また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1287187 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

高妻山 周回 & 戸隠神社奥社

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間41分
休憩
1時間26分
合計
11時間7分
S戸隠キャンプ場バス停06:0406:27弥勒尾根コース分岐06:2806:35ゲート06:3707:22帯岩07:3207:35一杯清水07:4508:03一不動(避難小屋)08:1009:26五地蔵山10:11八観音10:1411:36高妻山12:2213:23八観音13:2514:04五地蔵山14:0916:34弥勒尾根コース分岐17:11戸隠キャンプ場バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一不動コースの沢渡り、崩落が少々激しい所あり。結構ギリギリ渡りにくい箇所あり。増水時は避けた方がいいかも〜。
一枚岩の幕岩。油断は禁物。バランス崩したらアウトです。
(自分の事です。危なかった〜〜(^▽^;))
尾根道も両側切れ落ち狭い箇所あり。良く下見てね。
弥勒尾根は急な長い根っこの下り。足引っ掛けない様注意。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

駐車場までは走りやすい舗装路です。
牧場内の駐車場はキャンプの方用なので、
県道36号沿いの登山者用無料駐車場に停めます。
100台位可。三連休最後の日の朝5時半で6割位でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場までは走りやすい舗装路です。
牧場内の駐車場はキャンプの方用なので、
県道36号沿いの登山者用無料駐車場に停めます。
100台位可。三連休最後の日の朝5時半で6割位でしょうか。
1
駐車場前のトイレ。
男女別。水洗。ペーパーあり。綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場前のトイレ。
男女別。水洗。ペーパーあり。綺麗です。
1
登山スタート。
キャンプ場内を歩きます。
とっても賑やか(*^^*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山スタート。
キャンプ場内を歩きます。
とっても賑やか(*^^*)
1
コテージもあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コテージもあり。
2
牛もモーモーのんびり朝ごはん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛もモーモーのんびり朝ごはん
1
ここが登山口。一不動へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山口。一不動へ。
1
沢の脇を通り。何度か渡り。崩落個所もあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の脇を通り。何度か渡り。崩落個所もあり。
1
上から見るとこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見るとこんな感じ
1
この上を渡る。人が渡ってる。
結構危険。油断しないで行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上を渡る。人が渡ってる。
結構危険。油断しないで行きましょう。
2
鎖を離さず。
そうそう!ここでバランス崩して危なかった〜〜!(ToT)/
絶対落ちちゃダメな所。当たり前か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖を離さず。
そうそう!ここでバランス崩して危なかった〜〜!(ToT)/
絶対落ちちゃダメな所。当たり前か。
3
こんな鎖を登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな鎖を登り。
1
苔。ミクロの世界
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔。ミクロの世界
3
ここら辺紅葉満開。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺紅葉満開。
4
山肌も錦に染まり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌も錦に染まり
2
紅葉の中を登って行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の中を登って行く
1
一不動避難小屋。
裏に携帯トイレ用の建物あります。
携帯トイレも有料で置いてあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一不動避難小屋。
裏に携帯トイレ用の建物あります。
携帯トイレも有料で置いてあります。
1
一不動。
ここから一、ニ、三と仏様が続く。山頂手前で十阿弥陀様。
ちなみに全ての仏様はそれぞれの山のピークであり、
要するにアップダウンを繰り返すのであーる。
そう。ここに来るまで知りませんでした〜
近くのおじ様に教えてもらってびっくりしました〜〜(^▽^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一不動。
ここから一、ニ、三と仏様が続く。山頂手前で十阿弥陀様。
ちなみに全ての仏様はそれぞれの山のピークであり、
要するにアップダウンを繰り返すのであーる。
そう。ここに来るまで知りませんでした〜
近くのおじ様に教えてもらってびっくりしました〜〜(^▽^;)
2
そう、これが二つ目のピークと言うことです。
少しですがアップダウンが続きます。
そう。それが後でボディーブローの様に効いてくるのです。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう、これが二つ目のピークと言うことです。
少しですがアップダウンが続きます。
そう。それが後でボディーブローの様に効いてくるのです。。。
1
見えた!北アルプス!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えた!北アルプス!
2
すばらしい。白馬岳が見える。五竜岳・鹿島槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すばらしい。白馬岳が見える。五竜岳・鹿島槍ヶ岳。
2
九勢至まで来ました。
そう。実はここからが大変。。。
道は狭く。急登。
「最後にお楽しみが待ってるよ」と下山の方に言われました。
なんだろう???と思いながら登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九勢至まで来ました。
そう。実はここからが大変。。。
道は狭く。急登。
「最後にお楽しみが待ってるよ」と下山の方に言われました。
なんだろう???と思いながら登りました。
2
岩場を登れば山頂!かと思ったら、最後に緩やかな登りが待ってました〜あはは〜トホホ〜そういう事か〜〜(^▽^;)
え〜んえ〜ん後少しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登れば山頂!かと思ったら、最後に緩やかな登りが待ってました〜あはは〜トホホ〜そういう事か〜〜(^▽^;)
え〜んえ〜ん後少しです。
2
山頂到着〜〜〜!!
お疲れ様でした〜〜(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着〜〜〜!!
お疲れ様でした〜〜(^O^)/
4
晴れてて良かった〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてて良かった〜〜
2
遠くに槍ヶ岳が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに槍ヶ岳が見えます。
2
途中で色々教えて下さったおじ様・お姉様に頂いたシャインマスカット!!
最高に甘くて美味しくて。
この一期一会がたまらなく好きで私は登山を止められないのかもしれません。
本当にありがとうございました。
この味は一生忘れません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で色々教えて下さったおじ様・お姉様に頂いたシャインマスカット!!
最高に甘くて美味しくて。
この一期一会がたまらなく好きで私は登山を止められないのかもしれません。
本当にありがとうございました。
この味は一生忘れません。
3
と言っても、又、九・八・七とアップダウンを繰り返しながらの下山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言っても、又、九・八・七とアップダウンを繰り返しながらの下山です。
1
六弥勒で分岐。弥勒新道で下山します。
永遠と続く根っことの格闘です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六弥勒で分岐。弥勒新道で下山します。
永遠と続く根っことの格闘です。
1
「ブナ仙人」
生命を感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ブナ仙人」
生命を感じます。
2
は〜〜〜お疲れ様でした〜〜。
ひざも痛め思いのほか時間を要してしまいました。
手ごわい山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
は〜〜〜お疲れ様でした〜〜。
ひざも痛め思いのほか時間を要してしまいました。
手ごわい山でした。
1
ギリギリ間に合った〜〜ミルクで乾杯〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギリギリ間に合った〜〜ミルクで乾杯〜
3
翌日は戸隠神社奥社の杉並木へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は戸隠神社奥社の杉並木へ
3
ふむふむ。。。これがナイフリッジの地図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ。。。これがナイフリッジの地図
1
あれが戸隠山のナイフリッジ?!
絶対無理でしょ〜〜〜\(^▽^;)/
私には無理無理〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが戸隠山のナイフリッジ?!
絶対無理でしょ〜〜〜\(^▽^;)/
私には無理無理〜〜
1
とてもいい山旅でした。
ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもいい山旅でした。
ありがとうございました。
3

感想/記録

修験の山と言うだけあって想像以上に?いや、思っていた通りの大変な山であった。
小さいながらもアップダウンを繰り返す下りは、かなり膝に応える。
日の短い今時分は早目の出発の方がベターである。
実際下山時は少々暗くなり始め山バッチを買うのがギリギリになってしまった(*'▽')えっそこ?(*'▽')
毎年10月10日前後に行く山は本当にどこも紅葉が素晴らしく、一年の総決算と言わんばかりの錦色の色とりどりの一生忘れない姿を見せてくれる。
「死化粧」の様にも見えたのは私だけだろうか。
美しかった。私も一生をこの高妻山の様に生きたいものだ。
山あり谷ありそして最後はのんびり〜〜モ〜〜(*^-^*)
訪問者数:168人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ