ヤマレコ

記録ID: 1275970 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは大清水までバス。
帰りは尾瀬御池から会津高原尾瀬口へバス。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間31分
休憩
1時間7分
合計
11時間38分
S大清水04:0204:55一ノ瀬休憩所05:0005:19冬路沢橋05:30岩清水05:3106:18三平峠(尾瀬峠)06:32三平下(尾瀬沼山荘)06:4010:49皿伏山10:5011:10セン沢田代(道標)11:1111:47白尾山11:5712:14白尾田代12:30マイクロウェーブ反射板12:44富士見峠12:4912:51冨士見小屋12:5512:59富士見田代(尾瀬原分岐)13:0313:23土場13:31長沢頭14:31竜宮十字路14:5015:21見晴(下田代十字路)15:2215:28桧枝岐小屋15:3615:40見晴(下田代十字路)
2日目
山行
6時間27分
休憩
36分
合計
7時間3分
桧枝岐小屋05:1305:26見晴新道分岐07:50温泉小屋道・見晴新道 分岐07:5208:15燧ヶ岳08:1708:3608:5609:4709:5010:41熊沢田代10:4911:04御池登山口 5合目11:29広沢田代11:3012:06御池登山口12:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目は、尾瀬沼を燧ヶ岳山裾にそってまわる南岸コースを辿ってから、登山口へ。ログが飛んでますが。沼尻まではめちゃめちゃゆっくり(のつもり)。分岐で突然思い立って皿伏山、白尾山経由で富士見峠をめざしたので、途中からは急ぎ足です。
2日目、燧ヶ岳への分岐を間違えるという信じられないミス。燧ヶ岳頂上から尾瀬沼へ降りて行ったのは予定通り。
コース状況/
危険箇所等
木道とぬかるみばかりです。前日も雨は降ってないので、このエリアはスパッツ必携なのでは?
危険箇所はありませんが、どこも滑りやすいので足元注意です。
1日目の皿伏山と白尾山を経て富士見峠へ行く道は、リボンと踏みあとをたよりに進む道です。 ただリボンはたくさんつけられていて、迷いませんでした。
2日目の燧が岳の見晴し新道ですか、笹の根が出ていて歩きにくいです。急登もあります。倒木が道をふさいでいて、その下をくぐったりとか。
その他周辺情報原の小屋に素泊まりで泊まりました。夕食はメニューだけ見たのですが、岩魚とか出てたみたいで、貧乏が恨めしい。お風呂あります。シャンプー、石鹸禁止。お弁当頼みました。おにぎり+味噌のシソ巻き+チーズ。おいしいです。ス止まりの場合、ご飯は、外で調理(ガス使用)して、隣の無料休憩所で食べます。
御池のバス停のところには、尾瀬御池ミュージアムなるものがあり、ちょっと展示物やビデオがあります。かのヒラリー卿のサインがあったのには驚き。それから、お風呂もあるそうですが、どんなのかは確認せず。
帰りは、燧の湯に寄りました。上の原バス停から歩いてすぐ。橋を渡ると看板が出ていて、迷いません。露天風呂の前には緑のモミジと枯れた藤(笑)。受付の人に聞いたところ、モミジはあと1ヶ月くらいで真っ赤になるのではないかということでした。川の傍の、いいお湯です。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ スマホ(GPS) 時計(高度計)

写真

「トリカブトですかね?」って聞かれ、「トリカブトじゃない!」と宣言してしまいましたが、トリカブトの一種です。
2017年09月30日 07:03撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「トリカブトですかね?」って聞かれ、「トリカブトじゃない!」と宣言してしまいましたが、トリカブトの一種です。
1
ひゃっほーっ!大清水平、独り占め。
2017年09月30日 09:58撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひゃっほーっ!大清水平、独り占め。
1
独り占めです。
2017年09月30日 10:00撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独り占めです。
やっとたどり着けてちょっとほっとしました。
2017年09月30日 10:49撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとたどり着けてちょっとほっとしました。
ここ!身長150センチの私には展望はありませんでした。なんか笹の上にちょっと山が見えるんですが・・・。背伸びしてもそれ以上見えなかった・・・。
2017年09月30日 11:47撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ!身長150センチの私には展望はありませんでした。なんか笹の上にちょっと山が見えるんですが・・・。背伸びしてもそれ以上見えなかった・・・。
それでも、気持ちの良い山道。
2017年09月30日 12:03撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも、気持ちの良い山道。
ここから先は嘘のように道が整備されてるっていうか、林道。車通れる道です。
2017年09月30日 12:28撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は嘘のように道が整備されてるっていうか、林道。車通れる道です。
富士見小屋跡から少し行ったところ。必見。
池塘に近い木道の下がったところにしゃがむと、逆さ燧ケ岳が見れます。自然観察会の人たちが来てて、そうしゃべっていたので、私も見ることが出来ました。
青い空を映して、池塘も真っ青。キレイでした。
2017年09月30日 13:02撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見小屋跡から少し行ったところ。必見。
池塘に近い木道の下がったところにしゃがむと、逆さ燧ケ岳が見れます。自然観察会の人たちが来てて、そうしゃべっていたので、私も見ることが出来ました。
青い空を映して、池塘も真っ青。キレイでした。
1
ヒツジグサ?こういうのも紅葉するんですねぇ。
2017年09月30日 14:35撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒツジグサ?こういうのも紅葉するんですねぇ。
ちょっと振り返ると、朝の尾瀬湿原が。
2017年10月01日 07:21撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと振り返ると、朝の尾瀬湿原が。
富士山。
2017年10月01日 08:08撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山。
雲が溜まってるんですよ。
2017年10月01日 08:16撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が溜まってるんですよ。
御池岳と青空。
写真、下手なんでうまく撮れなかったんですが、青空と緑の山がそれは気持ちよいコントラストでした。無名の山でも、好きです、こういう風景。
2017年10月01日 09:31撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳と青空。
写真、下手なんでうまく撮れなかったんですが、青空と緑の山がそれは気持ちよいコントラストでした。無名の山でも、好きです、こういう風景。
燧ケ岳から尾瀬沼方向へ下っていった先。ここまでで引き返しました。
2017年10月01日 09:39撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳から尾瀬沼方向へ下っていった先。ここまでで引き返しました。
1
御池への道はこんな感じのところも。別に登れますけどね。
2017年10月01日 10:23撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池への道はこんな感じのところも。別に登れますけどね。
振り返って。
2017年10月01日 10:45撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
オゼミズギク。点々と咲いてて可愛かった。
2017年10月01日 11:18撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オゼミズギク。点々と咲いてて可愛かった。
山じゃないけど。オマケ。フラッシュたかないで撮ったんで、暗いですが、ヒラリー卿のサイン。尾瀬ブナの森ミュージアムにあります。97年に来日して講演したんだとか。
念のため。「そこに山があるから」の人です。
(追記)
と思ってたら違った(汗)エベレスト初登頂の人です。
(追記)
間違い(汗)。エベレスト初登頂の人です。
2017年10月01日 12:37撮影 by NIKON D3000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山じゃないけど。オマケ。フラッシュたかないで撮ったんで、暗いですが、ヒラリー卿のサイン。尾瀬ブナの森ミュージアムにあります。97年に来日して講演したんだとか。
念のため。「そこに山があるから」の人です。
(追記)
と思ってたら違った(汗)エベレスト初登頂の人です。
(追記)
間違い(汗)。エベレスト初登頂の人です。
1

感想/記録

本当に、晴天に恵まれました。
富士見田代の池塘、最高にキレイでした。燧ケ岳の頂上からは、360度、絶景が見渡せました。山々の連なりは、やっぱり美しい。
頂上で、あの山行きたいって話してる二人連れがいて、ああ、って思いました。私も同じこと考えてたから。
足の故障で今年はいけなかったけれど、来年、行きたいなあ。

燧ケ岳の上の方は、霜柱があり、そろそろ冬なんだなあって思いました。
剱岳も裏越後も、来年・・・。
訪問者数:122人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ