また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1289670 全員に公開 ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

お金明神・イブネ・鈴鹿の上高地

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷駐車場
6時頃は数台でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2~1.3(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間33分
休憩
1時間12分
合計
9時間45分
S朝明駐車場06:2106:31千種街道分岐07:33中峠08:20大瀞08:3709:00お金谷出合09:0909:19お金明神09:3209:50お金峠09:5110:21作ノ峰10:36高岩10:3910:43ワサビ峠11:22クラシジャンダルム11:2312:24イブネ北端13:20小峠13:2113:43上水晶谷出合13:4914:08タケ沢出合14:2114:43タケ谷分岐14:49根の平峠14:5414:59ブナ清水分岐15:48千種街道分岐15:59朝明駐車場16:0216:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報アクアイグニスによりました。 
モンベル会員のタオルはなくなったみたいです。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

滝があります。
2017年10月08日 07:02撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝があります。
1
埋もれた中峠
2017年10月08日 07:32撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋もれた中峠
大トロへ向かいます。
2017年10月08日 07:41撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大トロへ向かいます。
有名な渡れない橋。
写真で見ると、渡れるかも?と思うかもわかりませんが、
実物見ると不可能です。
2017年10月08日 08:08撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な渡れない橋。
写真で見ると、渡れるかも?と思うかもわかりませんが、
実物見ると不可能です。
ということで、渡渉箇所へ。
2017年10月08日 08:09撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、渡渉箇所へ。
激しい流れでした。腿まで水が来ました。
ズボンまでびしょ濡れです。
2017年10月08日 08:33撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激しい流れでした。腿まで水が来ました。
ズボンまでびしょ濡れです。
1
お金明神
本日のお目当てです。
2017年10月08日 09:27撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お金明神
本日のお目当てです。
いい顔しています。
2017年10月08日 09:31撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい顔しています。
2
お金峠。南下します。ここからがきつかった。
2017年10月08日 09:49撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お金峠。南下します。ここからがきつかった。
歩きにくいです。どのピークがクラシジャンダルムと呼ばれているのか、どうでもいい気分になります。
2017年10月08日 10:58撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きにくいです。どのピークがクラシジャンダルムと呼ばれているのか、どうでもいい気分になります。
2回目ですが、やはりいいところです。
ここでカレーヌードルをいただきました。
今回は周辺を散策しません。
2017年10月08日 12:15撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目ですが、やはりいいところです。
ここでカレーヌードルをいただきました。
今回は周辺を散策しません。
2
小峠からの下り。写真ではわかりませんが、急坂です。
枯葉がたたまったところに水がジャンジャン流れていきます。
ここを濡れずに下りるのは不可能でした。
2017年10月08日 13:32撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠からの下り。写真ではわかりませんが、急坂です。
枯葉がたたまったところに水がジャンジャン流れていきます。
ここを濡れずに下りるのは不可能でした。
鈴鹿の上高地、シンボルのカツラです。
2017年10月08日 13:54撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿の上高地、シンボルのカツラです。
2
トリカブトの群生
2017年10月08日 13:55撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの群生
1
ここも、靴を脱がずには渡れませんでした。
2017年10月08日 14:17撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも、靴を脱がずには渡れませんでした。
1
根の平峠、ここまでくると安心です。
2017年10月08日 14:50撮影 by Nexus 7, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠、ここまでくると安心です。

感想/記録

・中峠までは少々崩れ気味ですが、特に問題はないかと思います。
・お金明神は、わからいやすいテープがあります。少しづつ巨石が見えてくるので、気を付けていれば見逃さないと思います。
・大瀞の渡渉は、この日は、水量が多く、激しい流れで、渡るのに恐怖感を感じるほどでした。靴を脱いで、ズボンをめくり渡りましたが、腿の辺りまで、水が来ました。ズボンはびしょ濡れになりました。水量が多いと予想できる日は止めた方がよいと思います。
・お金峠からイブネ北端までは、やせ尾根で雨降り後は滑りやすく、結構な急登の繰り返しです。登りにくく、時間がかかりました。
・イブネ北端から小峠までの途中、すれ違った8人程度の団体に(この日出会ったのは、この団体と一人だけでした)、竹谷の水量が多く、ロープまで使用して、遭難しかけたとの情報を得ました。ルートを変えるかどうか迷いましたが、そのまま進むことに
・確かに、竹谷は、水量が多く、濡れずに降りるのは不可能なほどでした。この状態で登るのはキツイかもわかりません。
・鈴鹿の上高地と言われる部分からの渡渉箇所もやはり靴を脱がなくては渡れませんでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:933人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ