また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1264570 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

一足早い秋を感じに苗場山へ

日程 2017年09月23日(土) [日帰り]
メンバー
天候早朝は曇り、その後晴れ、昼過ぎより雨
駐車場の辺りは午前4時くらいまで雨が降っていました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
かぐら町町営駐車場(無料・30台程度駐車可)🚻あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
1時間12分
合計
7時間56分
S祓川登山口駐車場05:3906:01和田小屋登山口07:13下ノ芝07:46中ノ芝07:4707:58上ノ芝07:5908:07苗場山、小松原分岐08:22神楽ヶ峰08:34雷清水09:26苗場山10:1210:57雷清水10:5811:19神楽ヶ峰11:32苗場山、小松原分岐11:36上ノ芝11:3711:45中ノ芝12:0712:34下ノ芝13:19和田小屋登山口13:35祓川登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後の立寄り湯 
   街道の湯(\600 10:00~21:00)
       すぐ隣に道の駅があります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

さあ、雨も上がったことだし出発しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、雨も上がったことだし出発しましょう。
この舗装路を上ってゆくという選択肢もありますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この舗装路を上ってゆくという選択肢もありますが
目の前に登山口がありますのでここを歩いてゆきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に登山口がありますのでここを歩いてゆきます。
赤土のツルンツルンの登山道を転倒することなく無事に通過しさっきの舗装路に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤土のツルンツルンの登山道を転倒することなく無事に通過しさっきの舗装路に出ました。
ここからは仕方なく舗装路を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは仕方なく舗装路を歩きます。
道路わきにはウメバチソウが沢山咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路わきにはウメバチソウが沢山咲いています。
1
急な舗装路の登り、途中で振り返ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な舗装路の登り、途中で振り返ってみました。
ゴンドラ駅
※スキーシーズンしか動いていません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ駅
※スキーシーズンしか動いていません
和田小屋の前から登山道が始まります。
ここに登山ポストがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田小屋の前から登山道が始まります。
ここに登山ポストがあります。
ゲレンデを横切って写真の右奥の方から山に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを横切って写真の右奥の方から山に入ります。
ゲレンデで見つけたリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデで見つけたリンドウ
濡れた石、滑りそうなので注意しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れた石、滑りそうなので注意しましょう。
はい五合目半です・・・
って「半」て何?必要?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい五合目半です・・・
って「半」て何?必要?
濡れた木道も滑りますので注意しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れた木道も滑りますので注意しましょう。
おお〜下の方では雲海になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜下の方では雲海になっています。
写真では分かり難いなぁ
川になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分かり難いなぁ
川になっています。
はい、六合目半通過です・・・
また「半」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、六合目半通過です・・・
また「半」
雲が流れて青空が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が流れて青空が出てきました。
開いてはいませんが鮮やかな青紫のリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開いてはいませんが鮮やかな青紫のリンドウ
赤く色づき始めています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く色づき始めています。
エゾリンドウかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウかな
七合目半です。
七合目を見落としました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目半です。
七合目を見落としました。
雲の湧き具合がすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の湧き具合がすごい。
リフトの乗り場が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの乗り場が見えます。
振り返ってみると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってみると
パノラマで撮影してみると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで撮影してみると
下から見たところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見たところ
見えました、苗場山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えました、苗場山!
1
富士見坂
たぶん富士山が見えるんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見坂
たぶん富士山が見えるんでしょうね。
雷清水
けっこう美味しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水
けっこう美味しかった。
花はほとんど見られませんでしたが、時期にはきれいなところなんだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花はほとんど見られませんでしたが、時期にはきれいなところなんだと思います。
おっと、忘れたころに九合目
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、忘れたころに九合目
かろうじて咲いていたウツボグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて咲いていたウツボグサ
唯一のお助けロープ
使わなくても上れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一のお助けロープ
使わなくても上れます。
キターーーーーー
高層湿原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キターーーーーー
高層湿原
ひとまずは苗場山山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまずは苗場山山頂へ
珍しく写真を撮ってもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しく写真を撮ってもらいました。
2
ヒュッテに向かう途中で見つけた真っ赤っか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテに向かう途中で見つけた真っ赤っか
ヒュッテのデッキから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテのデッキから
奥に見えるのが山小屋で「苗場山自体験然交流センター」またの名を「苗場山頂ヒュッテ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのが山小屋で「苗場山自体験然交流センター」またの名を「苗場山頂ヒュッテ」
静かに湿原散策を終え、名残を惜しみ1枚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かに湿原散策を終え、名残を惜しみ1枚
1
唯一のトリカブト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一のトリカブト
花が終わった後のウツボグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が終わった後のウツボグサ
雨が強くなり、最後のショット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が強くなり、最後のショット
2

感想/記録
by ozawa

予定していた山行計画が雨予報で中止。
妻は所属しているハイキングクラブの苗場山1泊山行(金・土曜日)に参加。
私はどうしようかな?悩んでいると妻からメールが届きました。
「天気も大丈夫そうだから土曜日帰りで苗場に来れば」
いくつか候補がある中、天気の良さそうなエリアを探したら
新潟方面が比較的良さそう。
ならば声を掛けられた事もありますが、
以前から登りたかった苗場山に行こうと言う事に。
※高原地図では標準タイム8時間ほどの行程、
日帰りはしんどいかなと先延ばしだった山です。

仕事が終り帰宅、準備が整った23:00この時点では結構な雨量です。
それでも天気予報を信じてGO!
雨量が多く高速道路も速度制限が最初から最後まで・・・
結局目的地の駐車場までずーっと雨。
2:00到着、とっとと就寝・・・4:00目覚めるも雨、再び寝る。
5:00今度こそ起床。雨が上がっているようなので
食事と支度を急ぎ5:35スタート。

登山口からしばし赤土でツルンツルンの山道を歩き、
その後、舗装路で和田小屋まで。
ゲレンデを横切るように登山道を進み山の中へ
明け方まで降り続いた雨で泥濘と川と化した登山道。
※多少汚れますが注意すれば歩行に問題はないレベルでした。
起きたときは雲が多かったものの、日が昇るにつれて徐々に
青空になり気持ちよく歩けました。

さすがにこの時期の山は夏から秋に加速中なので花が少ない状況ですが
私の好きな青系の花はまだ残っていました。
※なので同じ花の写真が多い

高度を上げるにしたがって山はだんだんと秋色に
苗場山に向かう手前の神楽ヶ峰ピークより
本命の苗場山へは一旦かなり下ります。
その途中、お花畑というポイントから見える苗場山の姿に
しばし足を止めることになりました。
その姿は高層湿原が広がる山頂のイメージとは全然違った
どーんと構え、荒々しさすら感じられました。

前日山頂の小屋に泊まっていた妻たちとは九合目の少し下で
すれ違い、ハイタッチで別れ高層湿原を目指しました。

ようやく来る事が出来た苗場山の高層湿原、青空ですが時折
うっすらとガスに包まれ幻想的な風景への変化もいい感じで
思っていた通り素敵な場所でした。
ぐるっと湿原散策し、若干の燃料チャージをして復路スタート。

登って来る人も多く泥濘が酷くなっているので少々慎重に歩きます。
登り返した神楽ヶ峰で山林巡視員の方々に出逢い
手作りのしおりを頂きました。
少々話をして別れましたが、気になる話がありました。
最近トリカブトの花を持ち帰る人がいるようです。
花は採らず、写真を撮って帰ってほしいとおっしゃってました。

神楽ヶ峰からはほぼ下り、所々ある木道と階段は乾き始めていましたので
泥濘だけ注意していつもと同様に軽快に歩きます。
※勿論写真を撮るためにちょこちょこ止まりながらですが。
お昼を中ノ芝のデッキで済ませたころ、パラパラ降り始め
歩き始めて10分もたたずに本降りの雨。
最後に見た天気予報では雨は大丈夫だったはずなのに・・・
結局駐車場まで雨の中を歩くことになりました。
※中ノ芝以降はほとんど写真を撮ることなく歩き続けました。

奇麗に苗場山が見えて、晴れた高層湿原を散策し
一足早い秋を感じてこれたので満足の山行でした。

訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ