに5m上の灌木でビレイ。
正面は水なくガレ?アレッと眺めると水のある本流は右から来ている。
「二俣?」
地形図を再度眺めても、滝ノ沢の出合に二俣状は認められない。
コンパスを振る。ちょっと東に傾きすぎだ。
「しまった・・・こりゃ一本手前の短い沢だ」
滝にすっかり心を奪われ足元を見失っていた。

marinechanは電車酔いと多量のヒルのWパンチで完全に戦意喪失状態。
「まぁまた今度来ればいいよ」とあっさり撤退と決める。
安全圏?に彼女を避難?させ、正しい滝ノ沢を見に行く。
一部土砂に埋もれたり曲がったりした金属階段の径路を5分も行けば
眼下に深い谷が確認された。
しかし、その5分もの短い間に10匹以上のヤツラが靴にまとわりついている。
結構な量の虫除けスプレーにも関わらず。
やはりヤツラの原生域、宮ケ瀬だ。
まぁここのところ雨模様であったので活発化するのは仕方ないところ。
このエリアは冬から春、深秋が適季だね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2185人

コメント

ゲスト
ヒル
ヒル凄いっすね。。。
今年、東丹沢はキュウハ沢に行きたいのですが晴天続きの後でしたら大丈夫でしょうか?
2011/8/2 7:44
キュウハは
2週間前行きましたが、カラカラ天気のあとだったせいか、虫除けスプレーを事前に塗っておいたら数匹付いただけでした。でも湿っていたら相当いますよ。
2011/8/2 23:33
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ