また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266988 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳(天神平〜西黒尾根)

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ロープウェイ有料駐車場(500円/日)を利用
谷川岳ロープウェイ片道1,230円、往復2,060円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天神尾根: 
熊穴沢避難小屋までの木道が降雨後で滑り易くなっていました。
避難小屋から先は肩の小屋まで岩場の道となりますが、特段難しい所はありません。

西黒尾根:
山頂分岐からラクダのコルまでは高度を急に下げて行きます。鎖場等もありますが、足掛かり豊富で通行困難と言う程ではありませんでした。(但し滑落注意)
ラクダのコルから進んだラクダの背付近の鎖場3箇所が、このルートでは一番難易度が高い場所かと思います。足掛かりが少なく鎖に頼って降りる所もあり。
ラクダの背を通過して少し歩くと樹林帯となり、あとは穏やかな道を登山口まで歩きます。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

天神平よりスタート、これから目指す山頂が見える
2017年09月24日 07:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平よりスタート、これから目指す山頂が見える
それにしても良い天気です
2017年09月24日 07:48撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても良い天気です
熊穴沢避難小屋
2017年09月24日 08:17撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋
中央左、至仏山の後ろに燧ケ岳が見える
2017年09月24日 08:36撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央左、至仏山の後ろに燧ケ岳が見える
肩の小屋付近の道標が見える
2017年09月24日 08:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋付近の道標が見える
中央武尊山の左に日光白根山が見えてきた、右は皇海山か
2017年09月24日 09:01撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央武尊山の左に日光白根山が見えてきた、右は皇海山か
こちらも双耳峰みたいです、川棚ノ頭とオジカ沢ノ頭
2017年09月24日 09:08撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも双耳峰みたいです、川棚ノ頭とオジカ沢ノ頭
肩の小屋まで最後の登り
2017年09月24日 09:26撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋まで最後の登り
肩の小屋に到着、小屋前ベンチでしばし休憩
2017年09月24日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着、小屋前ベンチでしばし休憩
休憩後、すぐ傍の山頂へ向かいます
2017年09月24日 09:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、すぐ傍の山頂へ向かいます
トマノ耳(1,963m)
2017年09月24日 09:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳(1,963m)
ザックをデポしてお隣オキノ耳に向かう
2017年09月24日 09:51撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックをデポしてお隣オキノ耳に向かう
1
紅葉が丁度よい具合です
2017年09月24日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が丁度よい具合です
1
上越国境の山々、いつかは通しで歩いてみたいです
仙ノ倉山の後方に平標山の三角ピークが見えました
2017年09月24日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越国境の山々、いつかは通しで歩いてみたいです
仙ノ倉山の後方に平標山の三角ピークが見えました
1
オキノ耳(1,977m)
2017年09月24日 10:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳(1,977m)
トマノ耳です、後方には赤城山〜子持山〜榛名山の山並み
2017年09月24日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳です、後方には赤城山〜子持山〜榛名山の山並み
西黒尾根へと向かう
2017年09月24日 10:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根へと向かう
ガッツリ下りです
2017年09月24日 10:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガッツリ下りです
西黒尾根と左手のマチガ沢
2017年09月24日 10:45撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根と左手のマチガ沢
滑りやすい一枚岩の箇所がありました
2017年09月24日 10:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい一枚岩の箇所がありました
西黒尾根をひたすら降る
2017年09月24日 11:00撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根をひたすら降る
ラクダの背に到着
2017年09月24日 11:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダの背に到着
この付近の鎖場が一番難しかったです
2017年09月24日 11:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近の鎖場が一番難しかったです
後方谷川岳を振り返る
2017年09月24日 12:03撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方谷川岳を振り返る
樹林帯に入ってから殆ど写真撮ってなかった
鉄塔まで出るとあと少し
2017年09月24日 13:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ってから殆ど写真撮ってなかった
鉄塔まで出るとあと少し
登山口にたどり着きました(長かった〜)
2017年09月24日 13:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にたどり着きました(長かった〜)
無事に一周、スタート地点に戻って来ました
2017年09月24日 14:00撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に一周、スタート地点に戻って来ました

感想/記録
by nando

上越国境の谷川岳へと足を延ばしてきました。

快晴の日曜日ということもあって登山者多数。歩き始めた天神尾根ルートは当初渋滞気味でしたが、熊穴沢避難小屋へたどり着く頃には登山者もばらけて後はマイペースで登る。
山頂付近は紅葉の斜面となっていて少し得した気分、日光,尾瀬方面に見通しもあり存分に景色を楽しみました。

下りルートとした西黒尾根も登って来られる方が多数。すれ違い待機をしながら徐々に高度を落として行く感じでしたが、ラクダの背付近からは人の流れもとだえて後は静かな登山道を降りました。

それにしても、当日は9月下旬とは思えない暑さで後半多少バテ気味、下りなら大丈夫と思いましたが標高差1,200mをなめては駄目ですね(苦笑)、とても草臥れました。
訪問者数:192人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ