ヤマレコ

記録ID: 1285055 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

初秋の鬼無里・中西山〜東山

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥裾花自然園駐車場に50台程。そこからジャンボタクシーによるシャトルバス。大人片道500円,往復800円。最終15:15。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
24分
合計
7時間18分
Sスタート地点08:0408:40奥裾花自然園09:58中西山09:5910:40天狗鼻10:4111:32東山11:5312:48天狗鼻13:28中西山13:2914:51奥裾花自然園15:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線までは急登。天狗の鼻手前までは刈り払いされており快適です。
天狗の鼻直下は急斜面でロープあり。かなり慎重に。
その先は背丈以上の藪漕ぎです!転倒と道迷いに注意。

写真

奥裾花自然園駐車場に駐車して8時に出発。
2017年10月09日 08:16撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥裾花自然園駐車場に駐車して8時に出発。
朝は戸隠は雲の中でした。
2017年10月09日 08:20撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は戸隠は雲の中でした。
誰もいない自然園入り口。
2017年10月09日 08:25撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない自然園入り口。
自然園に何度か来る度に,いつかは!と思っていた日がやっと来ました。
2017年10月09日 08:31撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然園に何度か来る度に,いつかは!と思っていた日がやっと来ました。
今年最後のクワガタ。生きてませんが。
2017年10月09日 08:38撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年最後のクワガタ。生きてませんが。
自然園〜中腹までは赤系は紅葉してますが黄葉はもう少し先のようです。
2017年10月09日 08:58撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然園〜中腹までは赤系は紅葉してますが黄葉はもう少し先のようです。
稜線に出ました!
2017年10月09日 09:20撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました!
今日は南に向かいます。
2017年10月09日 09:20撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は南に向かいます。
堂津岳
2017年10月09日 09:29撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂津岳
高妻山,乙妻山
2017年10月09日 09:29撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山,乙妻山
中西山の山頂標識。地面に寝てました。
2017年10月09日 09:48撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中西山の山頂標識。地面に寝てました。
北アルプスは雲の中。。
2017年10月09日 09:50撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスは雲の中。。
白馬方面?
2017年10月09日 09:50撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面?
雨飾?
2017年10月09日 09:54撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾?
次は天狗の鼻を目指します。
2017年10月09日 10:10撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は天狗の鼻を目指します。
とがってるのは天狗の鼻。
2017年10月09日 10:16撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とがってるのは天狗の鼻。
ロープ。この先,さらに困難が続きます。が,写真撮る余裕がありませんでした。
2017年10月09日 10:23撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ。この先,さらに困難が続きます。が,写真撮る余裕がありませんでした。
東山到着!
2017年10月09日 11:21撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山到着!
展望はほとんどありません。
2017年10月09日 11:22撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はほとんどありません。
帰りの藪漕ぎを終え,東山をふり返って。
2017年10月09日 12:36撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの藪漕ぎを終え,東山をふり返って。
天狗の鼻からふり返って。
2017年10月09日 12:38撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の鼻からふり返って。
戸隠西岳を西から眺める。
2017年10月09日 12:38撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠西岳を西から眺める。
キツツキの仕業?
2017年10月09日 14:23撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツツキの仕業?
以前は無料だった?記憶がありますが。
2017年10月09日 14:42撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前は無料だった?記憶がありますが。
駐車場に続く車道から西岳。
2017年10月09日 14:49撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に続く車道から西岳。
いつかは堂津岳にチャレンジしたい!
2017年10月09日 14:55撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは堂津岳にチャレンジしたい!
撮影機材:

感想/記録

奥裾花自然園に何度か訪れるたびに,中西山が気になっていました。いつか堂津岳も挑戦したい思いもありますが,今回はまず中西山。時間があれば東山まで,と考えていました。
自然園には8時前に到着して,すでに5〜6台の先客。
自然園まで歩き,いよいよ中西山登山道へ。
稜線までは落ち葉で滑りやすい急登をあがります。
今まで麓からしか眺めてなかった稜線に上がるのは何とも言えない気分になります。今回は分岐を南に向かいます。
中西山まではけっこうあっけなく到着。山頂周辺は刈り払いされてるものの,展望はあまりなく,物足りずに東山方面に向かいます。だめなら引け返せばいいのつもりで。
中西山からも目立つ三角山は東山ではなく,天狗鼻でした。その直下はかなりの斜度の登りで,ロープや木の根っこをしっかりつかみながらよじ登りました。帰りは下りられるのかと心配な位。
天狗鼻頂上からは360度の展望でした。
そこからすぐに笹薮の中へ。背丈以上の固い笹を漕ぎ進みますが,半分挫折しそうになった頃,前方からの下山者と会います。「よくこんな山に来ましたね」とこちらが言いたいセリフや,私の弱音に対して「ここで引き返したら恥ずかしい」と励まし?の言葉をもらい,勇気をもらってその先へ。。
その後,ご夫婦ひと組と,5人程の団体の方とすれ違い。文字通り藪をかき分けて進みました。
直線距離では山頂は目の前なのですが,稜線が大きく曲がっていて時間がかかりました。
そしてついに東山山頂!高さ30cm程の小さな山頂標識。笹に囲まれてあまり展望のない山頂に拍子抜けします。
私にとってはこれまでで最も奥深く,静かで険しい山で,強い達成感と充実感に浸りました。
自然園は稜線の東側ですのであまりゆっくりしてると暗くなりますので,小休憩をして下山へ。
帰りも当然笹薮漕ぎですが,登りは心の迷いがストレスでしたが,下りは進まなければ帰れないのでむしろ精神的には楽かも。
天狗鼻は足元を確認しながらゆっくり下ります。
筋肉も悲鳴あげていて,途中で足が釣りそうになりました。分岐点で稜線にさよならを告げ,自然園に下りました。
次回こそは堂津へ,の思いを強く抱きながら,大満足の山歩きとなりました。
訪問者数:48人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ