ヤマレコ

記録ID: 1281850 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

急遽 笙ヶ岳へ

日程 2017年10月03日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
16分
合計
4時間41分
S滝上駐車場11:5313:02三方山13:1113:18笹原峠13:1913:51旧牧場(アセビ平)13:58もみじ峠13:5914:53笙ヶ岳14:5515:42もみじ峠15:4416:06栗の木平16:0716:29滝上駐車場16:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

養老の滝の上を渡渉する
前には無かった飛び石が作られていた
2017年10月03日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養老の滝の上を渡渉する
前には無かった飛び石が作られていた
1
三方山からの展望
濃尾平野、名古屋市などが見える
もう少し季節が進めば御嶽や白山なども望めるだろう
2017年10月03日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方山からの展望
濃尾平野、名古屋市などが見える
もう少し季節が進めば御嶽や白山なども望めるだろう
1
三方山の表示
2017年10月03日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方山の表示
1
笹原峠
ここを左に少しで養老山だ
今日はここを右に急ぐ
2017年10月03日 13:17撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原峠
ここを左に少しで養老山だ
今日はここを右に急ぐ
1
旧牧場
2017年10月03日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧牧場
1
もみじ峠
笙ヶ岳へはここから往復する
2017年10月03日 13:56撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ峠
笙ヶ岳へはここから往復する
1
もみじ峠の道標
2017年10月03日 13:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ峠の道標
1
笙ヶ岳山頂
2017年10月03日 14:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳山頂
1
山頂表示と四等三角点「笙ヶ岳」
2017年10月03日 14:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂表示と四等三角点「笙ヶ岳」
1
旧道を下ったところにある祠
2017年10月03日 16:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道を下ったところにある祠
1
滝上駐車場からの夕景
2017年10月03日 16:32撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上駐車場からの夕景
1
撮影機材:

感想/記録

鈴鹿の主峰御池岳を目指して浜松を出発。新しい東員ICは竜ヶ岳以来だ。
簡易パーキングふじわらに着くと、国道306号は鞍掛トンネルの崩落で通行止め。登山口も下山口も車は入れないとのこと。

急遽、以前林道の崩落で本番に登れなかった笙ヶ岳に行き先を変更する。
大型バスは下の駐車場までしか入れないが、今日は時間も無く上の駐車場に車を付ける。

三方山への急登を終え、昼食の時にチェックすると、何と山ビルが1匹靴下の上まで這い登り、既に食事中であった。

1週間ほど前の山で、下山後に喰われたことに気づいたばかりであったが、またやられてしまった。途中のベンチで仲間の一人の手に這い上がっていたので、その時にチェックはしたのだが…。

ところが、ヒルの攻撃はこんなものではなかった。
笙ヶ岳への最後の渡渉をしてから沢状の道には小さなヒルが無数に出迎えていた。剥がしても剥がしても靴に這い上がってくる。
だから、ヒルの季節の鈴鹿は嫌いだ。10月一杯は出るようだ。

実は、翌日も1週間前の山に行ったのだが、ここでも山道に入っていきなりのお出迎えを受けた。鈴鹿と同じ、とても小さいのが無数…。

本番で来る時は養老ICができているそうだ。ヒルも出なくなるだろう。
訪問者数:66人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ