また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1289632 全員に公開 ハイキング甲信越

御嶽山(ロープウェイで摩利支天往復)

日程 2017年10月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々小雨、のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
御岳ロープウェイ駐車場まで自家用車。ロープウェイ山頂駅から登山開始。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八合目までの道は非常によく整備されていて、感謝。三ノ池までのトラバース道も沢とトラバースするところにはロープ、はしごが設置され、迷ういそうなところにはマーカーがあり、こちらも安心。

写真

楽々百名山では使えるものは、なんでも使わせていただきます。霧の中をロープウェイでスタート。
2017年10月14日 10:47撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽々百名山では使えるものは、なんでも使わせていただきます。霧の中をロープウェイでスタート。
飯森高原山頂駅。
2017年10月14日 11:00撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯森高原山頂駅。
小雨の中、八合目までなんとか上る。ようやく目標が見えてきた。
2017年10月14日 11:35撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨の中、八合目までなんとか上る。ようやく目標が見えてきた。
1
おお、見覚えのある山々ではないか。こんなにいろんな山が見えるのかとびっくり。ということは、どこからでもこの御嶽山が見えているってことか。
2017年10月14日 11:35撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、見覚えのある山々ではないか。こんなにいろんな山が見えるのかとびっくり。ということは、どこからでもこの御嶽山が見えているってことか。
1
ほぼ紅葉は終わり。ほとんどの葉は落ちている。
2017年10月14日 11:45撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ紅葉は終わり。ほとんどの葉は落ちている。
沢のトラバース道から上を見上げる。
2017年10月14日 12:02撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢のトラバース道から上を見上げる。
ひょっとして温泉かって思ったけど、実際冷たい水でした。残念。
2017年10月14日 12:03撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょっとして温泉かって思ったけど、実際冷たい水でした。残念。
1
三ノ池。コルにでると、西風がまともに吹いてくる。体感温度0度以下。手がかじかんできて、元気もなくなる。ハイマツの陰で風をしのぎ、急いで服を着こみ、おにぎり補給し、ゴアテックスの手袋を重ねた。これで一安心。
2017年10月14日 12:27撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池。コルにでると、西風がまともに吹いてくる。体感温度0度以下。手がかじかんできて、元気もなくなる。ハイマツの陰で風をしのぎ、急いで服を着こみ、おにぎり補給し、ゴアテックスの手袋を重ねた。これで一安心。
さらに上って、避難小屋にでる手前から三ノ池を振り返る。寒い。
2017年10月14日 12:57撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上って、避難小屋にでる手前から三ノ池を振り返る。寒い。
1
強風にあおられながら、摩利支天のコルから摩利支天先端へ。
2017年10月14日 12:57撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風にあおられながら、摩利支天のコルから摩利支天先端へ。
ようやく登頂。風が強くて、危なくて立ってられない。
2017年10月14日 13:17撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登頂。風が強くて、危なくて立ってられない。
2
しゃがんで撮影。
2017年10月14日 13:18撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃがんで撮影。
剣ヶ峰。どこから噴火したのかわからない。3年たったからもう痕跡もなくなってしまったのか?。こうやって噴火の歴史は次第に忘れられていってしまうのかもしれない。
2017年10月14日 13:18撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。どこから噴火したのかわからない。3年たったからもう痕跡もなくなってしまったのか?。こうやって噴火の歴史は次第に忘れられていってしまうのかもしれない。
2
三ノ池に戻る。二ノ池ルートも考えたが、西風にあおられる可能性が高いので、帰りも風を避けられるトラバース道を行くことにした。
2017年10月14日 13:55撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池に戻る。二ノ池ルートも考えたが、西風にあおられる可能性が高いので、帰りも風を避けられるトラバース道を行くことにした。
2
登山道上のこの白く降り積もったものが、3年前の火山灰なのか。本当に恐ろしいほどに噴火の痕跡は見当たらない。
2017年10月14日 14:45撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道上のこの白く降り積もったものが、3年前の火山灰なのか。本当に恐ろしいほどに噴火の痕跡は見当たらない。
時々ナナカマドの葉っぱが残っているくらいで、紅葉はほぼ終了。この寒さだと、積雪ももうすぐそこなのだろう。
2017年10月14日 14:47撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々ナナカマドの葉っぱが残っているくらいで、紅葉はほぼ終了。この寒さだと、積雪ももうすぐそこなのだろう。
1
やっと、戻ってきました、ロープウェイ山頂駅。途中ハンガーノックになりかけていたが、最後にコーラが飲めると思ってなんとか帰ってきました。非常食は多めにしましょう、反省。
2017年10月14日 15:28撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、戻ってきました、ロープウェイ山頂駅。途中ハンガーノックになりかけていたが、最後にコーラが飲めると思ってなんとか帰ってきました。非常食は多めにしましょう、反省。
ロープウェイから。
2017年10月14日 15:42撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイから。
山麓駅に戻ります。
2017年10月14日 15:43撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓駅に戻ります。

感想/記録
by shutan

 御嶽山。正直、なかなか登れずにいた。今回、噴火警戒レベルが一段階引き下げになったこともあり、ヘルメット装着の上、摩利支天を往復することにした。登ってみると、八合目からトラバース道でにかけてやや硫黄臭がしたものの、大きな噴石が転がっているわけでもなく、頂上から噴煙が上がっているわけでもなく、3年前の噴火がにわかに信じられない。逆にいえば、どんなに穏やかに見えたとしても、日本の火山は、いつ大爆発してもおかしくないということなのでしょう。それにしても、この日は寒かった。稜線での西風は風速15メートル以上、体がもっていかれるほど。もう夏山装備ではだめですね。
訪問者数:189人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ