また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1281260 全員に公開 トレイルラン甲信越

継子岳(紅葉&滝レコ)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中の湯駐車場。
6時半着で登山口近くの駐車場は満杯でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
↑1600m
⇔17km
4合目百間滝入口〜百間滝展望台まで通行止め(ササが刈られていない)
八合目〜三ノ池避難小屋(三ノ池道)紅葉が素晴らしい。
七合目行場山荘〜百間滝展望台 笹が刈られていてフカフカトレイル
百間滝展望台〜六合目中の湯 笹が刈られていて苔が素晴らしいトレイル
その他周辺情報直帰です。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 FT長袖L1+L2 バンダナ 短パン グローブ
備考 消費:水1.3L おにぎり1個 ゆで卵1個 クロワッサン1個 ジェル1個 塩タブ4個
余り:水0.2L おにぎり1個 クロワッサン1個 ジェル4個 塩タブ2個

写真

4合目に車を止めて、油木美林遊歩道へGo!
ここフカフカです。
2017年10月08日 06:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目に車を止めて、油木美林遊歩道へGo!
ここフカフカです。
まずは「こもれびの滝」
2017年10月08日 06:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは「こもれびの滝」
3
あれっ!早々に通行止め。
いやな予感がするので、無理に行くのはやめます。
2017年10月08日 06:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれっ!早々に通行止め。
いやな予感がするので、無理に行くのはやめます。
なので「不易ノ滝」をゲットしときました。
2017年10月08日 06:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので「不易ノ滝」をゲットしときました。
3
気を取り直して、6合目から再スタート。
アップは完了済。
レッツゴー!
2017年10月08日 06:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して、6合目から再スタート。
アップは完了済。
レッツゴー!
1
振りむけば、いきなり雲海。
テンション急上昇!
2017年10月08日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振りむけば、いきなり雲海。
テンション急上昇!
2
目の前にはバッチリな紅葉。
更にテンションアップ。
八合目です。
2017年10月08日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前にはバッチリな紅葉。
更にテンションアップ。
八合目です。
7
うん?
槍まで見えてしまった。
テンションメーター振り切れました。
2017年10月08日 07:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うん?
槍まで見えてしまった。
テンションメーター振り切れました。
5
石室山荘手前から火山灰が出てきます。
2017年10月08日 07:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室山荘手前から火山灰が出てきます。
1
お空もきれい!
言うことなし!
2017年10月08日 08:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お空もきれい!
言うことなし!
2
山頂方面です。
手を合わせて一礼します。
2017年10月08日 08:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面です。
手を合わせて一礼します。
1
あれが噂の2.5ノ池か?
2017年10月08日 08:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが噂の2.5ノ池か?
2
来てよかった。
奥に北アルプスが丸見えです♪
2017年10月08日 08:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来てよかった。
奥に北アルプスが丸見えです♪
2
目的地の継子岳が見えました。
2017年10月08日 08:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地の継子岳が見えました。
2
あの山は。
もしかして、明日行く予定の山か?
2017年10月08日 08:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山は。
もしかして、明日行く予定の山か?
3
霜柱発見。
やっぱり寒かったんですね。
2017年10月08日 08:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱発見。
やっぱり寒かったんですね。
ハイマツの実を一心不乱に食べるホシガラス。
1mの距離でも逃げませんでした。
ありがとう。
2017年10月08日 08:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの実を一心不乱に食べるホシガラス。
1mの距離でも逃げませんでした。
ありがとう。
5
快適ダウンヒル開始。
2017年10月08日 08:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適ダウンヒル開始。
3
三ノ池大好き。
2017年10月08日 08:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池大好き。
4
断層みたいなのがかっこいい。
2017年10月08日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断層みたいなのがかっこいい。
2
継子岳そばは、こんな感じで独特の雰囲気です。
2017年10月08日 08:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子岳そばは、こんな感じで独特の雰囲気です。
1
乗鞍岳の奥に北アルプスオールスターズ。
2017年10月08日 08:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳の奥に北アルプスオールスターズ。
2
継子岳とうちゃこ。
この山好き。
空いてて。眺望も最高。
2017年10月08日 08:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子岳とうちゃこ。
この山好き。
空いてて。眺望も最高。
6
御嶽山を見ながら、補給します。
やっぱり噴煙ですね。
最初はガスかと思っていましたが、ず〜っと出てました。
2017年10月08日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山を見ながら、補給します。
やっぱり噴煙ですね。
最初はガスかと思っていましたが、ず〜っと出てました。
3
素晴らしい。
心が洗われます。
2017年10月08日 09:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい。
心が洗われます。
6
三ノ池道で紅葉ラン開始。
2017年10月08日 09:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池道で紅葉ラン開始。
2
うっとり。
2017年10月08日 09:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっとり。
3
紅葉が素晴らしすぎて、足が進みません。
おかげで心拍数が下がって寒くなりました。
2017年10月08日 09:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が素晴らしすぎて、足が進みません。
おかげで心拍数が下がって寒くなりました。
9
こんなトレイルも走れちゃいます。
ほんと、言うことなしだね。
2017年10月08日 09:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなトレイルも走れちゃいます。
ほんと、言うことなしだね。
5
さて延長戦です。
七合目行場山荘を右折して百間滝展望台へ遠回り。
でも人が歩いていないのでトレイルはフカフカ。
2017年10月08日 10:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて延長戦です。
七合目行場山荘を右折して百間滝展望台へ遠回り。
でも人が歩いていないのでトレイルはフカフカ。
こんな階段も出現。
水が溜まっているので、つま先で降ります。
ふくらはぎが鍛えられますよ。
2017年10月08日 10:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな階段も出現。
水が溜まっているので、つま先で降ります。
ふくらはぎが鍛えられますよ。
苔萌えポイントもあり。
2017年10月08日 10:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔萌えポイントもあり。
3
百間滝だと思う。
2017年10月08日 10:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滝だと思う。
3
4合目方面は、途中まで行けるとのこと。
様子を見に行ってみよう。
2017年10月08日 10:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目方面は、途中まで行けるとのこと。
様子を見に行ってみよう。
3歩で撤収。
笹漕ぎが待っています。
たぶんずぶ濡れになるでしょう。
2017年10月08日 10:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3歩で撤収。
笹漕ぎが待っています。
たぶんずぶ濡れになるでしょう。
大正ノ滝?
2017年10月08日 10:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正ノ滝?
2
6合目中の湯へ戻ります。
笹が刈られており、快適トレイル。
想定外。
2017年10月08日 11:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目中の湯へ戻ります。
笹が刈られており、快適トレイル。
想定外。
いい雰囲気。
最高です。
2017年10月08日 11:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気。
最高です。
1
苔萌えポイントもあるでよ。
2017年10月08日 11:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔萌えポイントもあるでよ。
3
最後は紅葉をうっとり見ながら、登ります。
2017年10月08日 11:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は紅葉をうっとり見ながら、登ります。
1

感想/記録

皆さんのレコを拝見していると、御嶽山付近の紅葉が綺麗との情報。
しかも日曜日は気温も上がり、風も無い。
あれから封印していた大好きな山に行ってきました。
山頂は行けませんので、継子岳を目的地としました。
それと前から気になっていた、油木美林を通って登ろうと計画しました。

四合目駐車場に車を止め、こもれびの滝を見ていよいよ噂の鉄の長い階段に着くと、通行止めのテープが。。。
調査不足だった。
そもそも油木美林ルートのレコがほとんどないんだもん。
いやな予感もするので、さっと諦めました。
せっかくなので、不易の滝を見に行くことに。
テレビで見る様な素敵な滝でした。
駐車場に戻り、六合目中の湯からスタートに変更。
勝手を知っているので助かりました。

六合目駐車場に着くと、あれあれ満員御礼。
事前のレコだと人が少ないという情報だったんだが。
なんとか車を止めて速攻でスタート。
勝手知っているルートなので、どんどん標高を稼ぎます。
紅葉の時期に来るのは初めて。

八合目に着くと、早速紅葉が。
素晴らしい。
そして、人もそこそこ多く賑わっていました。
良かったです。

石室山荘付近から火山灰が出現します。
火山灰の上を歩くのも初めての経験です。
そして状況を自分の目で見て見たかったというのもありました。
火山灰は触ると重たく、冷たい。
そしてすごい滑ります。
常に山頂方向を気にしながら登ります。
万が一に備えて避難場所を確認しながら登ります。
そしてスピーディーに。

途中、山頂方面へ一礼。
複雑な気持ち。

本日は摩利支天山はスルーです。
すでにゲットしているので。
継子岳へは、初の時計回りで行くことに。
途中大好きな三ノ池を見ながら進みます。
眺望もどこを見ても遠くの山が見えるご機嫌な天気です。
そして風もないので、寒くない。

継子岳では、御嶽の噴煙を見ながら補給。
複雑な気持ちで眺めていました。

最後はメインディッシュの紅葉ランへ。
初めての三ノ池道です。
前回来たときは通行止めだったので、楽しみです。

三ノ池道はなんと紅葉が素晴らしいこと。
写真では伝わらない美しさ。
いままでで一番きれいな紅葉だった気がします。
写真ばかり撮ってしまうので、心拍数が下がってしまい、少し寒くなってきちゃいます。

八合目から降りていると、次々に登山者が登って来る。
この時間からするとロープウェイ組ですね。
それにしても、情報とは違い、とても賑やかです。
嬉しい限りです。

七合目行場山荘に到着。
エクストラステージとして百間滝方面のルートは行けそうなので、油木美林が通行止めの理由を探るのも合わせて、遠回りすることに。
七合目行場山荘から右に折れて、初めてのルートに進みます。
笹がとっても良く刈られていて、素敵なトレイルでした。
でも、誰も歩いていない感じがプンプン。
おかげで、トレイルはフカフカでトレランには最適。
しかも、誰とも会わないし。
ただし、こういうトレイルは事故を起こすとやばいので、安全率アップで走ります。

百間滝展望台についたが、地図には「素晴らしい滝の競演の眺め」と書いてあるが、どこに滝があるか分からない始末。
笹をかき分けて進むと1本の滝だけ見えました。

本命の油木美林へのルート調査へ。
看板があり途中の油木美林までは行けるとのこと。
じゃあ油木美林まで行ってみようかと、看板の後ろに進むと。
絶句。。。
笹がボーボー。
ここで笹漕ぎをしたらびしょ濡れになるので、即撤収。
本日二度目の諦めです。

最後は六合目の駐車場に戻ります。
後は登るだけかと思いきや、トラバース気味に標高を下げていきます。
おかげで、シングルトレイルを走れちゃうんですけどね。
ご褒美か?
3回ぐらい川を渡ります。
増水時は渡れな時もあるようです。
そしてこのトレイルがまた素敵。
このルート気に入りました。
お気に入りリストに登録決定!

本日もありがとうございました。
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ