また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1253364 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

浄土平から東西吾妻

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れときどき曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浄土平の駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間39分
休憩
1時間29分
合計
11時間8分
S浄土平04:4305:27一切経山05:52家形山06:1506:40兵子06:52ニセ烏帽子山07:08烏帽子山07:2107:41昭元山08:12東大巓08:17弥兵衛平分岐08:39藤十郎08:5009:16人形石09:50西吾妻山10:0110:59人形石11:22藤十郎11:3112:05東大巓分岐13:29谷地平湿原13:37谷地平避難小屋13:4914:36姥ヶ原分岐14:57東吾妻山15:0715:23姥ヶ原分岐15:51浄土平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
家形山〜東大巓分岐:昭元山付近で笹や石楠花が登山道を覆っているところもあるが足元は道の形跡があり、道は概ね明瞭。笹が濡れていたらビショビショになるだろう。平らな地形があれば泥濘はその度に登場する。最大でも10cm沈み込む程度。ローカットは厳しいがミドル以上で靴が甲まで泥で汚れることを気にしないで進む覚悟が必要。この日は比較乾いており、泥に粘性があったので泥濘を踏んでも甲まで流れてくる前に足を引き抜いて次の一歩を出すことができた。
東大巓分岐〜姥ヶ原:家形山〜東大巓分岐よりも道幅が広く明瞭(1度謎のピンクテープに誘われてルート外してしまったけど)。こちらの方が泥濘が多かったように感じる。渡渉点は靴底も全く濡れずに通過できた。しばらく雨が降っていないのかもしれない。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

一切経山から吾妻小富士。今日はいい天気になりそうだ。藪で濡れることを想定して上下雨具を着て出発したけどやっぱり暑い。
2017年09月10日 05:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山から吾妻小富士。今日はいい天気になりそうだ。藪で濡れることを想定して上下雨具を着て出発したけどやっぱり暑い。
奥の奥が西吾妻。張り切っていこう。
2017年09月10日 05:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の奥が西吾妻。張り切っていこう。
お約束の魔女の瞳。
2017年09月10日 05:27撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束の魔女の瞳。
2
一切経山と家形山のコルから。一切経山からコルまでの間で笹が道を覆っているところがあり早速ビショビショに。
2017年09月10日 05:41撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山と家形山のコルから。一切経山からコルまでの間で笹が道を覆っているところがあり早速ビショビショに。
2
家形山から。
2017年09月10日 05:52撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家形山から。
1
東西通してそこかしこにリンドウ。これでもかっていうくらい。
2017年09月10日 06:16撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東西通してそこかしこにリンドウ。これでもかっていうくらい。
1
泥濘帯に突入。降雨時のときの足場でしょうか。ここは水気が少なく地面が締まっていました。
2017年09月10日 06:21撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥濘帯に突入。降雨時のときの足場でしょうか。ここは水気が少なく地面が締まっていました。
ぬかるんでいるとこんな感じ。覚悟していたので何も気にせず中央突破。毎回迂回していたら時間ばっかりかかります。
2017年09月10日 06:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるんでいるとこんな感じ。覚悟していたので何も気にせず中央突破。毎回迂回していたら時間ばっかりかかります。
2
兵子に寄り道。東大巓が思ったよりも近い。そんなに歩き難くないのでどんどん進める。強いて言えば糸が何度も引っ掛かる。
2017年09月10日 06:40撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵子に寄り道。東大巓が思ったよりも近い。そんなに歩き難くないのでどんどん進める。強いて言えば糸が何度も引っ掛かる。
1
烏帽子岳に着くとここだけ視界が開ける。名月荘も見えた。
2017年09月10日 07:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳に着くとここだけ視界が開ける。名月荘も見えた。
1
帰りに通る谷地平、木道で気持ちよさそう。
2017年09月10日 07:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに通る谷地平、木道で気持ちよさそう。
これから行く東大巓。木道が待っている。
2017年09月10日 07:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く東大巓。木道が待っている。
あれ、中央が道です。葉が乾いていてよかった。
2017年09月10日 07:30撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、中央が道です。葉が乾いていてよかった。
微妙に滑りやすい石が敷き詰められていて歩きにくい。
2017年09月10日 07:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙に滑りやすい石が敷き詰められていて歩きにくい。
木道出たー!谷地平との分岐が木道の始まりです。左が谷地平、右が東大巓方面。
2017年09月10日 08:04撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道出たー!谷地平との分岐が木道の始まりです。左が谷地平、右が東大巓方面。
さっきまでと打って変わってのどかな湿原。日差しがジリジリとさしてくる。
2017年09月10日 08:10撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでと打って変わってのどかな湿原。日差しがジリジリとさしてくる。
木道から数m登って東大巓。樹林で展望はありません。
2017年09月10日 08:12撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道から数m登って東大巓。樹林で展望はありません。
1
木道を軽快に進みます。正面には折り返しの西吾妻。
2017年09月10日 08:17撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を軽快に進みます。正面には折り返しの西吾妻。
ポツンとリンドウ。
2017年09月10日 08:20撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツンとリンドウ。
藤十郎まで木道の下り。帰りのここは日差しがきつかった。
2017年09月10日 08:20撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤十郎まで木道の下り。帰りのここは日差しがきつかった。
2
赤や黄に色づき始めていました。
2017年09月10日 08:30撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤や黄に色づき始めていました。
振り返ると一切経山は遥か彼方。車はその向こう。
2017年09月10日 09:10撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると一切経山は遥か彼方。車はその向こう。
大凹付近。短い区間だけどカール状で気持ちよかった。
2017年09月10日 09:24撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大凹付近。短い区間だけどカール状で気持ちよかった。
大凹の水場。
2017年09月10日 09:27撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大凹の水場。
もうすぐ山頂。ガスっているけど降らなければOKです。
2017年09月10日 09:42撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂。ガスっているけど降らなければOKです。
1
西吾妻初登頂。樹林の中の地味な山頂でした。地形もなだらかで積雪期は山頂がどこか分からないというのも納得。
2017年09月10日 09:50撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻初登頂。樹林の中の地味な山頂でした。地形もなだらかで積雪期は山頂がどこか分からないというのも納得。
避難小屋の偵察へ。正面は西大巓。飯豊方面はガスっていて見えなかった。
2017年09月10日 10:04撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の偵察へ。正面は西大巓。飯豊方面はガスっていて見えなかった。
小屋内部の2F。1Fも似た感じで汚くなかった。
2017年09月10日 10:07撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内部の2F。1Fも似た感じで汚くなかった。
1
梵天石から帰路を望む。最奥が一切経山。
2017年09月10日 10:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梵天石から帰路を望む。最奥が一切経山。
1
復路は景色を楽しんで進もう。
2017年09月10日 10:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は景色を楽しんで進もう。
大凹付近。往路より明るくなった。
2017年09月10日 10:42撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大凹付近。往路より明るくなった。
人形石から西吾妻。ガスが取れたら平らな山頂だこと。
2017年09月10日 11:01撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形石から西吾妻。ガスが取れたら平らな山頂だこと。
長い木道を歩いて谷地平分岐手前まで戻ってきた。やっぱり木道は速い。
2017年09月10日 11:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い木道を歩いて谷地平分岐手前まで戻ってきた。やっぱり木道は速い。
谷地平までワープ。上部で道を外れて藪漕ぎしてしまった。戻ったりで20分程タイムロス。情けない。
2017年09月10日 13:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地平までワープ。上部で道を外れて藪漕ぎしてしまった。戻ったりで20分程タイムロス。情けない。
1
川の向こうに別荘が、という感じで突如現れる。
2017年09月10日 13:37撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の向こうに別荘が、という感じで突如現れる。
きれいな避難小屋。トイレがないので小屋の周りには・・・・。
2017年09月10日 13:37撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな避難小屋。トイレがないので小屋の周りには・・・・。
倒木の裏。もっさり。
2017年09月10日 14:20撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の裏。もっさり。
谷地平から東吾妻まで500mの登り。ラストにこの登りはきつかった。
2017年09月10日 14:57撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地平から東吾妻まで500mの登り。ラストにこの登りはきつかった。
奥が西吾妻。よく日帰りで往復できたなというくらい遠い。木道パワーのおかげ。
2017年09月10日 15:06撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が西吾妻。よく日帰りで往復できたなというくらい遠い。木道パワーのおかげ。
1
吾妻小富士がどんどん迫ってくる。観光客の列も見える。
2017年09月10日 15:35撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士がどんどん迫ってくる。観光客の列も見える。
浄土平周辺でいっぱい咲いていた。アスファルトの隙間からも。
2017年09月10日 15:45撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土平周辺でいっぱい咲いていた。アスファルトの隙間からも。

感想/記録

茨城に引越してから同エリアの安達太良山は6回、磐梯山は3回と登っているのに
西吾妻山は今回が始めて。

「西吾妻の初登頂は東側から!」とつまらない意地を張っており、
磐梯吾妻スカイラインの夜間通行規制などもあってこんなに遅くなってしまった。
(現在は夜間通行規制はないです)


事前情報どおり、西吾妻山は樹林に囲まれた地味な山頂でしたが
途中の開けたところから見える稜線のなだらかな山体や湿地帯は見事。

東側は火山帯だったのに西側はだだっ広い草原の世界。

また至る所に青紫色の鮮やかなリンドウも咲いており(正確には蕾?)、
紅葉に向けて徐々に歩み出していました。

訪問者数:402人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/8
投稿数: 1800
2017/9/17 11:47
 なつかしい
震災のその年か翌年だったか、SAO氏と歩いたよ。
9月の連休で同じような季節だったな。
家形山の笹藪とか、木道に草紅葉とか、西吾妻は地味だとか、「ワカル〜w」とほくそ笑みながら拝見しました。
登録日: 2010/6/12
投稿数: 60
2017/9/17 20:41
 Re: なつかしい
yokoさん

北海道遠征?お疲れ様でした。いつ終わるんだろうと驚嘆していました
吾妻は藪や木道、噂どおりの道でしたね。
そのうちグランデコからも登ろうと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ