また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1271489 全員に公開 ハイキング関東

皇海山〜地味100名山〜

日程 2017年09月27日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
25台程度のスペースあり。満車の場合でも、すれ違い用に広くなっている場所などに停めればなんとかなりそうではある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
1時間30分
合計
5時間20分
S皇海橋08:0009:10不動沢のコル09:40皇海山10:1010:50不動沢のコル11:20鋸山12:0012:00不動沢のコル12:2013:20皇海橋13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

栗原側林道入り口からレポ。吹割の滝の近くの集落の奥へ進み、林道の入り口を見つける。赤文字が威圧してくる。
「自己責任で通行せよ」とのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗原側林道入り口からレポ。吹割の滝の近くの集落の奥へ進み、林道の入り口を見つける。赤文字が威圧してくる。
「自己責任で通行せよ」とのこと
2
もはや車道ではない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや車道ではない
アクア羽虫号では時速20kmも出せない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アクア羽虫号では時速20kmも出せない
とんでもないところに道を通しているものだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とんでもないところに道を通しているものだ
セブンの店員のおじいさんに「あの林道の岩は尖っているから、すぐパンクするよ」と脅されたのが効いて時速5〜10kmまさに徐行を続ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セブンの店員のおじいさんに「あの林道の岩は尖っているから、すぐパンクするよ」と脅されたのが効いて時速5〜10kmまさに徐行を続ける
1
ガレ場を車で進むような感覚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を車で進むような感覚
1
深夜到着した時は無人だった登山口の駐車場。朝起きると4台ほど停まっていた。平日だとこれぐらいか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜到着した時は無人だった登山口の駐車場。朝起きると4台ほど停まっていた。平日だとこれぐらいか
1
皇海橋で不動沢を越える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海橋で不動沢を越える
林道から登山道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山道へ
二俣。鋸山直下の沢と不動沢が合流する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣。鋸山直下の沢と不動沢が合流する
ひたすら沢沿いを登ることになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら沢沿いを登ることになる
あっという間に半分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に半分
登山道は沢を詰める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は沢を詰める
最後の沢から稜線への登りは転げ落ちそうなほど級な上り坂。
ロープがあるので特に問題はない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の沢から稜線への登りは転げ落ちそうなほど級な上り坂。
ロープがあるので特に問題はない
不動沢のコル到着。鋸山がよく見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動沢のコル到着。鋸山がよく見える
皇海山への途中、ところどころ葉が色づいた木が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山への途中、ところどころ葉が色づいた木が
日本百名山、皇海山登頂!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本百名山、皇海山登頂!
3
松木渓谷に降りるバリエーションルートは右手に進むようだが、道らしき道はなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松木渓谷に降りるバリエーションルートは右手に進むようだが、道らしき道はなかった。
ガスが取れ、群馬の深い深い山奥の風景が広がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れ、群馬の深い深い山奥の風景が広がる
1
再び不動沢のコルまで戻り、鋸山を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び不動沢のコルまで戻り、鋸山を目指す
鋸山〜庚申山の稜線は、黄色く色づいていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山〜庚申山の稜線は、黄色く色づいていた。
栃木県側。雲の合間に男体山が見えたり日光白根山が見えたり。
松木渓谷には足尾銅山の鉱毒で赤茶けた山肌が露出している箇所がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃木県側。雲の合間に男体山が見えたり日光白根山が見えたり。
松木渓谷には足尾銅山の鉱毒で赤茶けた山肌が露出している箇所がある。
不動沢のコルから見上げた山容から期待を裏切らない岩場の連続
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動沢のコルから見上げた山容から期待を裏切らない岩場の連続
振り向くと秋模様の皇海山がどっしりと構えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと秋模様の皇海山がどっしりと構えている
鋸山登頂。庚申山からきたというおじさんとすれ違う。カメラを頼むタイミングを逸し、しばらく待ったが誰もこないので自撮りをキメる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山登頂。庚申山からきたというおじさんとすれ違う。カメラを頼むタイミングを逸し、しばらく待ったが誰もこないので自撮りをキメる
3
庚申山方面は険しい道のりが期待できそうな感じ。今日は不動沢を戻る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申山方面は険しい道のりが期待できそうな感じ。今日は不動沢を戻る
不動沢のコル(3回目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動沢のコル(3回目)
ココは唯一、ルートを外しそうになるポイント。
画像の右に登ると行き止まり。沢に入る左が正解。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココは唯一、ルートを外しそうになるポイント。
画像の右に登ると行き止まり。沢に入る左が正解。
トリカブト的な植物
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト的な植物
栗原川林道は根利方面の方が道が良いと噂されているが、沼田側も根利側も大差ない。むしろ純粋に道が短い沼田側の方が楽だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗原川林道は根利方面の方が道が良いと噂されているが、沼田側も根利側も大差ない。むしろ純粋に道が短い沼田側の方が楽だ

感想/記録

3時間のコースタイムだが1時間40分で登れてしまった。
割とゆるい設定なのかもしれない。

この山を制覇する時は庚申山から縦走するものだと思っていたから
まさか林道側から来るとは思わなかった。
天気が午後からよくないので、青空のうちに皇海山に登ってしまいたかった。

確かに地味だし、百名山になっていなかったら来ないと思う
松木渓谷や庚申山も含めた一体は確かに表情豊かな面白い山域だ
またきたい
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ