また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1311473 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

不動岳 (戸中川林道ゲートより矢筈山,六呂場山をへて周回)

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候朝は快晴だったけど,だんだんガスが湧いて,
標高2000m以上はガスにつつまれてしまいました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸中川林道ゲートの手前1.5kmほどのところに,車止めの柵。
そこに数台ぐらい駐車できるスペースがあります。
もちろんトイレなどはありません。

ボクは水窪ダム湖畔の駐車場(7〜8台駐車可能)で仮眠をとり,
早朝に移動しました。ここにはトイレがあります。
(288K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間5分
休憩
47分
合計
10時間52分
S駐車地06:0206:23戸中川林道ゲート08:06矢筈山南峰08:0808:30矢筈山08:3709:58六呂場峠10:22六呂場山10:2911:57鹿の平12:34不動岳13:0213:28鹿の平13:57鎌薙の頭14:0015:17不動岳登山口16:34戸中川林道ゲート16:54駐車地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■戸中川林道ゲート〜矢筈山南峰
目印テープはあまり多くないように感じましたが,
ここは「ひたすら上へ」ですから,
尾根をはずさないように登っていけば,大丈夫です。

■矢筈山南峰〜矢筈山〜六呂場峠への分岐
とくに矢筈山から六呂場峠への分岐までは広〜いゆるやか〜な尾根で,
倒木もけっこうたくさんありました。

■六呂場峠への分岐〜六呂場山〜鹿の平
小ピークの連続する激登り・激下り区間。
尾根もそれまでとはうって変わって,やせて,岩場もありました。
今回の山行では一番の危険地帯。
鹿の平への登りは一面のササ原です。

■不動岳〜鹿の平〜鎌崩の頭
ひたすらササ原。ヒザぐらいなら何のことはないですが,
胸までくるところもあって,かき分けて歩くのはなかなか難儀でした。
また隠された倒木トラップで何度も転びそうになり,スネに数ヶ所の傷。

■鎌崩の頭〜不動岳登山口
かなりの激下りですが,目印テープはたくさんあります。

装備

個人装備 Montrail FluidFlex ST

写真

戸中川林道ゲートの手前1.5kmくらいのところに車止めの柵。そこに数台は駐められるスペースがありますが,ボクは駐められなかったので,さらに手前の路肩に駐車して出発!
2017年11月12日 06:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸中川林道ゲートの手前1.5kmくらいのところに車止めの柵。そこに数台は駐められるスペースがありますが,ボクは駐められなかったので,さらに手前の路肩に駐車して出発!
1
20分ほど歩いて,ゲートまでやってきました。
2017年11月12日 06:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど歩いて,ゲートまでやってきました。
1
ゲートの先,今回は左に下っていきます。
2017年11月12日 06:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの先,今回は左に下っていきます。
戸中川にかかる橋を渡ると,この建物。右脇の石段を登っていくと,小さな神社があります。
2017年11月12日 06:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸中川にかかる橋を渡ると,この建物。右脇の石段を登っていくと,小さな神社があります。
1
その神社の脇を強引に登っていくと,この導水管があるので,あとは導水管に沿って登っていく。
2017年11月12日 06:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その神社の脇を強引に登っていくと,この導水管があるので,あとは導水管に沿って登っていく。
尾根をはずさないように登っていきます。朝日がさしてきました。
2017年11月12日 07:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をはずさないように登っていきます。朝日がさしてきました。
1
矢筈山南峰(1412m)に到着しました。南には前黒法師山〜バラ谷の頭の稜線。
2017年11月12日 08:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢筈山南峰(1412m)に到着しました。南には前黒法師山〜バラ谷の頭の稜線。
1
矢筈山(1474m)に到着。
2017年11月12日 08:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢筈山(1474m)に到着。
1
そこからは気持ちのいい,広い尾根。
2017年11月12日 08:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからは気持ちのいい,広い尾根。
1
ひろ〜くて,ゆるやか〜な尾根を歩いていきます。
2017年11月12日 08:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひろ〜くて,ゆるやか〜な尾根を歩いていきます。
2
お天気は快晴! と,この時はそうだったんですが…。
2017年11月12日 09:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気は快晴! と,この時はそうだったんですが…。
1
ここは矢筈山ではありません。黒沢山〜六呂場山の稜線に出ました。
2017年11月12日 09:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは矢筈山ではありません。黒沢山〜六呂場山の稜線に出ました。
1
不動岳が見えましたが,雲というか,ガスが湧いています。
2017年11月12日 09:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳が見えましたが,雲というか,ガスが湧いています。
1
あれに見えるは合地山ですね。
2017年11月12日 10:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれに見えるは合地山ですね。
2
六呂場山(1748m)にとうちゃ〜く。「耳目は欺かない…」実物を目にしました。
2017年11月12日 10:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六呂場山(1748m)にとうちゃ〜く。「耳目は欺かない…」実物を目にしました。
3
この稜線には,両側が切れ落ちた,ヤセ尾根箇所も多いです。ちょっと緊張します。
2017年11月12日 10:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線には,両側が切れ落ちた,ヤセ尾根箇所も多いです。ちょっと緊張します。
1
背の低いササが出始めました。
2017年11月12日 11:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の低いササが出始めました。
1
P1799mから不動岳方面。すでにガスにつつまれてます。
2017年11月12日 11:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1799mから不動岳方面。すでにガスにつつまれてます。
1
鹿の平への登りからふり返って,六呂場山や矢筈山。
2017年11月12日 11:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の平への登りからふり返って,六呂場山や矢筈山。
4
だんだんササが深くなる。
2017年11月12日 11:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんササが深くなる。
1
深くなる,深くなる〜!
2017年11月12日 11:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深くなる,深くなる〜!
2
ようやっと,鹿の平まで登ってきました。
2017年11月12日 11:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやっと,鹿の平まで登ってきました。
2
不動岳へ向かいます。道はあるようなないような…。ときにはササの海を泳ぐように進みます。
2017年11月12日 12:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳へ向かいます。道はあるようなないような…。ときにはササの海を泳ぐように進みます。
1
不動岳へ。ガスが晴れないかなぁ。
2017年11月12日 12:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳へ。ガスが晴れないかなぁ。
3
不動岳山頂(2172m)にとうちゃ〜く。
2017年11月12日 12:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳山頂(2172m)にとうちゃ〜く。
7
お昼ごはんを食べながら,ガスが切れるのを待ちましたが,この程度でした。う〜ん,残念。
2017年11月12日 12:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼ごはんを食べながら,ガスが切れるのを待ちましたが,この程度でした。う〜ん,残念。
1
それでは山頂をあとにします。
2017年11月12日 13:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは山頂をあとにします。
2
鹿の平まで戻ってきました。ここにはテントを張れそうな場所がいくつもありますね。
2017年11月12日 13:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の平まで戻ってきました。ここにはテントを張れそうな場所がいくつもありますね。
2
鹿の平からもササの中を歩いて,鎌崩の頭までやってきました。ここから尾根を下っていきます。
2017年11月12日 14:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の平からもササの中を歩いて,鎌崩の頭までやってきました。ここから尾根を下っていきます。
1
尾根上部にはササ原。今日は,ササ原を十分すぎるくらい堪能しました。
2017年11月12日 14:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上部にはササ原。今日は,ササ原を十分すぎるくらい堪能しました。
1
尾根を下ってくると,ところどころにきれいな紅葉。
2017年11月12日 15:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を下ってくると,ところどころにきれいな紅葉。
2
不動岳登山口まで下ってきました。
2017年11月12日 15:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳登山口まで下ってきました。
1
あとは林道歩きです。「ここまで来れば,多少は暗くなっても大丈夫」という安心感。
2017年11月12日 15:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道歩きです。「ここまで来れば,多少は暗くなっても大丈夫」という安心感。
2
このくらいの色づきのカエデもきれいだな。
2017年11月12日 15:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このくらいの色づきのカエデもきれいだな。
3
林道から,今日歩いた矢筈山〜六呂場山が見えました。
2017年11月12日 15:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から,今日歩いた矢筈山〜六呂場山が見えました。
2
戸中川林道ゲートを通り抜けて…。
2017年11月12日 16:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸中川林道ゲートを通り抜けて…。
1
なんとか暗くなる前に,駐車地まで戻ってこられました。今日もよく歩きました〜。お疲れ〜。
2017年11月12日 16:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか暗くなる前に,駐車地まで戻ってこられました。今日もよく歩きました〜。お疲れ〜。

感想/記録

昨年から南アルプス深南部に興味をもち,調べはじめて,
少しずつこの山域のことがわかってくるにしたがって,
行ってみたい山や歩いてみたいコースがいくつも出てきました。

その一つが,戸中川林道ゲートから矢筈山,六呂場山をへて,
不動岳をめざす今回のコースです。

矢筈山周辺の広くてゆるやかな尾根,
鹿の平から不動岳へのササ原,そこからみえる景色。
それらを体験するためにワクワクドキドキしながら出かけました。

結果的には予定どおりのコースを歩き通せましたが,
鹿の平から不動岳の稜線はガスにおおわれて,
たのしみにしていた周囲の山々の景色は見ることができませんでした。
「またの機会に」ということですね。

それにしても,ササ原は見た目はいい感じなんですが,
ササが深かったりするとまさに藪。
とくに下降では地面が見えないために滑りそうだし,
倒木トラップに何度もこけそうになるし,
なかなか苦労させられましたが,「これぞ南アルプス深南部」ですね。

それなりに晴天が期待された休日だったのに,
山の中ではどなたにもお会いすることのなかった,静かな日帰り山旅でした。
訪問者数:223人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/24
投稿数: 31
2017/11/14 20:45
 お疲れ様でした。
hushiyamaさん、こんばんは。
日曜日はお疲れ様でした。

以前に同じコースを逆回りで歩いたことがあります。1泊2日ですが・・・
矢筈尾根は緩やかな広い尾根でいいところだったなということが思い出されました。

今回不動岳からの景色は楽しめなかったようですが、「またの機会に」のレコも楽しみにしております。
登録日: 2012/9/8
投稿数: 126
2017/11/16 22:22
 Re: お疲れ様でした。
gen0715さん,こんばんは。
コメント,ありがとうございました。

genさんもこのコースを歩かれたことがあるんですね。
矢筈尾根でもう少しゆっくりしたかったのですが,
先を急ぐ日帰り山行,そういうわけにもいきませんでした。

これからもときどきは行きたい南ア深南部。
またどこかでお会いできるでしょうね,きっと。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ