また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1307375 全員に公開 ハイキング奥武蔵

紅葉のウノタワ 〜遅まきながら初紅葉狩〜 

日程 2017年11月07日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
横倉林道起点付近の駐車スペース利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
8分
合計
3時間49分
S横倉林道起点09:4411:26ウノタワ11:2711:57横倉山11:5812:07大持山の肩12:0812:15大持山12:1612:20大持山の肩13:07妻坂峠13:1113:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所ありませんが、横倉林道起点付近からウノタワに上がる沢の上部で落ち葉で踏み跡が見えづらい箇所があり、赤テープ探しながらになりました。
その他周辺情報昼食には少し遅くなったので、売り切れ御免のない瑞穂町のゆで太郎にしました。何時もながらコスパ抜群でございました。^^) My 食べログ:
https://tabelog.com/rvwr/000719193/rvwdtl/B277699026/

写真

フォローしている皆様の後追いでやってきました。横倉林道起点から少し上がったところに数台分のスペースがありました。9:40 出発
2017年11月07日 09:43撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローしている皆様の後追いでやってきました。横倉林道起点から少し上がったところに数台分のスペースがありました。9:40 出発
3
少し戻ってこちらから沢沿い林道に入ります。
2017年11月07日 09:44撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻ってこちらから沢沿い林道に入ります。
今日は野草類はすくなかったですが、とりあえず撮った順に。△:テンナンショウの実
[見かけました凡例]
○:そこら中で 
△:時々
×:たまたま
2017年11月07日 09:48撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は野草類はすくなかったですが、とりあえず撮った順に。△:テンナンショウの実
[見かけました凡例]
○:そこら中で 
△:時々
×:たまたま
5
最初は舗装林道を上がります。一部うっすら冠水しているので防水靴がいいですね。
2017年11月07日 09:48撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は舗装林道を上がります。一部うっすら冠水しているので防水靴がいいですね。
1
○:マツカゼソウの実 この子は実になっても少しの風でブレます。
2017年11月07日 09:53撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
○:マツカゼソウの実 この子は実になっても少しの風でブレます。
3
×:ヤクシソウもほとんど残っていませんでした。
2017年11月07日 09:56撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
×:ヤクシソウもほとんど残っていませんでした。
6
30分あがると林道どんづまり。なるほど、ウノタワ最短ハイクはここにとめるのですね。
2017年11月07日 10:11撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分あがると林道どんづまり。なるほど、ウノタワ最短ハイクはここにとめるのですね。
2
本格的に沢沿いのトレイルになります。
2017年11月07日 10:12撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的に沢沿いのトレイルになります。
お約束のシャーの練習。PS110のナンチャッテNDフィルタ機能が便利。
2017年11月07日 10:16撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束のシャーの練習。PS110のナンチャッテNDフィルタ機能が便利。
6
ぶれてしまったが、唯一目に入った×:トリカブト
2017年11月07日 10:31撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶれてしまったが、唯一目に入った×:トリカブト
10
コケのついた斜面を一気に上がりますと。
2017年11月07日 10:45撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケのついた斜面を一気に上がりますと。
尾根が近づくと紅葉が現れてきます。
2017年11月07日 10:56撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が近づくと紅葉が現れてきます。
3
11:07 ウノタワの看板とうちゃこ。
matataviさん 看板清掃ハイクご苦労様でした。
2017年11月07日 11:07撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:07 ウノタワの看板とうちゃこ。
matataviさん 看板清掃ハイクご苦労様でした。
6
落葉が始まっていましたが、残っているのもたくさんいました。
2017年11月07日 11:09撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉が始まっていましたが、残っているのもたくさんいました。
7
ウノタワですな。
2017年11月07日 11:23撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウノタワですな。
16
標識? ここがウノタワ? 
2017年11月07日 11:27撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識? ここがウノタワ? 
5
大持山に上がる途中の紅葉も見事でした。
2017年11月07日 11:27撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山に上がる途中の紅葉も見事でした。
7
尾根の右手は植林地でくっきりと色分けになっています。
2017年11月07日 11:32撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の右手は植林地でくっきりと色分けになっています。
1
Google航空写真しらべてみたら、ズバリ!大持山尾根の西側が黄色く写っていました。
鳥首峠〜有馬山の西側にも大きな黄色地帯がありますね。レコあがっているかな。
2017年11月08日 14:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Google航空写真しらべてみたら、ズバリ!大持山尾根の西側が黄色く写っていました。
鳥首峠〜有馬山の西側にも大きな黄色地帯がありますね。レコあがっているかな。
少しあがると伊豆ケ岳方面の視界が開けます。おーっと声が出ました。良く見るととんびかなんかの向こうに(初?)雁が飛んでいました。
2017年11月07日 11:39撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しあがると伊豆ケ岳方面の視界が開けます。おーっと声が出ました。良く見るととんびかなんかの向こうに(初?)雁が飛んでいました。
5
上がってきたウノタワ、鳥首峠方面もいい景色、
2017年11月07日 11:44撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がってきたウノタワ、鳥首峠方面もいい景色、
15
この付近で行き会ったご夫婦が雲の上に山が出ている、とのことで一枚。特徴のある頭の形から燧ケ岳ではないか、との暫定的結論になりました。浅間山だったかも。
2017年11月07日 11:44撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近で行き会ったご夫婦が雲の上に山が出ている、とのことで一枚。特徴のある頭の形から燧ケ岳ではないか、との暫定的結論になりました。浅間山だったかも。
3
少し黒ずんでいますがトリコロール。
2017年11月07日 11:46撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し黒ずんでいますがトリコロール。
9
そうそう、気温は20度くらいまで上がりましたが、湿度が低く風が通るので大汗はかきませんでした。
2017年11月07日 11:55撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、気温は20度くらいまで上がりましたが、湿度が低く風が通るので大汗はかきませんでした。
3
12:09 大持山の肩まで上がってパノラマ一枚。
腰の具合が悪くなさそうだったので大持山も踏んでおくことにしました。
2017年11月07日 12:09撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:09 大持山の肩まで上がってパノラマ一枚。
腰の具合が悪くなさそうだったので大持山も踏んでおくことにしました。
2
途中左手を見ながら上がっていくと、いらっしいました。奥武蔵から見えるとなんとなく得した気分でさらにうれしい?
2017年11月07日 12:14撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中左手を見ながら上がっていくと、いらっしいました。奥武蔵から見えるとなんとなく得した気分でさらにうれしい?
4
あっと言う間に大持山。ここからは見えないようですね。
2017年11月07日 12:15撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっと言う間に大持山。ここからは見えないようですね。
妻坂峠に向かいます。はい、一枚はおきました。
2017年11月07日 12:32撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻坂峠に向かいます。はい、一枚はおきました。
5
途中何箇所か紅葉が見ごろのところがありました。
2017年11月07日 12:43撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中何箇所か紅葉が見ごろのところがありました。
8
13:05 妻坂峠。
2017年11月07日 13:05撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05 妻坂峠。
2
ぶこーさんを撮ってから右手に下りました。
2017年11月07日 13:06撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶこーさんを撮ってから右手に下りました。
4
こちらも途中から沢沿いになります。
2017年11月07日 13:25撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも途中から沢沿いになります。
1
13:28 ここに出てくるのですね。
2017年11月07日 13:28撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:28 ここに出てくるのですね。
忽然と大きな岩が出現して。
2017年11月07日 13:30撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忽然と大きな岩が出現して。
来年1月に林道が開通するのかな。
程なく駐車場に到着。無事、今シーズン初の紅葉狩りミッションを完了しました。
2017年11月07日 13:32撮影 by GXR S10, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来年1月に林道が開通するのかな。
程なく駐車場に到着。無事、今シーズン初の紅葉狩りミッションを完了しました。
帰りは瑞穂町までもどって、ゆで太郎にしました。舞茸ひやかけそば\520は、この値段にしてこのお味。何時もながら驚きのコスパでした。
2017年11月07日 14:49撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは瑞穂町までもどって、ゆで太郎にしました。舞茸ひやかけそば\520は、この値段にしてこのお味。何時もながら驚きのコスパでした。
12

感想/記録



ウノタワの紅葉、フォローしている皆様が次々とレコをあげられ、しかも今年は例年よりも少し早めの紅葉ということであわてて出かけてきました。

2年前の春に来たときには武川岳の東側の郡境尾根から取り付いてぐるっと回ったのですが、
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-608824.html
今回は年も取ったし腰痛懸念もあり、横倉林道起点付近からの短め設定にしました。

好天に恵まれたこともあり結果はまずまず。ウノタワ付近は盛りをやや過ぎて木によっては落葉が進んでいましたが、大持山の肩への尾根、妻坂峠への下りでも、さまざまな紅葉や奥武蔵の山々の錦秋の景色を楽しむことができました。 

そうそう腰痛は前回よりも大分楽でした。ワタクシには昔「ためしてガッテン」でやっていた「これだけ体操」が効くような気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=4CZsv06iKTI

【全体を通しての個人的総評】】身の丈レベルの凡例は「プロフィール」に
スタミナ(体力).★★☆☆☆(EKmr度数=16位。ウノタワへの登りの最後は少し急ですが、がんばって大持山の肩をすぎればアップダウンは少ないので自分的には歩きやすく感じました。)
技術力(腕力)..★☆☆☆☆(登りの沢沿いで滑りやすいところもありましたが慎重に行けば問題ないと思います。)
高度感対応力...★☆☆☆☆(下が気になるところはありません。)
道迷危険度....★★☆☆☆(登りの沢沿いで一部落ち葉で踏み跡が隠れていましたが、赤テープを探しながら行けば問題ないと思います。全体としては明瞭ですがGPS/地図があれば安心です。)
花鳥風月度....★★★★☆ (今回はややピークを逃しましたが、紅葉の季節、好天に恵まれればぜひお勧めあると思います。)
また行きたい度..★★★☆☆ (そのうち紅葉のピークを狙って再訪したいと思います。)
オススメ総合評価.★★★☆☆(少なくとも紅葉の季節はぜひお薦めできると思います。) 
総評・コメント:個人的な感想ですが、この付近の紅葉狩りとしては三頭山よりは上ですが、昨年歩いた丹波天平のほうが地形、紅葉の種類の変化があってやや楽しめたような気がしました。(今日途中でご一緒した方は「今年のウノタワは赤色が少ない」とのことでしたので単純に比較はできませんが。)

※ こちらは『丹波天平〜サヲウラ峠 紅葉狩り』(2016)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1003507.html


※後から追加 林道ドライブ さわらびの湯〜横倉林道起点付近まで
林道に分かれてからは一車線なのですれ違いが面倒です


※さらに 後から思い出して追加。今から見るとローテクですが、三頭山 2013です。




訪問者数:435人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/27
投稿数: 310
2017/11/9 22:01
 やはり・・ウノタワでしたか
tatsucaさん こんばんは!

今年一発目の紅葉狩りを何処で楽しまれるのかな〜と思っていましたが、やはりウノタワでしたか。そんな気がしていました。
それにしても綺麗に紅葉したウノタワから、富士山も見えるんですね。ますます行きたくなってしまいました。

私もウィークデーに仕事さえなければ迷わずウノタワへ行っていたと思います。今週末では遅すぎるでしょうから、来年のお楽しみですね。

お疲れ様でした。

P.S. 腰痛の具合が改善してきた様で、何よりです。お大事に!
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1121
2017/11/10 7:51
 Re: やはり・・ウノタワでしたか
tomo0105 さん おはようこざいます。
コメントありがとうございます。

はい、ウノタワでした。他に2、3候補はあったのですが、フォローしている方がどっとレコをあげられたので、付和雷同しました。

富士山は得した気分になりますね。 ただ、ウノタワ付近だと有間山とかが邪魔するので、今日の行程だと見えるのは大持山山頂手前30mほどのピンポイントだと思われました。 

> 今週末では遅すぎるでしょうから、
ですね〜。今年は去年より1週間ははやいようですね。このあたりは今週末だと500m〜1000mの間でしょうか。といっても高尾山だと恐ろしい混雑のようなきがしますね。

tomo0105 さんも肋骨お大事に。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ