また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1281269 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

平ヶ岳(鷹ノ巣ルート)・玉子石

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
 yamanagi(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日の23時に駐車場に着いたけどすでに駐車場は満車。スペースを見つけて駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間4分
休憩
1時間0分
合計
10時間4分
S鷹ノ巣登山口05:0506:52下台倉山07:34台倉山07:3907:47台倉清水07:4808:21白沢清水08:2209:19池ノ岳09:2909:52平ヶ岳三角点09:5409:59平ヶ岳10:04平ヶ岳三角点10:0910:26平ヶ岳キャンプ指定地10:40玉子石10:4411:02池ノ岳11:1411:58白沢清水12:33台倉清水12:4812:59台倉山13:40下台倉山13:4515:09鷹ノ巣登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<登山口〜下台倉山>
前日の雨のせいで粘土質の土がむき出しで滑りやすかったです。下りは乾いてきたためかそんなに問題ありませんでしたが悪天時は要注意。
やせ尾根は天気が安定しているときであれば問題なく通過できそうでした。
<下台倉山〜池ノ岳・姫ノ池>
台倉山までは東側が開けていて展望を楽しみながら登山できます。
地味なアップダウンを繰り返す上、ぬかるみで足元が不安定なところが時々あるので精神的に疲れます。
池ノ岳直下はアップダウンなしの登りのみ。精神的には参りそうですが激しい急登ではないのでマイペースで行けば問題無いです。
<池ノ岳・姫ノ池〜平ヶ岳〜玉子石>
多少のアップダウンはありますがほぼ平坦な木道です。木道は広くないので場所によって譲り合いが必要です。
平ヶ岳頂上はウッドデッキのようになっていて休憩スペースが広くとられています。
玉子石の写真撮影ポイントは狭いので撮影渋滞が起き易そうでした。
その他周辺情報登山バッジ:清四郎小屋で購入
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ロールペーパー
共同装備 ファーストエイドキット 日焼け止め ツェルト 携帯トイレ

写真

5時駐車場を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時駐車場を出発。
やせ尾根の上を歩いていきます。思っていたより歩きやすかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせ尾根の上を歩いていきます。思っていたより歩きやすかったです。
出発して40分。登ってきた感があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発して40分。登ってきた感があります。
下台倉山まではまだまだ登ります。上のほうは紅葉真っ盛りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下台倉山まではまだまだ登ります。上のほうは紅葉真っ盛りでした。
雲間から燧ケ岳が見えました。このままどんどん天気がよくなっていくとありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲間から燧ケ岳が見えました。このままどんどん天気がよくなっていくとありがたい。
下台倉〜白沢清水間の写真が無い。。。白沢清水を越えた頃にはほとんどガスも取れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下台倉〜白沢清水間の写真が無い。。。白沢清水を越えた頃にはほとんどガスも取れてきました。
池ノ岳まだかなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ岳まだかなー
燧ケ岳と日光白根山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳と日光白根山
もうちょっとで池ノ岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっとで池ノ岳!
と思ったけど手前でいい休憩スペースがあったので小休止。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったけど手前でいい休憩スペースがあったので小休止。
姫ノ池。青空写真が撮れなくてちょっと残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫ノ池。青空写真が撮れなくてちょっと残念。
平ヶ岳へ向かいます。この辺の木道は幅が狭いのですれ違い時は譲り合いが大事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳へ向かいます。この辺の木道は幅が狭いのですれ違い時は譲り合いが大事です。
開放的で気持ちいい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放的で気持ちいい!
平ヶ岳頂上到着。10月の連休だったのでかなりの人がいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳頂上到着。10月の連休だったのでかなりの人がいました。
さらに奥に少しだけ歩いていくと途中で行き止まり。奥のほうは休憩スペースが無い分人がまばらで静かでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに奥に少しだけ歩いていくと途中で行き止まり。奥のほうは休憩スペースが無い分人がまばらで静かでした。
戻って我々も休憩します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って我々も休憩します。
出発。行動時間に若干余裕があるので玉子石にも行きます。姫ノ池を経由せずに途中で左折。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発。行動時間に若干余裕があるので玉子石にも行きます。姫ノ池を経由せずに途中で左折。
玉子石。思ったより遠い(20分)しアップダウンがあって疲れました。でもここまで来る価値はありました。写真では見てましたが実際に見ることができたので何よりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉子石。思ったより遠い(20分)しアップダウンがあって疲れました。でもここまで来る価値はありました。写真では見てましたが実際に見ることができたので何よりです。
不思議な形です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な形です。
下山開始です。左のルートは中ノ岐林道へ通じる道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始です。左のルートは中ノ岐林道へ通じる道。
姫ノ池まで戻ってきました。行きより若干雲が出てきました。。。早く帰ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫ノ池まで戻ってきました。行きより若干雲が出てきました。。。早く帰ろう。
姫ノ池を離れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫ノ池を離れます。
帰りも白沢清水〜台倉山間の写真が無い。。。
一気に台倉山直前。東側が開けるこの付近は紅葉が一番きれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも白沢清水〜台倉山間の写真が無い。。。
一気に台倉山直前。東側が開けるこの付近は紅葉が一番きれいでした。
下台倉山を過ぎてやせ尾根エリアに突入します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下台倉山を過ぎてやせ尾根エリアに突入します。
燧ケ岳は最後まできれいに見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳は最後まできれいに見えていました。
疲れていてもここは気を抜かずに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れていてもここは気を抜かずに。
やせ尾根終了!あとは林道みたいな道を歩けば終了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせ尾根終了!あとは林道みたいな道を歩けば終了です。
駐車場の写真が無いのでゴール!ってことにしておきましょう。
久々の長時間登山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の写真が無いのでゴール!ってことにしておきましょう。
久々の長時間登山でした。
新潟側に抜ける途中にある和泉屋旅館に一泊させていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟側に抜ける途中にある和泉屋旅館に一泊させていただきました。
旅館前には共同の無料の足湯がありました。2つ足湯があり、片方にはドクターフィッシュがいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅館前には共同の無料の足湯がありました。2つ足湯があり、片方にはドクターフィッシュがいます。

感想/記録

2017年はゆるい登山しかしていなかったので、たまにはハード目な登山をしようということで百名山の中でも秘境として挙げられる平ヶ岳に行ってきました。

付近の宿に停まれば利用できる中ノ岐コースで行っちゃえばいいのにと言う奥さんをどうにか説得して鷹ノ巣ルートで行ってきました。(そもそも中ノ岐コースにしてしまったらハード目な登山にならないし)

平ヶ岳はとにかくアクセスが悪いので早めに着いて駐車場で仮眠していくことにしました。が、いざ着いてみたら駐車場はいっぱい。登山口近くの良さそうなスペースも埋まっている状態。連休の混雑は平ヶ岳も例外ではないということを思い知りました。(一応我々もスペースをどうにか見つけて仮眠することはできました)

やせ尾根についてはたくさんの方がここについてレビューしていたとおり確かに細いです。幸い雨は降っていなかったのでそんなに気を遣いませんでしたが悪天時は特に帰りが心配な箇所になりそうです。
紅葉は下台倉山〜台倉山あたりが一番きれいでした。それ以外の行程は多少紅葉していた程度で意外と赤く染まったエリアは狭いなという印象でした。

一番印象的だったのは、、、とにかく健脚な方が多いこと。ほかの山に比べると圧倒的に皆ペースが速い。コースタイムがすでに長いからそういう人が多くなるのはわかりますがこんなに違うものかと思いました。
訪問者数:58人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 紅葉 木道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ