また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1258890 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳

日程 2017年09月16日(土) [日帰り]
メンバー
 fu-min(CL)
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間26分
休憩
1時間4分
合計
10時間30分
S土合山の家05:5506:10谷川岳ベースプラザ06:2006:35登山口06:3907:27中間道しるべ09:08ラクダの背(ラクダのコブ)09:1009:10ラクダのコル09:16巌剛新道分岐11:09頂上小屋11:4211:50谷川岳(トマノ耳)11:5512:10山頂オキノ耳12:1512:25山頂小屋12:3013:27天狗の留まり場13:27熊穴沢避難小屋14:05天神平・天神峠分岐点14:42天神尾根・田尻尾根分岐点16:10田尻尾根登山口16:25土合山の家G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨雲が低く上部は濃い霧、湿っていて岩や木の根など滑り危ない箇所多数
その他周辺情報土合山の家に宿泊
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS ファーストエイドキット

写真

今日の宿泊地土合山の家さんに車を泊めさせていただき、いざ出発です。
2016年09月16日 05:57撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿泊地土合山の家さんに車を泊めさせていただき、いざ出発です。
1
ベースプラザまでは舗装道路
2016年09月16日 06:14撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースプラザまでは舗装道路
ベースプラザで朝の支度をした後、いよいよ山に入ります。
行き(登り)はみなさん自力で挑戦を選択!!
2016年09月16日 06:17撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースプラザで朝の支度をした後、いよいよ山に入ります。
行き(登り)はみなさん自力で挑戦を選択!!
登山口です。
2016年09月16日 06:37撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口です。
一時間ほど登り看板が立っていました。
すでに息切れ切れの人も出て、前途多難な予感・・・
2016年09月16日 07:28撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間ほど登り看板が立っていました。
すでに息切れ切れの人も出て、前途多難な予感・・・
ほどなく岩登りが始まりました。
濃い霧の中、岩が湿っていて滑るから、細心の注意が必要。
2016年09月16日 08:35撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく岩登りが始まりました。
濃い霧の中、岩が湿っていて滑るから、細心の注意が必要。
ガンバレ!
2016年09月16日 08:37撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンバレ!
しんがりを務めますは・・
2016年09月16日 08:39撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しんがりを務めますは・・
霧の中ひっそりと咲く花々
2016年09月16日 08:49撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中ひっそりと咲く花々
厳剛新道分岐
2016年09月16日 09:16撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳剛新道分岐
トリカブト
2016年09月16日 10:00撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
まっすぐな珍しい岩、これがツルツル滑って登り難いったら
2016年09月16日 10:19撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐな珍しい岩、これがツルツル滑って登り難いったら
多分ザンゲ岩、かな?
2016年09月16日 10:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分ザンゲ岩、かな?
やった登りきれました。
2016年09月16日 11:06撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった登りきれました。
まずはお疲れ様
2016年09月16日 11:08撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはお疲れ様
雲間に一瞬見えた遠方の山々
2016年09月16日 11:51撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲間に一瞬見えた遠方の山々
トマノ耳
2016年09月16日 11:54撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳
1
山頂付近はすでに色づき始めてましたよ。
2016年09月16日 12:04撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近はすでに色づき始めてましたよ。
オキノ耳最高点です。
2016年09月16日 12:12撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳最高点です。
天狗の溜り場到着
2016年09月16日 13:27撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の溜り場到着
避難小屋です
2016年09月16日 14:05撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋です
ここからロープウェイ組と自力登山組に分かれます。
2016年09月16日 14:50撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからロープウェイ組と自力登山組に分かれます。
少し下りると雲の下に出て見晴らしが出てきました。
2016年09月16日 15:02撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りると雲の下に出て見晴らしが出てきました。
上方をスイーっと行くロープウェイ
2016年09月16日 15:45撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上方をスイーっと行くロープウェイ
沢の水はすごくきれい、確か谷川岳のミネラルウォーターも売ってたよね!!
2016年09月16日 15:59撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の水はすごくきれい、確か谷川岳のミネラルウォーターも売ってたよね!!
ここでアスファルト道路に合流、やったね!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアスファルト道路に合流、やったね!!!
帰ってまいりました。
これからこちらでお世話になります。
お風呂! 一杯! カンぱーい!!!
2016年09月16日 16:25撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってまいりました。
これからこちらでお世話になります。
お風呂! 一杯! カンぱーい!!!
翌日お隣の土合駅に寄ってみました、
2017年09月17日 09:34撮影 by PE-TL10, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日お隣の土合駅に寄ってみました、
流石日本一のもぐら駅
2017年09月17日 09:35撮影 by PE-TL10, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石日本一のもぐら駅

感想/記録
by fu-min

台風が来る前に登れそうと言うことで決行。
結果的に大して降られずに戻って来れました。
しかし、上部はガスっていて展望はほとんどなし。
西黒尾根のらくだ以降遮るものは何もなく、晴れていればすばらしい景色なんだろうと思うと大変残念で、またいつか来たいと強く思いました。
頂上に立つとときどき雲が一瞬切れて、遠方の山のシルエットか現れ、皆歓声を上げながら一瞬のショーを楽しみました。
岩や木の根が湿っていて滑り安く、下山中何度も滑って危ない思いをしましたが、幸い皆大したゲガなく帰って来られてよかったです。
訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ