また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1250708 全員に公開 沢登り六甲・摩耶・有馬

伝説の「風穴」 in 寒滝&落差㊙80m ウォータースライダー滝?

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天上寺 近くの林道に2〜3台駐車可 近くに有料1日500円のデカい駐車場もあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
1時間32分
合計
4時間38分
Sオテル・ド・摩耶 ジャグジー11:2311:30摩耶石舞台11:3512:54寒滝13:3514:20木の袋滝14:5014:53.船腑奪ストーン滝14:5514:59▲船腑奪ストーン滝15:0315:11シルバー滝二股15:1515:32ウォータースライダー滝15:3715:54㊙の下水管15:5515:57オテル・ド・摩耶 ジャグジー16:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
古い六甲の本に・・・「寒谷滝の中途にある風穴は布引滝まで通じていると云われている」と、書かれています。
しかし、誰もがそれを身近で確認していません。垂直気味(一部ハング)な滝なので、下から登るのはほぼ不可能です。(中段までならば残置ハーケンもありますので、経験者さんなら登れます)

思うに・・・少し離れたハイキング道から見える、穴のような岩の窪みが大きな「風穴」として都市伝説化?してしまったのではないでしょうか?

うーん・・・寒滝は過去に数回も懸垂下降をしていますが、かなり滑りますので、「風穴」の確認は、今までする余裕がありませんでした。
「寒滝」は、一般道から見られます。しかし、下からじっくりと見上げたら、そんな「穴」は確認できません。滝に窪みがあるだけで、風が出てきている様子も ありません。

なのに、多くの方々が、「風穴伝説」を信じ込んでおられます。

なので、今回はじっくりと、その布引まで通じているとの伝説の風穴を探してみたいと思い、「探検?」に出かけました(^^)/。

それと、木ノ袋谷を詰め上げて、㊙シルバーに輝く落差80m、長さ100m超えのウォータースライダー大滝の秘密も暴きます(^^)/
※ 木の袋谷はMuscleTurtleさんのレコを参考にさせていただきました。

「風穴探し」はネット上では、本邦初公開?かな?と思います。お楽しみに(^_-)-☆
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30m 10m ロープ スリング ハーネス 8環 沢靴 チェーンスパイク ヘルメット アッセンダー等。沢スタイル

写真

のびー 今日は「探検です」
2017年09月09日 11:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のびー 今日は「探検です」
9
夏っぽい風景 なんの花?
2017年09月09日 11:25撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏っぽい風景 なんの花?
2
視界はイマイチ。
2017年09月09日 11:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界はイマイチ。
3
摩耶石舞台。掬星台より静かですよ。
2017年09月09日 11:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩耶石舞台。掬星台より静かですよ。
1
寒滝谷に入ろうと藪を漕いだら、不法投棄・・・何千個あるかも? 悲しいなぁ(*_*;
2017年09月09日 11:45撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒滝谷に入ろうと藪を漕いだら、不法投棄・・・何千個あるかも? 悲しいなぁ(*_*;
3
藪漕いだら、ちょっとらくちんな森を下降します。
2017年09月09日 11:48撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕いだら、ちょっとらくちんな森を下降します。
1
しかし、この木にまたも やられました💦 強烈な針ですよ。ハリギリと言う名前だそうです。
2017年09月09日 11:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、この木にまたも やられました💦 強烈な針ですよ。ハリギリと言う名前だそうです。
6
今秋、初入荷 「どんぐり!」
2017年09月09日 12:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今秋、初入荷 「どんぐり!」
5
枯れ木を掴んで、バランスを崩して堕ちかけました・・・💦 💦 ココ、生木のような枯れ木が多いので注意してくださいね。
2017年09月09日 12:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木を掴んで、バランスを崩して堕ちかけました・・・💦 💦 ココ、生木のような枯れ木が多いので注意してくださいね。
5
小滝をクライムダウン
2017年09月09日 12:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝をクライムダウン
2
チョックストーン滝の穴。 巻かずに入っちゃえ(^^)/
2017年09月09日 12:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン滝の穴。 巻かずに入っちゃえ(^^)/
3
あらら・・・出れるかなぁ?
2017年09月09日 12:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらら・・・出れるかなぁ?
こんな感じでした。
2017年09月09日 12:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じでした。
4
本日のランチ。これだけですぅ。塩羊羹の気持ち。
2017年09月09日 12:29撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のランチ。これだけですぅ。塩羊羹の気持ち。
2
巻くの面倒なので 飛び降りました。
2017年09月09日 12:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻くの面倒なので 飛び降りました。
2
ナメ滝クライムダウン。滝よりダムが多いですぅ( ;∀;)
2017年09月09日 12:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝クライムダウン。滝よりダムが多いですぅ( ;∀;)
6
やっとこさ 寒滝(25m)の滝口に着きました。
2017年09月09日 13:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさ 寒滝(25m)の滝口に着きました。
1
今日こそは、「伝説の風穴」の謎を解きます。
2017年09月09日 13:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日こそは、「伝説の風穴」の謎を解きます。
2
窪みはあるけれど、風穴は見当たりません。この苔?をどけてみましたら・・・
2017年09月09日 13:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪みはあるけれど、風穴は見当たりません。この苔?をどけてみましたら・・・
3
やったぁ! 伝説の風穴を見つけましたぁ!!!!!!!(ちっちゃ)
2017年09月09日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったぁ! 伝説の風穴を見つけましたぁ!!!!!!!(ちっちゃ)
10
全然、風が吹いてきません。風穴なら冷たい風が吹いてくるはずなのに・・・
2017年09月09日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全然、風が吹いてきません。風穴なら冷たい風が吹いてくるはずなのに・・・
3
フラッシュ焚いて撮影したら、なんだか奥が詰まっているみたいです💦
ううう。数キロmも離れた布引の滝と通じていると言うのは、やっぱり都市伝説でしたっ( ;∀;)
2017年09月09日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フラッシュ焚いて撮影したら、なんだか奥が詰まっているみたいです💦
ううう。数キロmも離れた布引の滝と通じていると言うのは、やっぱり都市伝説でしたっ( ;∀;)
10
がっかり・・・して また懸垂下降します。
2017年09月09日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がっかり・・・して また懸垂下降します。
2
遠目に見たら デカい穴のように見えますが・・・
2017年09月09日 13:15撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠目に見たら デカい穴のように見えますが・・・
4
「風穴」の夢は、飛んじゃいました・・・
2017年09月09日 13:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「風穴」の夢は、飛んじゃいました・・・
8
寒滝は、25mの2段滝。中段までは登攀できますが、その上は無理ですね。岩が脆いのとちょっぴりハングってます。
2017年09月09日 13:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒滝は、25mの2段滝。中段までは登攀できますが、その上は無理ですね。岩が脆いのとちょっぴりハングってます。
3
窪みが、人の顔にも見えますね・・・
2017年09月09日 13:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪みが、人の顔にも見えますね・・・
6
さて、次なる「探検」に木ノ袋谷を詰めていきます。
2017年09月09日 13:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次なる「探検」に木ノ袋谷を詰めていきます。
しかし、ここもダムダムの連続。
2017年09月09日 13:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、ここもダムダムの連続。
2
おっ、誰か気の利く人がおられますね。水抜き穴に枝を突っ込んで 階段にしてくれていました(^^♪
2017年09月09日 13:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、誰か気の利く人がおられますね。水抜き穴に枝を突っ込んで 階段にしてくれていました(^^♪
5
って、バキっ! ドーン。なんでやねん! 落ちちゃいましたよ。痛てぇ・・・って、木は腐りますものね。
2017年09月09日 13:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
って、バキっ! ドーン。なんでやねん! 落ちちゃいましたよ。痛てぇ・・・って、木は腐りますものね。
7
自転車のタイヤと切れそうなロープよりも、天然の立木を曲げて 降りました。
2017年09月09日 14:08撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車のタイヤと切れそうなロープよりも、天然の立木を曲げて 降りました。
4
出たっ。木ノ袋滝。
右岸の壁が崩壊していました。数年前はコレを登攀しましたが、本日の体調では無理。(なんかフラフラしています)
2017年09月09日 14:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出たっ。木ノ袋滝。
右岸の壁が崩壊していました。数年前はコレを登攀しましたが、本日の体調では無理。(なんかフラフラしています)
1
おまけに、超ヌルヌル。
2017年09月09日 14:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけに、超ヌルヌル。
3
最初、大高巻ルート失敗💦 懸垂で降りました。二度目で滝沿いに小さく巻くと、登れましたが、ちょいと面倒でした💦
2017年09月09日 14:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初、大高巻ルート失敗💦 懸垂で降りました。二度目で滝沿いに小さく巻くと、登れましたが、ちょいと面倒でした💦
1
木ノ袋谷滝口です。
2017年09月09日 14:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ袋谷滝口です。
1
チョックストーン滝
2017年09月09日 14:52撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン滝
1
投げ縄狙いで、直登狙いましたが、無理でした・・・左岸のバンドを上がりました。本日本当に熱っぽく 仕事のだるさが抜けてません。
2017年09月09日 14:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
投げ縄狙いで、直登狙いましたが、無理でした・・・左岸のバンドを上がりました。本日本当に熱っぽく 仕事のだるさが抜けてません。
2
チョックストーン滝
2017年09月09日 14:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン滝
1
コレは、登れんぞぉ・・・💦💦💦 Mさん、登ったのか・・・ヤバイなコレ。
2017年09月09日 14:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレは、登れんぞぉ・・・💦💦💦 Mさん、登ったのか・・・ヤバイなコレ。
2
両岸90°で立ってます。空が狭いですっ。
2017年09月09日 14:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両岸90°で立ってます。空が狭いですっ。
4
振り返ると、超V字渓谷。 六甲でも、こーゆー所があるのですよー(^^)/
2017年09月09日 15:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、超V字渓谷。 六甲でも、こーゆー所があるのですよー(^^)/
10
ココは、左岸のいやらしい高巻でした。途中まで怪しい超古いトラロープがありますが、その先の急斜面には、何もありません。秘儀「四つん這いハイハイ」を駆使しました。
2017年09月09日 15:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココは、左岸のいやらしい高巻でした。途中まで怪しい超古いトラロープがありますが、その先の急斜面には、何もありません。秘儀「四つん這いハイハイ」を駆使しました。
2
なんとかゴルジュを高巻いて、谷に復帰。
さて、噂の「シルバー滝」が見えてきましたよ。
2017年09月09日 15:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかゴルジュを高巻いて、谷に復帰。
さて、噂の「シルバー滝」が見えてきましたよ。
4
木の袋谷本流は、もう水はありませんが、このシルバー滝は、特に土日祝やお盆や正月などにキラリとシルバーに輝くという、伝説?があります。今日は土曜日ですから光ってますね(^^)/
2017年09月09日 15:19撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の袋谷本流は、もう水はありませんが、このシルバー滝は、特に土日祝やお盆や正月などにキラリとシルバーに輝くという、伝説?があります。今日は土曜日ですから光ってますね(^^)/
4
更に、奥に行くと またまたシルバー滝がっ!
2017年09月09日 15:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に、奥に行くと またまたシルバー滝がっ!
1
うーん・・・コレ、かなりの落差がありますねぇ・・・
2017年09月09日 15:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん・・・コレ、かなりの落差がありますねぇ・・・
5
このルートで 行ってみるかぁ?
2017年09月09日 15:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートで 行ってみるかぁ?
2
あああ、逆層な上に岩が脆い。クライムダウンします。
2017年09月09日 15:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あああ、逆層な上に岩が脆い。クライムダウンします。
1
謎の物体。うーん・・・匂いますよ。
2017年09月09日 15:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の物体。うーん・・・匂いますよ。
2
しかし、どこまで高巻しても、滝は続きます。
2017年09月09日 15:47撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、どこまで高巻しても、滝は続きます。
3
なんと落差80mの超ロングウォータースライダーになっていましたっ(''Д'')
2017年09月09日 15:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと落差80mの超ロングウォータースライダーになっていましたっ(''Д'')
1
ああっ! やっぱし!
写真ブレてますが、水脈を発見!
2017年09月09日 15:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああっ! やっぱし!
写真ブレてますが、水脈を発見!
2
地下パイプから勢いよく お風呂の匂いの下水が、流れています。辺りは、まるで風呂場にいるような感じ。シャンプー?ボディソープ?の泡もそこら中、溜まっています。
2017年09月09日 15:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下パイプから勢いよく お風呂の匂いの下水が、流れています。辺りは、まるで風呂場にいるような感じ。シャンプー?ボディソープ?の泡もそこら中、溜まっています。
4
道との遭遇・・・じゃなく、建物との遭遇。
2017年09月09日 15:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道との遭遇・・・じゃなく、建物との遭遇。
1
はい、オテルド摩耶の裏手に出ました。あの下水管は、どうやらココの名物展望ジャグジーからの汚水でした。
2017年09月09日 15:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、オテルド摩耶の裏手に出ました。あの下水管は、どうやらココの名物展望ジャグジーからの汚水でした。
8
はぁ・・・やはり、六甲の谷の水は飲めませんね。せめてもう少しろ過装置を設置するなどの環境保全策があってもいいのでは?
でも、こんな百万ドルの夜景を見ながらのジャグジー・・・入ってみたいなぁ(一生無理か?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はぁ・・・やはり、六甲の谷の水は飲めませんね。せめてもう少しろ過装置を設置するなどの環境保全策があってもいいのでは?
でも、こんな百万ドルの夜景を見ながらのジャグジー・・・入ってみたいなぁ(一生無理か?)
12
はい、たっち。1990年型、カペラカーゴ。新車から乗ってます。28年目、走行距離46万7千km。ガタガタですぅ・・・50万劼泙如,んばれー(^^)/
2017年09月09日 16:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、たっち。1990年型、カペラカーゴ。新車から乗ってます。28年目、走行距離46万7千km。ガタガタですぅ・・・50万劼泙如,んばれー(^^)/
7
つぶらなカボスで カンパーイ!(背景は標高約700mに鎮座する天上寺です)
2017年09月09日 16:04撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つぶらなカボスで カンパーイ!(背景は標高約700mに鎮座する天上寺です)
7

感想/記録

寒滝の伝説「布引とつながっている風穴」・・・うーん・・・ちっちゃい穴でした・・・(*_*;
もっと 徹底的にそこら辺にある苔を引っ剥がしたら、もう少し大きな風穴が見つかるかもしれませんが・・・懸垂下降の途中で8環でビレイとりながら、足場の悪い所の作業ですので、徹底的作業は、難しいですね。
「夢」が一つ 消えました・・・。

遠目に見る「穴」は、岩の窪みで、穴は見当たらなかったです。

---------------------------------------------------------------------------
土日祝 長期休みなどに見られる 落差80mのシルバースライダー大滝の正体は、予想通りでした。
ジャグジーからの 下水が水源でした。
谷の詰めは、本当に♨や銭湯の匂いぷんぷん。
茶色い泡が そこら一面に散乱。

本日は土曜日。そして夕方。結構な勢いで下水管から汚水が放出されていました。それが、落差80mのウォータースライダーとなって、一条の銀色に光る一筋の大滝になっていたのです。

しかし、これほどの綺麗な一筋の斜瀑が延々に続くのは、おそらく長期間に渡って汚水を流し続けたので、人工的に「滝」になってしまったのだと感じました。
角度的には、そんなにキツクないのですが、この落差80m, 長さ100m以上のシルバースライダー大滝は、私的に全ての直登は不可能でした。
小さく高巻を続けましたが、コレも悪く、一部「大峰の沢」よりも緊張した場所が数か所ありました。(岩が脆いのも理由の一つです)

寒滝の風穴やシルバースライダー大滝の探検?をする場合は、それなりの装備で お出かけください。

六甲のバリ谷は、急峻な上、風化した花崗岩がとても脆くて、Climbing的には、難儀することが多いです。
(木の袋谷滝付近から上のチョックストーン滝類の直登はもちろん、高巻も、本当に一般的では ありませんので、十分注意して登ってください) 
訪問者数:247人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/2
投稿数: 3534
2017/9/11 18:37
 ????
下って登る、変則ルートでしょうか
鋭いコース取りです
28年目、走行距離46万7千kmのカペラ、凄いです

私のエスティマも、多分、26〜7年(年齢不詳)です。
走行距離は、5万キロです
あはは!
殆ど乗ってないです

例の番組は、youtubeで発見して、後半は無事に視聴しました
私の想像より番組進行はスムースで、ちょっとビックリ。
もっと、メチャクチャになったのかっ、と、期待していました。
でも、面白かったです。
動いて、声が出る jyunntarouを見て、感動したーっ
登録日: 2013/9/30
投稿数: 670
2017/9/11 21:26
 Re: ????
ringo-yaさん こんばんは。
いやー、寒滝の登攀は上部は不可能ですので、懸垂下降しながら「風穴」探しをするには、変則ルートしかなかったです。
エステマ・・・懐かしい響きですね(^^)/ でも走行5万kmですか。新車ですよ・・・
番組の後半は半分以上カットでしたよ。でも田中さん、全部アドリブです。私もです。困ったのは弘中アナです💦 最後顔つき変わっていましたから。
結局台本とかなりずれながらも、何とか番組的にはまとまっていましたね。
最後は、結構アンガ田中さんとボケとツッコミでやり合っていたのですが、エンディングでちょっとだけ流れて終いでしたね。

でも、アンガ田中さんのツッコミがあったから番組的には面白くなっていたと思います。 まっ、人生勉強になりました
登録日: 2013/9/30
投稿数: 670
2017/9/14 19:27
 Re: この場所をお借りして
kotetu1212さん アドバイスありがとうございます。
西洋医学では治らないのに 鍼灸治療で完治されて何よりです。

・・・実は、ワタシ。。。針恐怖症でして。注射も大の苦手でして。娘が点滴していて、なかなか針が血管に入らないのを見て、私が倒れてしまい、ベッドで寝かされたこともありました。
針恐怖症になったのは、幼い時に体が弱く、毎日毎日血管にブドウ糖注射をされ、何回も失敗し病院からついに脱走したことがあり、町の中で潜んで家にも帰れなかったことがあったのです。5歳くらいだったと思います。街の路地裏に隠れて医者と母親が追いかけてこないか夜までドキドキして隠れていました。
それ以来、針を見ると もうダメなのです。
物凄い滝に遭遇するよりも ちっちゃな針を見ただけで卒倒してしまうので、針治療で全身に刺されたら死んでしまう(笑)かもです。

でも 本当に心のこもったアドバイスありがとうございました。心が和みました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ