また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1289622 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

ようやく達成、日帰りで谷川岳馬蹄形縦走。天気は快晴。まわりがすべて絶景だった。

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
土合橋駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間52分
休憩
36分
合計
9時間28分
S土合橋駐車場05:2006:30松ノ木沢の頭06:55白毛門07:0007:27笠ヶ岳07:3208:09朝日岳08:1208:24分岐09:09清水峠監視小屋09:1209:51七つ小屋山09:5610:24蓬峠10:54武能岳10:5912:02茂倉岳12:1213:16谷川岳(オキの耳)13:25谷川岳(トマの耳)14:37西黒尾根登山口14:48土合橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

白毛門からの谷川岳。正面が一ノ倉沢の岩壁。ようやく明けてきたところ。今日は涼しく、いい感じで進んでる。
2017年09月30日 06:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門からの谷川岳。正面が一ノ倉沢の岩壁。ようやく明けてきたところ。今日は涼しく、いい感じで進んでる。
白毛門からの武能岳、蓬峠方面。8月に暑くて途中敗退した蓬峠までのコースを見て、今回は、頑張ろうと気持ちをあらたに。
2017年09月30日 06:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門からの武能岳、蓬峠方面。8月に暑くて途中敗退した蓬峠までのコースを見て、今回は、頑張ろうと気持ちをあらたに。
白毛門からの笠ヶ岳、朝日岳方面。まだ遠く感じられ、少し不安。
2017年09月30日 06:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門からの笠ヶ岳、朝日岳方面。まだ遠く感じられ、少し不安。
白毛門の登りを振り返る。結構きつかった。
2017年09月30日 06:59撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の登りを振り返る。結構きつかった。
遥かに望む清水峠方面。まだまだ遠い。
2017年09月30日 07:28撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥かに望む清水峠方面。まだまだ遠い。
笠ヶ岳頂上から、笠ヶ岳の登りを振り返る。
2017年09月30日 07:30撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳頂上から、笠ヶ岳の登りを振り返る。
朝日岳頂上のなだらかな草原。
2017年09月30日 08:12撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳頂上のなだらかな草原。
遠くに巻機山の全景が見える。この山も頂上に草原がある。
2017年09月30日 08:29撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに巻機山の全景が見える。この山も頂上に草原がある。
左から谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳。馬蹄形の最後の山々。遥かに遠い。
2017年09月30日 08:29撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳。馬蹄形の最後の山々。遥かに遠い。
朝日岳からの下り。清水峠方面の紅葉。右が岩山の大源太山。なだらかな七つ小屋山。
2017年09月30日 08:41撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からの下り。清水峠方面の紅葉。右が岩山の大源太山。なだらかな七つ小屋山。
南魚沼市方面。六日町の市街地。
2017年09月30日 09:29撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南魚沼市方面。六日町の市街地。
遠くに、頂上の平らな苗場山が見える。七つ小屋山の上からの眺め。
2017年09月30日 09:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに、頂上の平らな苗場山が見える。七つ小屋山の上からの眺め。
新潟県湯沢町、右の斜面は岩原スキー場。
2017年09月30日 09:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟県湯沢町、右の斜面は岩原スキー場。
「東洋のマッターホルン」と称されている大源太山。機会を作って登りたい山。
2017年09月30日 09:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「東洋のマッターホルン」と称されている大源太山。機会を作って登りたい山。
武能岳の登り途中から振り返り、蓬峠の笹原、大源太山、七つ小屋山。
2017年09月30日 10:41撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳の登り途中から振り返り、蓬峠の笹原、大源太山、七つ小屋山。
登ってきた白毛門、(三角に尖っている)笠ヶ岳、大きな山の朝日岳。
2017年09月30日 10:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた白毛門、(三角に尖っている)笠ヶ岳、大きな山の朝日岳。
関越高速の関越トンネル新潟側入口。遠くに苗場山。
2017年09月30日 10:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越高速の関越トンネル新潟側入口。遠くに苗場山。
武能岳の頂上から、これから進む、茂倉岳への登り。後半戦の山場❗かなりきつそう❗
2017年09月30日 10:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳の頂上から、これから進む、茂倉岳への登り。後半戦の山場❗かなりきつそう❗
でかい朝日岳を正面から。谷川岳馬蹄形の時計回りコースは、後半に、清水峠から朝日岳への長い登りがある。
2017年09月30日 11:02撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でかい朝日岳を正面から。谷川岳馬蹄形の時計回りコースは、後半に、清水峠から朝日岳への長い登りがある。
武能岳の登り途中から(尖っている)大源太山、なだらかな七つ小屋山、手前に蓬ヒュッテと笹原。遠くに巻機山。
2017年09月30日 11:02撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳の登り途中から(尖っている)大源太山、なだらかな七つ小屋山、手前に蓬ヒュッテと笹原。遠くに巻機山。
茂倉岳の登り。かなりきつそう。
2017年09月30日 11:03撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳の登り。かなりきつそう。
茂倉岳の登り途中から振り返り、武能岳の紅葉。
2017年09月30日 11:26撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳の登り途中から振り返り、武能岳の紅葉。
ようやくたどり着いた茂倉岳頂上から見た、万太郎山を中心とした谷川連峰主脈。
2017年09月30日 12:18撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくたどり着いた茂倉岳頂上から見た、万太郎山を中心とした谷川連峰主脈。
谷川岳の二つ耳(奥がトマの耳、手前がオキの耳) なだらかな新潟側斜面。
2017年09月30日 12:25撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳の二つ耳(奥がトマの耳、手前がオキの耳) なだらかな新潟側斜面。
一ノ倉岳の岩壁を上から眺め下ろして。実際は、かなり怖い。真ん中に雪渓の残りがある。岩登りパーティーが数組見えた。
2017年09月30日 12:46撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳の岩壁を上から眺め下ろして。実際は、かなり怖い。真ん中に雪渓の残りがある。岩登りパーティーが数組見えた。
白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の連なり。今朝、登ったにもかかわらず遥かに遠い。
2017年09月30日 13:00撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の連なり。今朝、登ったにもかかわらず遥かに遠い。
一ノ倉岳の紅葉。右下が岩壁。
2017年09月30日 13:00撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳の紅葉。右下が岩壁。
谷川岳オキの耳頂上。人を避けないと通過出来ませんでした。
2017年09月30日 13:15撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳オキの耳頂上。人を避けないと通過出来ませんでした。
谷川岳肩の小屋。
2017年09月30日 13:28撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳肩の小屋。
これから下る、西黒尾根。
2017年09月30日 13:30撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る、西黒尾根。
西黒尾根上部からの谷川岳頂上。遠くの三角形がオキの耳。手前がトマの耳。
2017年09月30日 13:34撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根上部からの谷川岳頂上。遠くの三角形がオキの耳。手前がトマの耳。
西黒尾根の上部。かなり急斜面。
2017年09月30日 14:00撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根の上部。かなり急斜面。
白毛門の登り(右下白い部分から、左上に上がる尾根)と笠ヶ岳。
2017年09月30日 14:08撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の登り(右下白い部分から、左上に上がる尾根)と笠ヶ岳。
白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の連なり。低いところが清水峠。左が七つ小屋山。遥かに遠い。
2017年09月30日 14:08撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の連なり。低いところが清水峠。左が七つ小屋山。遥かに遠い。
谷川岳頂上、二つ耳。手前がマチガ沢の岩壁。白いのは雪渓か。
2017年09月30日 14:08撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳頂上、二つ耳。手前がマチガ沢の岩壁。白いのは雪渓か。

感想/記録

8月に、暑くて途中敗退した谷川岳馬蹄形日帰り縦走をようやく達成しました。今回は、涼しく快適で、天気は快晴。まわりがすべて絶景でした。ゆっくりと景色を堪能したかったけれど、初めてで、一周の完走時間が読めなかったので時々景色を楽しむことにしたところ、谷川岳は大混雑で渋滞。お陰で周りを見る余裕が取れました。西黒尾根を小走りで降りて駐車場まで走って、ようやくゴール。明るいうちに高速に乗れて、とてもよかったです。
訪問者数:143人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ