また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1275431 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

上州武尊山(武尊神社から反時計周りに周回)

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武尊神社そばの裏見ノ滝駐車場を利用しました。
駐車場に公衆トイレがあります。
水洗トイレで、トイレットペーパーも有りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、駐車場の入口にあります。
裏見ノ滝駐車場から手小屋沢避難小屋への分岐地点までは、約2kmの林道歩きです。けっこう長く感じました。特に帰りは。
武尊沢の渡渉地点を過ぎると木の根の急傾斜が始まります。
泥濘はありますが、歩く場所を選んで進めば、そんなに靴は汚れないと思います。
剣ヶ峰山から沖武尊に続く尾根は見晴らしのよい尾根道です。
最後の登りは、ガレ場の急登です。
下山は、山頂から15分ぐらい下ると、鎖やはしごが連続する箇所があります。それ程難易度は高くないと思いますが、下りなので、慎重に進みました。
登山道は、樹林の中を歩くことが多く、大部分がやわらかい黒土とむき出しの木の根の道でした。
その他周辺情報登山後の温泉は、湯テルメ谷川を利用しました。2時間で570円です。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール

写真

裏見ノ滝駐車場。ここで、標高1100mです。
2017年10月01日 06:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏見ノ滝駐車場。ここで、標高1100mです。
登山ポスト。
2017年10月01日 06:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポスト。
武尊神社から先は、未舗装です。自己責任で。
2017年10月01日 06:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊神社から先は、未舗装です。自己責任で。
手小屋沢避難小屋分岐地点。左に曲がると沖武尊。
2017年10月01日 06:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手小屋沢避難小屋分岐地点。左に曲がると沖武尊。
手小屋沢避難小屋分岐を直進しました。
2017年10月01日 06:42撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手小屋沢避難小屋分岐を直進しました。
1
木の根の道が始まりました。
2017年10月01日 06:53撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根の道が始まりました。
武尊沢の渡渉地点。
2017年10月01日 07:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊沢の渡渉地点。
渡渉後、目印のピンクテープの方向に進みます。
2017年10月01日 07:25撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉後、目印のピンクテープの方向に進みます。
木の根の急登が始まりました。
2017年10月01日 07:27撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根の急登が始まりました。
登山道がえぐれていて、歩きにくいです。
2017年10月01日 07:52撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道がえぐれていて、歩きにくいです。
ぬかるんでいますが、端の方を歩けば問題ありません。
2017年10月01日 08:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるんでいますが、端の方を歩けば問題ありません。
ここも急です。
2017年10月01日 08:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも急です。
霜柱のようです。
2017年10月01日 08:53撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱のようです。
紅葉の向こうに谷川岳。
2017年10月01日 09:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の向こうに谷川岳。
1
武尊山の向こうに至仏山。
2017年10月01日 09:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山の向こうに至仏山。
1
越後駒ヶ岳。
2017年10月01日 09:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳。
1
苗場山と谷川岳。
2017年10月01日 09:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山と谷川岳。
日光白根山?
2017年10月01日 09:25撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山?
かすかに富士山。
2017年10月01日 09:25撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかに富士山。
四阿山、草津白根山。
2017年10月01日 09:26撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山、草津白根山。
岩菅山、苗場山。
2017年10月01日 09:26撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山、苗場山。
沖武尊へ向かいます。
2017年10月01日 09:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖武尊へ向かいます。
この後がガレ場の急登になります。
2017年10月01日 10:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後がガレ場の急登になります。
一等三角点。
2017年10月01日 11:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点。
武尊山山頂。標高2158.3m。
2017年10月01日 11:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山山頂。標高2158.3m。
富士山。かすかに山頂が見えました。
2017年10月01日 11:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。かすかに山頂が見えました。
中ノ岳、家ノ串山、剣ヶ峰。奥に皇海山。
2017年10月01日 11:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳、家ノ串山、剣ヶ峰。奥に皇海山。
家ノ串山と皇海山。
2017年10月01日 11:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家ノ串山と皇海山。
1
中ノ岳と奥に日光白根山。
2017年10月01日 11:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳と奥に日光白根山。
1
日光白根山と男体山。
2017年10月01日 11:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山と男体山。
燧ケ岳、奥に会津駒ヶ岳、左に至仏山。
2017年10月01日 11:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳、奥に会津駒ヶ岳、左に至仏山。
燧ケ岳と会津駒ヶ岳。
2017年10月01日 11:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳と会津駒ヶ岳。
至仏山、笠ヶ岳。
2017年10月01日 11:06撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山、笠ヶ岳。
越後駒ヶ岳。
2017年10月01日 11:06撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳。
越後駒ヶ岳。
2017年10月01日 11:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳。
1
苗場山と谷川岳。
2017年10月01日 11:09撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山と谷川岳。
鎖場が始まりました。
2017年10月01日 12:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が始まりました。
苗場山と谷川岳。
2017年10月01日 12:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山と谷川岳。
手小屋沢避難小屋。
2017年10月01日 13:11撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手小屋沢避難小屋。
林道出会い、手小屋沢避難小屋分岐地点。
2017年10月01日 13:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出会い、手小屋沢避難小屋分岐地点。
裏見ノ滝駐車場まで、長い林道歩きです。
2017年10月01日 14:29撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏見ノ滝駐車場まで、長い林道歩きです。
裏見ノ滝駐車場。無事下山しました。
2017年10月01日 14:32撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏見ノ滝駐車場。無事下山しました。

感想/記録

2度目の武尊山は、武尊神社から登りました。
2年前は、川場野営場から登りました。前回の方が、大変だったような気がします。
今回は、駐車場から手小屋沢避難小屋への分岐地点までの林道歩きが、長く、帰りは、けっこうしんどかったです。
剣ヶ峰山への登りも、思っていたほど、泥濘もひどくなく、張り出した木の根とやわらかな土の急登も、ゆっくり登ったせいか、あまり大変だと感じませんでした。
剣ヶ峰山の山頂では、しばらくの間、他に誰もいなかったので、360度の展望を独り占めに出来ました。
剣ヶ峰山から沖武尊に続く尾根は、見晴らしもよく、気持ちのよい道でしたが、沖武尊から剣ヶ峰山に向かって歩いた方が、もっとよかったかもしれません。
沖武尊への最後の登りは、ガレ場の急登でした。
山頂は、大勢の人でにぎわっていましたが、ここでも360度の大展望を楽しむことが出来ました。
下山時に連続する、鎖場やハシゴは、思っていたより、難易度は高くなく感じました。
当たり前ですが、ストックはきちんとしまっておくべきでした。手に持ったまま降りたので、少し手間取りました。
最後の長い林道歩きは、少し大変でした。
訪問者数:235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ