また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1273329 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

日本百名山「妙高山」〜 燕温泉「黄金の湯」

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・ 駐車場
燕温泉手前に、30台(無料)
https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=4312

・ 登山口までの道路状況
特に問題なし

・ トイレ
駐車場の近くにあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間24分
休憩
3時間21分
合計
11時間45分
S燕温泉05:4605:55燕温泉黄金の湯05:5706:16妙高山登山道入口標識06:40赤倉温泉源湯06:5006:55称明滝07:0707:21湯道分岐07:2608:25天狗堂08:47光善寺池08:5909:35燕登山道九合目・鎖場10:1110:32妙高山10:5010:53日本岩10:56妙高山(北峰)11:2912:51長助池分岐13:0013:29長助池14:03大倉分岐14:0614:11黄金清水14:2016:03麻平分岐16:2016:38惣滝分岐16:4516:47河原の湯16:4816:54燕温泉黄金の湯17:2117:30燕温泉17:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ 山と高原地図
記載エリア : 妙高・戸隠・雨飾
標準コースタイム : 約8時間25分
標高 : 妙高山 南峰(2454.0m)
標高差 : 燕温泉より(1284.0m)

岩場あり。
後半に泥濘や、数回の渡渉あり。
その他周辺情報(アフター登山の予定)

16:00 燕温泉「黄金の湯」
http://www.myoko.tv/spa/451.html

17:00 駐車場着

17:00〜 2017/09/30 ももクロ☆パンチ 1周年記念公開放送
https://youtu.be/zJHMCoQrYi0

19:15 そば処 中野屋塩沢店(へぎ蕎麦)
http://www.umaisoba.com

20:00 閉店〜高速道路利用

21:30 高崎線新町駅
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

駐車場にトイレがあります。
ここしかないので、要注意。
05:44
2017年09月30日 05:44撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にトイレがあります。
ここしかないので、要注意。
05:44
無料の足湯もありましたよ。
05:48
2017年09月30日 05:48撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料の足湯もありましたよ。
05:48
下山時にまた寄る予定の黄金の湯。
山と高原地図だと川原の湯は並んでるみたいだけど、同じルートにはありません。
05:55
2017年09月30日 05:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時にまた寄る予定の黄金の湯。
山と高原地図だと川原の湯は並んでるみたいだけど、同じルートにはありません。
05:55
振り返ると綺麗な朝焼け。
05:58
2017年09月30日 05:58撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると綺麗な朝焼け。
05:58
そして目指す山頂も麓から見えてる。
だけど、歩いてみると遠いんだな。
05:58
2017年09月30日 05:58撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして目指す山頂も麓から見えてる。
だけど、歩いてみると遠いんだな。
05:58
雲海が綺麗でした。
06:17
2017年09月30日 06:17撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が綺麗でした。
06:17
大文字草。
06:28
2017年09月30日 06:28撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字草。
06:28
赤倉温泉の源湯です。
ここに管理小屋のようなモノと浴槽がありました。
チョロチョロとお湯が流れてて、浴槽にためれば入れるんでしょうね。
06:40
2017年09月30日 06:40撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤倉温泉の源湯です。
ここに管理小屋のようなモノと浴槽がありました。
チョロチョロとお湯が流れてて、浴槽にためれば入れるんでしょうね。
06:40
秋の景色ですね。
07:17
2017年09月30日 07:17撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の景色ですね。
07:17
これより、胸突き八丁。
その急な標高差を感じるのは、ここの登りよりも下山時かも?
07:54
2017年09月30日 07:54撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより、胸突き八丁。
その急な標高差を感じるのは、ここの登りよりも下山時かも?
07:54
青空が素敵です。
08:02
2017年09月30日 08:02撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が素敵です。
08:02
紅葉もいい感じじゃないですか?
08:25
2017年09月30日 08:25撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉もいい感じじゃないですか?
08:25
何度も見かけるゆるキャラのみょうこうさん。
埼玉県民は何度も武甲山と言ってしまう。
08:38
2017年09月30日 08:38撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も見かけるゆるキャラのみょうこうさん。
埼玉県民は何度も武甲山と言ってしまう。
08:38
谷川方面は、安定のガスでしょうか?
09:02
2017年09月30日 09:02撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川方面は、安定のガスでしょうか?
09:02
赤い!!
09:07
2017年09月30日 09:07撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い!!
09:07
これより鎖場。
09:49
2017年09月30日 09:49撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより鎖場。
09:49
乾徳山の1枚岩を連想します。
09:59
2017年09月30日 09:59撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山の1枚岩を連想します。
09:59
なかなか高度感もあります。
10:08
2017年09月30日 10:08撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか高度感もあります。
10:08
鎖に頼らなくても登れるけど、ないと下りは危ないでしょうね。
10:09
2017年09月30日 10:09撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖に頼らなくても登れるけど、ないと下りは危ないでしょうね。
10:09
山頂までは岩岩のルート。
よくガイドブックなどでは火打山とセットで紹介されてるんで、コチラ側のルートは載ってないけど、絶対コッチ側から行ったほうが楽しい。
10:43
2017年09月30日 10:43撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までは岩岩のルート。
よくガイドブックなどでは火打山とセットで紹介されてるんで、コチラ側のルートは載ってないけど、絶対コッチ側から行ったほうが楽しい。
10:43
南峰のかわいい標識。
10:45
2017年09月30日 10:45撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰のかわいい標識。
10:45
シルエットが絵になります。
10:48
2017年09月30日 10:48撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルエットが絵になります。
10:48
こんな山頂だったんだ!!
10:51
2017年09月30日 10:51撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな山頂だったんだ!!
10:51
その名も、日本岩。
10:52
2017年09月30日 10:52撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その名も、日本岩。
10:52
こちらは北峰の標識。
10:55
2017年09月30日 10:55撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは北峰の標識。
10:55
遠くに北アの展望も。
11:24
2017年09月30日 11:24撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに北アの展望も。
11:24
下山中の紅葉。
12:01
2017年09月30日 12:01撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の紅葉。
12:01
長介池は、思っていたより遠かった。
さらに、この後のルートも長かった。
13:23
2017年09月30日 13:23撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長介池は、思っていたより遠かった。
さらに、この後のルートも長かった。
13:23
徒渉箇所は、本気の徒渉でした。
15:22
2017年09月30日 15:22撮影 by PENTAX X-5, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徒渉箇所は、本気の徒渉でした。
15:22

感想/記録

 
(1)

本当は「山の日」に火打山とセットで登るはずだった妙高山。
きっちりリベンジしてきました。

ただ全く同じルートもつまらないだろうし、最近は楽なルートが多いので赤倉観光スキー場からのリフトを利用したルートは絶対避けたい。

となると燕温泉側からのルートとなるんですが、これなら下山してすぐ温泉にも入れる!!
と言うことで、調べてみると ・・・ 。

混浴野湯もあるじゃないですか?
面白そうですね〜♪
と言うことで、アフター登山充実のプランを妄想してみました。


(2)

予定では、こんな感じ。

16:00 燕温泉「黄金の湯」
http://www.myoko.tv/spa/451.html

17:00 駐車場着

17:00〜 2017/09/30 ももクロ☆パンチ 1周年記念公開放送
https://youtu.be/zJHMCoQrYi0

19:15 そば処 中野屋塩沢店(へぎ蕎麦)
http://www.umaisoba.com

まぁ〜、なかなかこの通りにはいかないモノですが、頑張って行きましょう〜♪


(3)

先ずは、燕温泉手前の駐車場に到着。

ここにトイレもあります。
ルート上ではトイレはここしかないので、要注意。

歩き出すとすぐ、無料の足湯もありましたよ。

そして、数分で下山時にまた寄る予定の黄金の湯に到着。
山と高原地図だと黄金の湯と河原の湯は並んでるみたいだけど、同じルート上にはありませんでした。


(4)

最初は舗装路歩きが続きます。

何箇所か滝への分岐があったり、滝の近くに行けたりします。

そう言えば、映画「滝を見に行く」の舞台も妙高山でしたよね?
http://takimini.jp/

途中、赤倉温泉の源湯があります。
ここに管理小屋のようなモノと浴槽がありました。
チョロチョロとお湯が流れてて、浴槽にためれば入れるんでしょうね。

そして、この管理小屋のおうなモノから沢へと向かうと、ここの小屋の人がつくったと思われるトイレがありました。
非公式ではありますが、最悪の場合は利用できますね。


(5)

途中、合目表示はありますが、何を基準にしているのかは不明です。
あんまり、当てにしないほうがいいかも?

胸突き八丁は、歩きやすいのでキツクはないです。
むしろ同じ標高差を下る時の方がメンタルやられるかも?

そして、そんな標高差を頑張ってる時に、
何度も見かけるゆるキャラのみょうこうさん。
あんまり顔がゆるくない!!

そして、埼玉県民は何度も武甲山と言ってしまう。


(6)

紅葉真っ盛りの登山道から、乾徳山の1枚岩を彷彿させる鎖場へ。
ここは結構楽しい。

そこから、山頂までは岩岩のルート。
よくガイドブックなどでは火打山とセットで紹介されてるんで、コチラ側のルートは載ってないけど、絶対コッチ側から行ったほうが楽しいと思った。


(7)

そして先ずは山頂標識がかわいい南峰へ。
遠くに北アの展望も。

日本岩という巨大な岩に囲まれたルートから、立派な山頂標識の北峰へ。
ここでランチに。

まだ、午前中ですよ。
今回のメンバーは、バイク乗りが多いので、モンスターエナジーがエンジンオイルに見えて仕方ありません。


(8)

後は
サクッと下山と思っていたら、

長介池までは、思っていたより遠かった。

さらに、この後のルートも長かった。

更に、徒渉箇所は、本気の徒渉でした。

実線でこれだけの悪路だったら、破線の神奈山の方のルートはどんなんなんだろう?

途中の河原の湯は、結構下った場所にあるみたいなんでスルー。
黄金の湯は、ちょっと熱めだけどサイコーでした。


(9)

予定通りには行かなかったけど、歩くペースは 0.9〜1.0(標準)。

実は、ちょっぴり筋肉痛が現在進行形だったりします。
訪問者数:266人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ