また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1262166 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

大雪山 テント泊周回 歩みが進まない絶景!

日程 2017年09月16日(土) 〜 2017年09月17日(日)
メンバー
天候1日目 曇りのち晴れ
2日目 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
駐車場 500円
ロープウェイ 片道 1600円 因みに往復は2900円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間13分
休憩
10分
合計
2時間23分
S姿見駅13:4714:05旭岳石室14:0615:32金庫岩15:41大雪山15:5016:10裏旭キャンプ指定地
2日目
山行
8時間8分
休憩
1時間42分
合計
9時間50分
宿泊地04:3805:07間宮岳分岐05:0905:10間宮岳05:1905:22間宮岳分岐05:2305:26荒井岳05:2705:50松田岳05:5106:01北海岳07:01黒岳石室07:0307:22黒岳07:3607:52黒岳石室08:01桂月岳08:0508:17黒岳石室08:2809:09お鉢平展望台09:1009:36北鎮岳分岐09:4009:52北鎮岳10:0210:09北鎮岳分岐10:1610:28中岳10:2910:42中岳分岐11:01中岳温泉11:0512:00裾合平12:30展望台13:0014:28山麓駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
移動時間は撮影によって激しく変動しております・・
コース状況/
危険箇所等
■登山道
よく歩かれている登山道なので、まったく問題なし。
北海道らしいちょっとした藪漕ぎのようなところもありません。
ロープウェイ横の登山道は初めて歩きましたが、こちらもぬかるんだところはあるが、問題なし。

■水場
裏旭は雪渓から水が取れます。念のため要煮沸。
石室は天水、煮沸不要です。

■トイレ
裏旭は二年前はトイレブースがあったような気がしますが、今年はなし。
簡易トイレ必須です!(テント場付近にティッシュゴミ多し‥)

■テント場
ルート上だと裏旭と石室。霜が降りるのでテントはバリバリになります。

その他周辺情報■温泉
旭岳ベアモンテ かけながし、1080円。
前回十勝からの縦走で気持ち良かったので。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

台風で晴れてる山を探したら北海道しかありませんでした!
三連休に代休をつけて4連休にしていたので、急きょ北海道に行くことに。

旭岳の紅葉がすごいとFBで見たので、新千歳到着後、レンタカーですぐに旭岳へ。
ガスカートリッジはスノーショップ出発店で買いました。

旭岳のロープウェイ駐車場は混んでるかと思いましたが、10台まちくらい。
20~30分で入れました。裏旭までいけそうなので、テント詰め込んで出発。

大雪山は十勝からの縦走以来です。と言っても二年前なのですね。
もっと前かと思っていましたが・・。姿見付近は観光客で混んでました。
さっさと大雪山へ向かう。登山道に入ると人も減って重荷で苦しみながら進む。
最初は曇ってましたがたまに雲が取れる。今日は期待できないと思ったのでラッキー。
山頂にあがると、北海道警察山岳警備隊の方が。どうやら裏旭にテントをはっている模様。
裏旭はテント4張りと連休なのに意外と少ない!二年前と同じ場所に張りました。
もう一度山頂にあがるつもりでしたが、仕事疲れでビール飲んだら寝てしまいました・・
日頃の習慣に勝てず・・(笑)
夜目が覚め、満点の星空に興奮し、星空も少々撮影。
日の出とともに出発することにして再度就寝。

翌朝、なんとか目覚めるとテントがバリバリ!しまうのが大変でした。
道警の人たちのテントはもうない!はやっ!
なんとか日の出までにピークに着こうと急ぐ。旭岳の日の出は縦走で見たので、
違うピークを目指す。絶景に目を奪われながらもなんとか間宮岳の稜線に。
ギリギリセーフ。道警の人たちか、ピークにいらっしゃるので見えました。
ちょっとだけ縦走路をなぞり、逆方向へ!快晴ですが、徐々に雲が迫っております。
化雲の分岐で道警の方たちが。別のパーティと合流してました。ご苦労さまです。
強風の中、旗を掲げて歩いていきました。かっこいいなぁ。
さて、黒岳に向かいます。お鉢の中も実に美しい・・
写真を撮りながら、歩みが進まない・・石室につき、重いザックは下ろし、軽荷で黒岳へ。
こちらもすばらしい景色・・動画撮影と写真撮影でたっぷり過ごす。
続いて、桂月へ。こちらも岩に登って展望を楽しむ。
台風も近づいてきているが、多くの人がロープウェイで黒岳を越えてくる。
あんまり混むのはいやなので、自分も縦走路へ。
お鉢の逆側の景色は初めて・・。すばらしい!チングルマの綿毛がまた良い。
北鎮岳を登りつつ、絶景を楽しむ。こちらも縦走したかったけれど、またの機会。
本当のフィナーレはここから。姿合平に進むと、紅葉がピーク!
SDカードいっぱいになりました(笑)
足もちっとも進まない・・感動しっぱなしでした。
縦走時に来た姿合平〜姿見はごはんたべてからさくっと歩く。
最後はロープウェイ横の登山道へ。足も痛いけど、頑張りました。
序盤は歩き易かったのですが、中盤は歩きにくい場所も。
木道も腐ってたりしますが、迷うようなところはありませんでした。
ロープウェイ駅に戻ると、この時間でもまだ駐車場待ちが!
たぶんこの日を過ぎると晴れる日もないからか?そろそろ雪も降るだろうし。

場所を開け、以前も縦走でお世話になったベアモンテでゆっくり温泉を楽しむ。
ゆっくりしすぎたのか、帰りに睡魔におそわれ・・パーキングで爆睡。
翌日は札幌観光&初の札幌ドームでの野球観戦を楽しみました。

北海道遠征、駒ヶ岳編へ続く・・
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ