また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1275905 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

以東岳

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大鳥集落を過ぎてからフラットダートだが、穴も結構空いている。
泡滝登山口手前に舗装された駐車スペース30台くらいか。
簡易トイレ一基あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間22分
休憩
1時間18分
合計
10時間40分
S大鳥登山口05:5406:44冷水沢橋07:09七ツ滝沢橋07:1207:28七ツ滝沢水場07:2907:46七曲水場07:5008:12大鳥小屋(タキタロウ山荘)08:2508:52東沢渡渉点10:55以東小屋10:5711:05以東岳11:3212:27オツボ峰 (御坪峰)12:52三角峰下水場13:54大鳥小屋(タキタロウ山荘)14:0714:28七曲水場14:3414:47七ツ滝沢水場15:03七ツ滝沢橋15:1215:38冷水沢橋16:29大鳥登山口16:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七ツ滝沢まで平坦だが崖沿いの道なので気は抜けない。
直登コースは大鳥池の縁を進むが、渡渉点まで結構急なアップダウンもある。東沢は本日は涸れ沢。以後急登1時間で展望がでてくる。
オツボ峰コースは大展望。アップダウンがあって時間がかかる。最後は急降下。

吊橋は2か所。短めで足元も広いので問題ない。他、簡単な渡渉数か所。
M氏に大鳥池周辺でマムシ注意といわれていたが、遭遇せず。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

クマかお星さまか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマかお星さまか
37
最後の急登終えると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登終えると
3
新築物件があって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新築物件があって
28
新以東小屋と化穴山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新以東小屋と化穴山
23
山頂標識はこれだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識はこれだが
8
あの岩を越えるのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩を越えるのか
15
縦走路も見納めだよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路も見納めだよ
14
あの上にあがって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの上にあがって
11
山頂を振り返ったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を振り返ったり
8
巻いてきた三角峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いてきた三角峰
12
トンネルをくぐる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルをくぐる
16
七ツ滝沢あと1時間強
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ滝沢あと1時間強
8

感想/記録
by cheeze

以東岳は巨大な山で、朝日連峰の奥深いところにあるので、なかなかたどり着けない。日帰りメインの自分たちにはちょっと無理な山と思っていた。でもいつまでも山を歩けるわけでもなく、そろそろ最後のチャンスかもしれないと思い、とりあえず行ってみることに。
行くならば10月初め、稜線から大鳥池に駆け下りていく紅葉を見てみたかった。

出発は5時頃の予定だったが、いきなり1時間遅れてしまう。ヘッドランプは3個も持っているので、あまり焦らずにマイペースで歩き出した。沢沿いの水平道だが、小さなギャップが沢山あって、帰路が思いやられる。
大鳥池で小休憩し、涸れた東沢から急登が始まる。標高差800、先週歩いた和賀川からの急登とほぼ同じ感じ。天気もいいし、後半は展望も素晴らしく、なんとか登りきることができた。ちょうど新しい以東小屋ができたところで、少し中を拝見させてもらった。新築の木の匂いがした。

山頂は360度の展望。風も穏やかで心地よい。朝日縦走路を眺めながらお昼をいただいた。ただあまりのんびりはできない。オツボ峰コースはコースタイムも長く、昼前には出発しないと。でもこのコース、素晴らしい展望と紅葉で足がなかなか進まない。ピーク毎に立ち止まって展望を楽しむ。多分エズラ峰だろうWピークが見事な紅葉をまとい、後ろの障子ヶ岳よりも目を引く。大鳥池を挟んだ反対側に化穴山の端正な姿が見える。
美しい縦走路を辿ると、オツボ峰のお花畑にまだハクサンイチゲとマツムシソウが咲いていた。素敵な場所。

さて、そろそろ下りないと。三角峰をトラバースして、あとは怒涛の下り。下に行くにつれて急になる道は直登コースとさして変わらない。大汗をかいて大鳥池畔に降り立って、蛇口からあふれ出る水で顔を洗い、少しおなかを満たしてから、長い帰途についた。

最初で最後の以東岳日帰り、二人とも無事に歩きとおせて何より。秋晴れの日に、美しく雄大な以東の稜線を歩くことができて、心満たされた一日となった。
訪問者数:955人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/12
投稿数: 926
2017/10/2 22:52
 ついに行かれましたか
ロングお疲れさまでした。
登りに直登コースを選択されたんですね。
どんどん標高を稼いで草原に出た時の爽快感、たまらないですね〜
私は以東を眺めながら登りたいので、いつもオツボ峰経由で歩いています。
「最初で最後」と仰らず、次回は花の時期に逆回りで歩いてみてくださいませ。
その頃は恐らく湖畔でヤマカガシが日向ぼっこしているかと思いますので
登録日: 2014/2/23
投稿数: 709
2017/10/3 6:35
 Re: ついに行かれましたか
モッケさん、おはようございます。
いやあ、遠かったです。まず庄内あさひから泡滝まで予想外に時間かかり、出発時はヘッデン覚悟でしたよ。帰りの水平道も、なんだか口数も少なくなってね、やや不穏な感じが  まずまず歩けてよかった、連れを少し褒めてやってください
画像の山、エズラ峰でいいのかな。志田さんの本にあった、クマを追いかけた急崖を持つ山ですね。天狗から見る風景とは逆に穏やかな山姿でした。残雪期の戸立や化穴の記録を思い出しながら、稜線歩き楽しめました。
ニョロニョロには会いたっくない!と池の周りきょろきょろしながら歩いてましたよ
登録日: 2010/7/19
投稿数: 526
2017/10/3 20:34
 大鳥池から
以前伺っていた以東岳、最高のタイミングで歩かれましたね〜
なかなか進まない展望の道のりも全く同感です。
ちょうどお二人が山頂にいる頃、私たちは畔で頂を眺めながらまったりしておりました。
反対周りだったらお会いできたんですけどね
私たちは前日に直登Cを登り、狐穴泊でした。
mokkeさんと同じく、最初で最後なんて言わず、ぜひまた記録楽しみにしてますよ〜
登録日: 2014/2/23
投稿数: 709
2017/10/3 21:52
 Re: 大鳥池から
そうでしたか、惜しかったですね。大鳥池の周りをぐるぐると追いかけっこしてた感じでしたね  登っていく途中で、山頂隣の岩峰歩く人が2p位見えてたんですが、あれがお二人だったんだろうか。
連れは初めての以東、いい天気で回れてよかったです。
日帰りは最初で最後ですけど、寒江山から以東もそのうち歩きたいとか。来年ですかね。今度こそ泊りで。
kojiさんとkeen2さんにはよくお会いするので、きっとまたどこかでね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ