ヤマレコ

記録ID: 1277166 全員に公開 ハイキング甲信越

唐沢岳ついでの東餓鬼岳 紅葉の藪を泳ぎ山頂で独り佇む 

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

1日目:中房温泉-東沢乗越-東沢岳-東餓鬼岳-中沢岳-餓鬼岳-餓鬼岳小屋泊
2日目:餓鬼岳小屋-餓鬼岳-唐沢岳-餓鬼岳-中沢岳-東沢岳-東沢乗越-中房温泉
コース状況/
危険箇所等
登山道はありません。

写真

東沢岳から東餓鬼岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢岳から東餓鬼岳を望む。
1
真ん中過ぎた2429mのコルへの下りと東餓鬼岳への上りが一番藪が濃い。土は踏めないので紅葉の中を泳ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中過ぎた2429mのコルへの下りと東餓鬼岳への上りが一番藪が濃い。土は踏めないので紅葉の中を泳ぐ。
1
東餓鬼岳頂上 三角点あり 360度の展望を独り占め。まったり昼食をとる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東餓鬼岳頂上 三角点あり 360度の展望を独り占め。まったり昼食をとる。
1
稜線を忠実に進むこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を忠実に進むこと。
1
数箇所リボン見つけたが、道しるべにはならない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数箇所リボン見つけたが、道しるべにはならない。
1
ハイマツの中を戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの中を戻る。
1
あそこが戻り先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこが戻り先。
1
ここから東沢岳までは踏み跡が少しはっきりする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから東沢岳までは踏み跡が少しはっきりする。
1
東沢岳に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢岳に戻りました。
1

感想/記録
by yudaia

今回の目的地は唐沢岳でしたが、行きはそれだけではつまらないので東餓鬼岳をピストンし藪こぎで遊びました。笹やぶと違いハイマツ漕ぎのため土を踏むことなく枝の上を泳いで渡る感覚。木々の紅葉もきれいで楽しい泳ぎでしたが思ったより時間がかかりました。(休憩入れて2時間45分と予想より1時間余計。)ついでに剣ズリもきっちり穂先まで行って遊びました。
中房温泉口は相変わらずの人ですが、東沢登山道は登りも下りも一組しか出くわさない閑散とした登山道でした。道は荒れ気味で渡渉が数箇所ありますがマークを見失わなければ問題はないでしょう。ただ人が歩いていないので沢の石は苔が乗っていてよく滑るので注意しましょう。餓鬼岳小屋も混んでいましたが、白沢登山口からの人が8割ぐらい。東沢乗越-餓鬼岳小屋の稜線は行きは数組同じ方向へ向かう方、帰りは2組の行き違いで同じ方向の方はなし。怖いほど静かな山行で中房にいた皆さんは一体どこへいってしまったのでしょうか。偏りが半端ないので恐ろしさを感じます。自分の山の楽しみ方を今後も続けよう。
訪問者数:76人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/21
投稿数: 350
2017/10/3 15:29
 藪泳ぎ(@@;
yudaiaさん
こんにちは。
餓鬼岳って名前がとっても惹かれて、行ってみたいところ。
東餓鬼岳に行くとのことなので地図を見てみたら、道はなかったです。。。
紅葉と青空は綺麗だけど、厳しそうな山歩き。
すごいなぁ^^
登録日: 2017/9/4
投稿数: 2
2017/10/3 17:28
 Re: 藪泳ぎ(@@;
予定通り藪こぎで遊びました。餓鬼だけではつまらないと思うので東沢経由で唐沢岳も行くといいですよ。この稜線はおもろいです。仙ノ倉も行きたい山だが、名古屋からでは群馬が遠い・・・。近くてうらやましい。ちなみに百高も結局潰して蝙蝠だけにしました。今の私にはつまらん目標潰しですが一応来年度は百名と百高はこなします。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ