また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1260986 全員に公開 ハイキング奥秩父

雁坂峠(川又〜秩父往還)

日程 2017年09月18日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、台風一過
アクセス
利用交通機関
車・バイク
豆焼橋手前の出会いの丘に駐車。朝7時の時点で他に一台(登山者かは不明)のみ、ガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間12分
休憩
43分
合計
8時間55分
Sであいの丘07:1508:02雁坂峠登山口08:1009:14雁道場10:06突出峠10:36樺小屋10:3811:08だるま坂11:0911:16地蔵岩展望台11:59昇竜の滝12:0012:18雁坂小屋12:2012:38雁坂峠12:5713:07雁坂小屋13:0913:30黒岩展望台分岐13:3415:02あせみ峠15:0516:01黒岩尾根登山道入口16:09であいの丘16:1016:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
台風による倒木があり、所々で時間を要しました。
コース状況/
危険箇所等
整備されたコースと思います。台風の暴風雨で、倒木で道が塞がれたり、落ちた枝葉でわかりにくい箇所が多々ありましたが、テープや道標も多く助かりました。

だるま坂から雁坂峠間で、道幅狭くガレたトラバースが数ヵ所あり、お助けのクサリもありますが、注意しました。黒岩尾根のあせみ峠までに数ヵ所の桟道があり、濡ている時は滑らないよう注意です。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

出会いの丘に駐車して、先ずは川又近くの登山口まで国道を下りました。台風一過で晴れ、少し暑いくらい。心配した風も穏やかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会いの丘に駐車して、先ずは川又近くの登山口まで国道を下りました。台風一過で晴れ、少し暑いくらい。心配した風も穏やかです。
黒文字橋からの登山口はスルー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒文字橋からの登山口はスルー。
川又近くの登山口到着。登山ポストあり。ここから山にはいりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川又近くの登山口到着。登山ポストあり。ここから山にはいりました。
雁坂峠、秩父往還の説明。縄文時代からあったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠、秩父往還の説明。縄文時代からあったようです。
1
この写真ではわかりにくいですが、昨夜の台風で、沢山のドングリや枝葉が落ちたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真ではわかりにくいですが、昨夜の台風で、沢山のドングリや枝葉が落ちたようです。
水の本に到着。一杯水とも言うそうです。コース随所にある、この説明書きが良いです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の本に到着。一杯水とも言うそうです。コース随所にある、この説明書きが良いです!
この石像を間近に見たかったのです。単に石の模様と思いますが、顔に目鼻口があるような気がして。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石像を間近に見たかったのです。単に石の模様と思いますが、顔に目鼻口があるような気がして。
1
ゆるい登りが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるい登りが続きます。
台風による倒木が目立ち始めました。道標は以前から朽ちて破損していたと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風による倒木が目立ち始めました。道標は以前から朽ちて破損していたと思います。
黒文字橋からの道と合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒文字橋からの道と合流。
突出峠に到着。久々の山登りのためか、暑さのためか、バテはじめてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突出峠に到着。久々の山登りのためか、暑さのためか、バテはじめてきました。
この辺りにポリバケツが、いくつか置かれています。何かの調査か研究のためでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りにポリバケツが、いくつか置かれています。何かの調査か研究のためでしょうか。
所々で苔蒸した石や倒木がいい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で苔蒸した石や倒木がいい感じです。
広く緩い尾根道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広く緩い尾根道。
樺避難小屋に到着。ひらけて明るいところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樺避難小屋に到着。ひらけて明るいところです。
広く綺麗です。誰も居ません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広く綺麗です。誰も居ません。
やや急な登りが始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや急な登りが始まります。
だるま坂に到着。この時、疲労のピークでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だるま坂に到着。この時、疲労のピークでした。
トマトのようなキノコ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマトのようなキノコ?
疲れて予定よりも遅れているのでパスしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れて予定よりも遅れているのでパスしました。
注意箇所。沢のトラバースでクサリのお助けありのガレ場です。2箇所ぐらいありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意箇所。沢のトラバースでクサリのお助けありのガレ場です。2箇所ぐらいありました。
小屋が見えました。まだ遠い…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えました。まだ遠い…
苔生したいい雰囲気の道。苔を踏まないよう、ストック突かないようにしました。台風による新しい倒木も目立ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生したいい雰囲気の道。苔を踏まないよう、ストック突かないようにしました。台風による新しい倒木も目立ちました。
昇竜の滝に到着。いつもより水量が多いためかも?ちょっとした渡渉でした。この後で、トラバースのガレ場があり、短い箇所ですがクサリが無く、ゆっくり慎重に通過しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昇竜の滝に到着。いつもより水量が多いためかも?ちょっとした渡渉でした。この後で、トラバースのガレ場があり、短い箇所ですがクサリが無く、ゆっくり慎重に通過しました。
着いた!天気最高です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた!天気最高です。
1
小屋の御主人とお話しして小休止した後で峠へ登りました。登りはじめて見返したところ。ほんとうに良い場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の御主人とお話しして小休止した後で峠へ登りました。登りはじめて見返したところ。ほんとうに良い場所です。
1
雁坂峠。やっと念願かないました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠。やっと念願かないました。
1
石の道標もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の道標もあります。
雁坂嶺は次回にして、峠でのんびりしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂嶺は次回にして、峠でのんびりしました。
1
20分ほどいましたが、誰も来ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほどいましたが、誰も来ませんでした。
有名なトイレ。ここを通って黒岩尾根経由で下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名なトイレ。ここを通って黒岩尾根経由で下山。
こんな桟道が数ヵ所。クサリがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな桟道が数ヵ所。クサリがあります。
1
ヘトヘトなのでスルー。後半は尾根の東側なので暗くなるのが早いのも気になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘトヘトなのでスルー。後半は尾根の東側なので暗くなるのが早いのも気になります。
最後の桟道は、下りですが、ここもクサリを掴んで慎重に進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の桟道は、下りですが、ここもクサリを掴んで慎重に進みました。
1
コース全体に覚えられないぐらいの倒木塞ぎがありました。2回ほど、くぐれす、またげず、倒木の山側を登って超えました。こんな木が倒れてきたらと思うと、暴風時の山は恐ろしい!改めて、登山道の整備される方々のありがたみを感じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース全体に覚えられないぐらいの倒木塞ぎがありました。2回ほど、くぐれす、またげず、倒木の山側を登って超えました。こんな木が倒れてきたらと思うと、暴風時の山は恐ろしい!改めて、登山道の整備される方々のありがたみを感じました。
1
ふくろ久保。かつら久保の標識は無かったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふくろ久保。かつら久保の標識は無かったようです。
ふくろ久保の谷側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふくろ久保の谷側。
あせみ峠に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あせみ峠に到着。
アセビがあるので、あせみ峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビがあるので、あせみ峠。
登りの場合、あせみ峠まてつづらおれの急登だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの場合、あせみ峠まてつづらおれの急登だそうです。
林道終点。明るいうちに下山できそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。明るいうちに下山できそうです。
バレーボールぐらいのスズメバチの巣?が落ちていました。危険なハチですが、気の毒に思えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バレーボールぐらいのスズメバチの巣?が落ちていました。危険なハチですが、気の毒に思えました。
黒岩尾根の登山口到着。こちらにも登山ポストあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩尾根の登山口到着。こちらにも登山ポストあります。
豆焼橋に戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆焼橋に戻ってきました。
豆焼橋から、雁坂トンネル方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆焼橋から、雁坂トンネル方面。
2
出会いの丘に無事戻ってきました。ありがとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会いの丘に無事戻ってきました。ありがとうございます。
ここには慰霊碑があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには慰霊碑があります。
1

感想/記録

3ヶ月のブランクと寝不足、台風直後の心配等ありましたが、途中バテながらも、天気に恵まれ、やっとたどり着いた雁坂峠からの景色は感無量でした。コース随所にある説明書きも、間近に見て読めて良かったです。次回は、小屋も利用させていただきながら、近くのピークも登りたいです。
台風直後の登山道を歩いて、山の中の暴風雨の凄さと、荒れた登山道を修復、整備される方々の苦労を有り難いと思いました。
後半は、稜線の東側で、日も短くなっているので、早く暗くなるはず!と気をつけましたが、ヘッドライト点灯前に下山できました。
訪問者数:265人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/28
投稿数: 454
2017/9/20 10:07
 台風の後の倒木
お疲れさまでした。
所々の写真のおかげで突出ルートも倒木の様子がわかり助かります。
まだこれからも台風があるかもしれませんので様子を見ながら小屋締めまでには何とかしていきたいと考えております。
また機会がありましたら、小屋から眺められる谷川や尾瀬、日光の山脈、高崎の夜景もみにおいでください。
登録日: 2016/12/17
投稿数: 2
2017/9/20 19:20
 Re: 台風の後の倒木
Ishisanさん、山小屋前でご挨拶できて嬉しかったです。またコメント有難うございました。次回は泊まってみたいと思いました。台風で倒木とか申してしまいましたが、何とかして!のつもりでないので無理されないで下さい。重そうなベンチが飛ばされるとは、山の暴風雨は凄い!
登録日: 2013/7/28
投稿数: 454
2017/9/21 12:38
 Re[2]: 台風の後の倒木
あ、小屋でお目にかかったのはオーナーの山中です。
私はオーナーより一回り年上の年寄りです。
それから、倒木の事は小屋の仕事ですのでまた合間を見て片づけることになります。
今日(21日)もオーナーが黒岩ルートの下の方を片づけに入っております。
それから、ベンチではなく小屋前に置いてあるテーブルです。
ベンチの方は地面にしっかり埋め込んでいるので大丈夫でした。

まあ、またぜひお越しください。お待ちしております。
登録日: 2016/12/17
投稿数: 2
2017/9/21 23:44
 Re[3]: 台風の後の倒木
isisanさん、山中さんとの間違え、失礼しました。
はい、次回は、秋か翌年の初夏に、山梨県側から訪れたいと思います!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ