また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278894 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

日光の山旅 1日目 男体山

日程 2017年10月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二荒山神社駐車場から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
45分
合計
6時間23分
S二荒山神社前バス停08:0208:06二荒山神社中宮祠09:04四合目09:59七合目11:08二荒山神社奥宮11:1011:14男体山11:1911:21二荒山神社奥宮11:4512:37七合目12:4713:33四合目14:18二荒山神社中宮祠14:2214:23二荒山神社前バス停14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

二荒山神社駐車場 空いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二荒山神社駐車場 空いている
1
ここで500円を納める。ルートの説明を受け、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで500円を納める。ルートの説明を受け、
2
このお札をいただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このお札をいただく。
2
ここからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート
1
一合目から熊笹の中を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目から熊笹の中を歩く
しばらく車道を歩くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく車道を歩くと、
四合目。ここから登山開始という感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目。ここから登山開始という感じ
2
五合目でバスツアーの団体を抜かしていただく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目でバスツアーの団体を抜かしていただく
1
この辺り紅葉していた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺り紅葉していた
3
こういう感じの中を歩き、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう感じの中を歩き、
樹林帯を抜けると晴れ出した!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると晴れ出した!
1
こういうところが一番歩きにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうところが一番歩きにくい
溶岩土壌となった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩土壌となった
1
二荒山大神とのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二荒山大神とのこと
3
中禅寺湖も全容が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖も全容が見える
4
あそこが最高地点だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこが最高地点だ
1
明日登る白根山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登る白根山!
2
白根山に雲がかかってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山に雲がかかってきた
頂上エリア全景。さあ下りよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上エリア全景。さあ下りよう
3
中禅寺湖がやはりいい眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖がやはりいい眺め
3
8合目まで戻ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目まで戻ってきた
中禅寺湖が近づく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖が近づく
1
熊笹の中をひたすら下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊笹の中をひたすら下る
戦場ヶ原から見た男体山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原から見た男体山
1

感想/記録
by goro

夏の天候不順で様子を見ているうちに、山に行く機会を失くしてしまった。10月の1週目の週半ばから休みがとれたので、北アに出かけようと考えたが、週後半はやはり天気が悪そう。天気のよさそうな水、木の2日間で楽しめそうなところを考え、日光の男体山と白根山に登ってみようと考えた。初日は男体山、2日目に日光白根山とした。いずれも観光やスキーで近くには行くが、これまで登ったことがなかった。
1日目 男体山
朝4時半過ぎにさいたま自宅を出て、二荒山神社の駐車場に着いたのは7時半過ぎ。バスで来た中高年の登山ツアーが準備体操をしていた。こちらも用意を整え、8時過ぎにスタート。男体山登山は神社参拝である。入山料として参拝代500円を納める。おフダとルート図をいただく。
鳥居で頭を垂れ、石段を上がると、熊笹の生い茂る斜面を直登する。いったん作業用車道に出て、しばらく歩くと四合目で、ここからが登山の開始という感じだ。ガスが出ており遠望は利かなさそうでテンションはイマイチ上がらない。しかし樹林のなかを抜け、植生が変わる辺りからガスがとれ出した。
青空が現れ、中禅寺湖も見えるようになった。しばらく急登の岩場が続く。緩やかになるとステップの合わせにくい階段の登高が鬱陶しい。頂上直下は富士山のような溶岩土壌の中を登る。男体山は火山なのだ。左手に戦場ヶ原がよく見える。歩き出してから3時間ほどで頂上に着く。標高差1200mというのは富士宮口からの富士登山とあまり変わらない。天気もよく半袖で問題ないくらいの陽気だ。富士山までは見えないが、いい眺めだ。明日登る予定の白根山も目の前だ。すぐ北の太郎山や女峰山も立派だ。平日だが、団体含め、けっこうな人出だ。頂上エリアは広く、皆、思い思いの場所で休んでいる。40分ほど頂上で過ごしてから下山する。来た道を下るだけ。途中でも大勢の人とすれ違った。2時間半ほどで下山した。これまで奥日光の観光の際に見上げていた男体山はなかなかの山だった。
けっこう汗もかいたので、日光湯元の「ホテルおおるり」の日帰り温泉で汗を流した。タオル付500円で素晴らしいお湯だった。日光湯元温泉でいくつか飛び込みで宿を探したが、どこも一杯だった?ので、結局この日は、丸沼高原の駐車場で車中泊とした。片品のセブンイレブンまで買い出しとなった。
2日目はこちら
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1279116.html
訪問者数:339人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ