また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1277188 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳〜大清水IN 鳩待峠OUT〜

日程 2017年10月03日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
1時間17分
合計
9時間23分
S大清水04:1204:55一ノ瀬休憩所05:1305:27冬路沢橋05:2705:35岩清水05:3706:00三平峠(尾瀬峠)06:0206:13三平下(尾瀬沼山荘)06:2706:41尾瀬沼ヒュッテ06:4106:47長蔵小屋06:58三本唐松06:5907:04長英新道分岐07:0408:41ミノブチ岳08:4109:0009:0509:22燧ヶ岳09:3609:48温泉小屋道・見晴新道 分岐09:4911:38見晴新道分岐11:3811:45桧枝岐小屋11:4911:49見晴(下田代十字路)11:5812:12竜宮十字路12:1212:21下ノ大堀川橋12:2112:27牛首分岐(中田代三叉路)12:2712:32上ノ大堀橋12:3212:47山ノ鼻12:5213:32鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

スタートの大清水
明かりはヘッドライトのみ
真っ暗過ぎてトイレがあったのも見逃しそうだった
2017年10月03日 04:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートの大清水
明かりはヘッドライトのみ
真っ暗過ぎてトイレがあったのも見逃しそうだった
一ノ瀬休憩所
ようやく少し白みがかる
2017年10月03日 05:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬休憩所
ようやく少し白みがかる
だいぶ明るくなってきた
一番乗りなのか蜘蛛の巣によくかかる
2017年10月03日 05:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ明るくなってきた
一番乗りなのか蜘蛛の巣によくかかる
尾瀬沼山荘
2017年10月03日 06:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼山荘
尾瀬沼
ちょっと雲が多いのが残念
2017年10月03日 06:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼
ちょっと雲が多いのが残念
1
尾瀬沼を少し遠くから
2017年10月03日 06:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼を少し遠くから
1
長英新道へ向かいます
2017年10月03日 06:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長英新道へ向かいます
三本唐松と尾瀬沼
2017年10月03日 06:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本唐松と尾瀬沼
ベニテングタケ
2017年10月03日 07:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニテングタケ
2
長英新道はちょっとぬかるんでた
2017年10月03日 07:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長英新道はちょっとぬかるんでた
撮影機材:

感想/記録

夜行バスで新宿バスタ22時発
平日ということもあって乗客は7人
どこ使ってもいいということなので、4列シートをまっすぐに使って足を伸ばして寝ることができた。熟睡はできなかったが、横になれたことは大きい。

大清水到着は3時50分。びっくりするほど真っ暗闇の中に放り出される。一ノ瀬休憩所までのバスを待つ人もいたが、ヘッドライトをつけて歩き始める。

一ノ瀬休憩所で朝ご飯。おにぎりとパンを頬張る。まだ暗いものの、少し白み始める。

三平峠までの道のりは一番乗りだったのか蜘蛛の巣にやけにかかる(-_-)

長英新道は前日の雨の影響か、ところどころぬかるんでいたが、歩きにくいほどではなかった。

燧ヶ岳山頂は残念ながら雲がかかり、景色はイマイチ。

一番キツかったのは燧ヶ岳からの下り。見晴新道のぬかるみが半端ない。


訪問者数:430人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ