また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288153 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

下ノ廊下(旧日電歩道・水平歩道)

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
■往路
 信濃大町駅近くの、JAアプロード大北南側駐車場(無料)を利用。
  たくさん停められます。満車の心配は無さそう、です。
 bus信濃大町(5:30)→扇沢(6:10)@1360円
 bus扇沢(6:30)→黒部ダム(6:46)@1440円
  6:30の始発にギリギリ乗車できました。

■復路
 train欅平駅(10:43)→宇奈月駅(12:02)@1710円
 宇奈月温泉駅(13:16)→新黒部駅(13:41)@570円
 bullettrain黒部宇奈月温泉駅(14:32)→糸魚川駅(14:45)
 糸魚川駅(15:14)→南小谷駅(16:16)
 南小谷駅(16:20)→信濃大町駅(17:15)@2800円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間0分
休憩
30分
合計
8時間30分
S黒部ダム07:3008:30内蔵助谷出合07:3010:50白竜峡11:2012:30十字峡14:15千人谷ダム15:00阿曽原温泉
2日目
山行
4時間10分
休憩
0分
合計
4時間10分
阿曽原温泉05:5507:10折尾谷08:00志合谷10:05欅平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ごく一部ワイヤーがない箇所、足場が危うい箇所があり通過に緊張した。
黒部別山谷に大きな雪渓が残っており、踏まれている箇所が凍りツルツルになっていた。ロープが張っていなかったら通過は困難…だっただろう。
その他周辺情報noodle宇奈月温泉で昼食(うなづき屋)
 黒部名水ポークの糀焼きうまーでした。しかもリーズナブル800円。
 また立ち寄りたい。
spaほりでーゆ四季の郷@530円

写真

バスに揺られうとうとしながら扇沢へ。着いてびっくり、モルゲンロートで燃え上がる山々。目が覚めた。
2017年10月08日 06:10撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに揺られうとうとしながら扇沢へ。着いてびっくり、モルゲンロートで燃え上がる山々。目が覚めた。
黒部ダム見学。
2017年10月08日 06:54撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダム見学。
上部の紅葉は見頃でした。
2017年10月08日 07:16撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の紅葉は見頃でした。
黒部ダム下から
2017年10月08日 07:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダム下から
巨大な雪渓。人の大きさと比べると…
2017年10月08日 10:25撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な雪渓。人の大きさと比べると…
1
黒部別山谷の雪渓
2017年10月08日 10:28撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部別山谷の雪渓
2
白竜峡のあたり
2017年10月08日 11:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜峡のあたり
危険箇所抜けて十字峡
2017年10月08日 12:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険箇所抜けて十字峡
1
千人谷ダム
2017年10月08日 14:17撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千人谷ダム
関電施設内へ
2017年10月08日 14:23撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関電施設内へ
露天風呂へGO!!
2017年10月08日 15:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露天風呂へGO!!
16時頃テン場。この後もテント増えたようです。
2017年10月08日 16:12撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時頃テン場。この後もテント増えたようです。
1
白馬〜唐松
2017年10月09日 09:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬〜唐松
唐松岳と白馬鑓方面
2017年10月09日 09:47撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と白馬鑓方面
宇奈月温泉駅近くのうなづき屋でランチ。
2017年10月09日 12:40撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇奈月温泉駅近くのうなづき屋でランチ。
1
前回とは違い新幹線で糸魚川へ。
2017年10月09日 13:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回とは違い新幹線で糸魚川へ。
黒部宇奈月温泉駅
2017年10月09日 13:56撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部宇奈月温泉駅
糸魚川でぶらぶら
2017年10月09日 15:02撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸魚川でぶらぶら
びっくりドンキー
2017年10月09日 19:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びっくりドンキー
撮影機材:

感想/記録

下ノ廊下開通の声が届く。
10月の3連休最後のアルプスにも惹かれたが、開通間もない下ノ廊下へ。前回2013年に来ていたので4年ぶりになる。日本にこんな場所があるんだという秘境感と切り立った渓谷美に圧倒され、温泉&テン泊の快適さを味わい、阿曽原にまた来たいと思った。しかしクルマで訪れた場合回収に丸一日かかるアクセスの悪さに、ソロでの再訪は…ないなと思った。
今回はソロではなく2人で。本当はもう2人くらいいればマイカー回送とか利用するのだが、今回もマイカー&鉄道旅を楽しむことに。
前回と同じく信濃大町駅にクルマを停めてバスで扇沢へ。早朝出発であったっためバスでうとうとしていたらあっという間に扇沢に、着いて驚いた。山が真っ赤に燃え上がっている。見事なモルゲン。扇沢駅の警備員のおじさんはそんなモルゲンに目もくれず仕事をこなしていた。これが日常なのだろうか。運良く始発のトロリーバスに乗れ黒部ダムへ。30分儲けた。その時間で黒部ダムを一周見学。立山が見事に輝いていた。紅葉も見事。ダムよって正解。ダムで準備を整えダム下までいくと人がたくさんいた。皆下ノ廊下へ行く人だ。少しの安心感と残念感…。やっぱりみんな待ってましたよね。
ワイヤーが全般にはってあるため概ね問題ない。白竜峡のあたり足場が危うく緊張する箇所があった。別山谷出合いの雪渓歩きは前回は無かったはず。進んでも進んでも人が多い。ロッジくろよんからの出発者が多かったようだ。これは阿曽原のテン場がヤバイと思い、後半はスピードを上げた。15時に阿曽原につき、なんとか平らなテン場を確保。テント張ったらとりあえず温泉へ。夕食をとり就寝。結構遅くまで到着者がいたようだ。確かにここの山と高原地図コースタイム辛い気がする。
翌朝は4時に起きとりあえず温泉へ。混んでいるかと思いきや数人しかいなかった。その数人もいなくなり後半は貸切。出るのがもったいなくダラダラと温泉を楽しむ。5:45出発と約束していたので、昨日の夕食の残りをかっこみ手早くパッキング。欅平の混雑具合を心配しつつ余裕を持って到着。ここから長い鉄道旅。トロッコは風が気持ちよく景色を楽しむこともなく爆睡だった。半日かけて車に戻り、帰りは中央道の25キロ渋滞に捕まる…。移動で疲れた…。
4年のうちに北陸新幹線が開通し、新幹線を使えば宇奈月へのアクセスが格段に良くなった。次来るならクルマ無しの鉄道旅か。下ノ廊下開通前に仙人谷から降りて阿曽原を楽しむのが正解だろうか。
訪問者数:592人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ