また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276110 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鶴峠〜三頭山〜笹尾根。

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
38分
合計
6時間48分
S鶴峠09:2111:07鶴峠分岐11:33三頭山(西峰)11:43三頭山12:0013:16槇寄山13:2213:51数馬峠14:0414:32笛吹峠14:47丸山14:4916:09日寄橋バス停16:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険なところはありません。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

8:03上野原駅で長田さんにコースの注意点をお聞きします。
特に気を付けることはないが、最後の分岐で左に行くとうんと遠回りして三頭山に登ることになるよと言われる。
今日もヤマレコに写真をアップすることを許可頂きました。
2017年10月01日 08:10撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:03上野原駅で長田さんにコースの注意点をお聞きします。
特に気を付けることはないが、最後の分岐で左に行くとうんと遠回りして三頭山に登ることになるよと言われる。
今日もヤマレコに写真をアップすることを許可頂きました。
9:22
バスが鶴峠に到着。トイレもちゃんと設置されています。
2017年10月01日 09:29撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:22
バスが鶴峠に到着。トイレもちゃんと設置されています。
ここを登って行きます。
2017年10月01日 09:32撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登って行きます。
作業道との分岐がいくつもあります。長田さんの作られた地図にも詳細が載っています。
2017年10月01日 09:44撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道との分岐がいくつもあります。長田さんの作られた地図にも詳細が載っています。
ずっと巻道のような登山道を進んで行きます。
2017年10月01日 09:55撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと巻道のような登山道を進んで行きます。
10:10
ブナが現れて来ました。
2017年10月01日 10:17撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:10
ブナが現れて来ました。
1
大きなブナが現れるたびに立ち止まって上を見上げます。
2017年10月01日 10:18撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなブナが現れるたびに立ち止まって上を見上げます。
2
10:14
向山との分岐。
2017年10月01日 10:21撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:14
向山との分岐。
向山へは階段を下って行くようです。
2017年10月01日 10:21撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向山へは階段を下って行くようです。
キノコ♪
可愛い。
2017年10月01日 10:30撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ♪
可愛い。
1
11:07
と言っている間に分岐に出ました。
何と鶴峠分岐とあります。
間違えて分岐を巻道へ進んでしまったようで長田さんの注意にあった遠回りして三頭山を登ることになりました(涙)。
2017年10月01日 11:14撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:07
と言っている間に分岐に出ました。
何と鶴峠分岐とあります。
間違えて分岐を巻道へ進んでしまったようで長田さんの注意にあった遠回りして三頭山を登ることになりました(涙)。
11:29
鞘口峠との分岐。
ここをひと登りすると三頭山。
何分ロスしたのでしょう?
2017年10月01日 11:36撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:29
鞘口峠との分岐。
ここをひと登りすると三頭山。
何分ロスしたのでしょう?
11:33
三頭山(東峰)到着。
やれやれ。
2017年10月01日 11:40撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:33
三頭山(東峰)到着。
やれやれ。
展望台から大岳山。
2017年10月01日 11:41撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から大岳山。
3
展望台にはいつも人が大勢。
2017年10月01日 11:42撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台にはいつも人が大勢。
続いて中央峰。
2017年10月01日 11:44撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて中央峰。
1
頂上近辺はどこも沢山の登山客。
2017年10月01日 11:45撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上近辺はどこも沢山の登山客。
西峰へ向けて最後の登り。
2017年10月01日 11:47撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰へ向けて最後の登り。
11:43
西峰。これが所謂三頭山の頂上のようです。
2017年10月01日 11:51撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:43
西峰。これが所謂三頭山の頂上のようです。
富士山の頭がかろうじて見えています。
2017年10月01日 11:50撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の頭がかろうじて見えています。
鷹ノ巣山とか奥多摩の峰々。
2017年10月01日 11:51撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山とか奥多摩の峰々。
1
人が多くて居心地が良くないのでおにぎりを食べて12:00さっさと出発します。
2017年10月01日 11:51撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が多くて居心地が良くないのでおにぎりを食べて12:00さっさと出発します。
12:13
三頭山避難小屋。
2017年10月01日 12:20撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:13
三頭山避難小屋。
中はいつも綺麗に整備されています。
2017年10月01日 12:20撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はいつも綺麗に整備されています。
土間も広い。
いつか泊まろうと思いながらなかなか実現しない。
帰ろうと思えば帰れる場所です。
2017年10月01日 12:20撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土間も広い。
いつか泊まろうと思いながらなかなか実現しない。
帰ろうと思えば帰れる場所です。
誰か住んでいそうですが、お出かけのようで誰もいませんでした。
2017年10月01日 13:02撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰か住んでいそうですが、お出かけのようで誰もいませんでした。
1
13:16
槇寄山。
2017年10月01日 13:23撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16
槇寄山。
三頭山は賑やかでしたがここまで来るとほとんど人が居ません。
2017年10月01日 13:23撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山は賑やかでしたがここまで来るとほとんど人が居ません。
槇寄山から向かいの権現山。
今日は権現山に行くことも考えました。
2017年10月01日 13:23撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇寄山から向かいの権現山。
今日は権現山に行くことも考えました。
13:51
数馬峠。反対側の集落からは上平峠と呼ばれているようで二つの名前が標識に書かれています。
2017年10月01日 13:58撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:51
数馬峠。反対側の集落からは上平峠と呼ばれているようで二つの名前が標識に書かれています。
数馬峠からの向かいの権現山。
富士山はいません。
2017年10月01日 13:58撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬峠からの向かいの権現山。
富士山はいません。
ここで休憩していたらカップルが反対方から来て男性の足元を見たらビーチサンダルのようなものを履いています。聞いて見たらここ数年これで歩いていて足が敏感になって来たような気がすると言っておられました。
そしてどこまで行くのか聞いたら「妻がまだ本調子ではないので」と言われて良く見たら左腕にギブスが!
気が付きませんでした(笑)。でも調子が良いのでもう少し進んでみますと。お大事に。
2017年10月01日 13:58撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで休憩していたらカップルが反対方から来て男性の足元を見たらビーチサンダルのようなものを履いています。聞いて見たらここ数年これで歩いていて足が敏感になって来たような気がすると言っておられました。
そしてどこまで行くのか聞いたら「妻がまだ本調子ではないので」と言われて良く見たら左腕にギブスが!
気が付きませんでした(笑)。でも調子が良いのでもう少し進んでみますと。お大事に。
1
14:32
笛吹峠(うずしきとうげ)。
2017年10月01日 14:39撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:32
笛吹峠(うずしきとうげ)。
14:47
丸山山頂。
2017年10月01日 14:54撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:47
丸山山頂。
14:49
ここから日寄橋へ向けて下山します。
2017年10月01日 14:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:49
ここから日寄橋へ向けて下山します。
最初はこんな道。
2017年10月01日 14:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこんな道。
途中見晴らしの良いところも。
2017年10月01日 15:12撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中見晴らしの良いところも。
キノコ♪
2017年10月01日 15:38撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ♪
1
16:09
日寄橋ではなくて芦瀬のバス停に到着しました。
下りは思っていた以上に長かった。コースタイム通り1時間20分も掛かっています。
久し振りに少し長いコースを歩き調子が悪くないことが確認出来ました。
2017年10月01日 16:16撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:09
日寄橋ではなくて芦瀬のバス停に到着しました。
下りは思っていた以上に長かった。コースタイム通り1時間20分も掛かっています。
久し振りに少し長いコースを歩き調子が悪くないことが確認出来ました。
2

感想/記録

ここの所短いコースばかり歩いていたので少し長いコースを歩いて見ようと思い鶴峠から三頭山へ登り丸山から日寄橋へ下るコースを設定しました。
訪問者数:659人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 ブナ サンダル ブス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ