また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1316466 全員に公開 雪山ハイキング大峰山脈

大峰に冬到来♪(釈迦ヶ岳〜孔雀岳〜仏生ヶ岳)

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道168号から林道を走って、太尾(旭)登山口からスタート。林道は、きれいに掃除されていました(感謝!)また、登山口のトイレは、朝使えたのですが、下山後には「凍結のため使用禁止」+施錠 で使用不可でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
54分
合計
7時間45分
S太尾登山口06:3907:06P146807:38古田の森08:24釈迦ヶ岳08:3009:59孔雀岳10:0510:37仏生ヶ岳10:5011:14孔雀岳11:1512:36釈迦ヶ岳12:4213:04古田の森13:0713:51P146814:1014:23太尾登山口14:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰り道の「釈迦ヶ岳からの下り、P1468」のあたり、GPS飛んでしまったので、接続のため手書き修正しました。
コース状況/
危険箇所等
今日の山頂周辺は-8℃くらいだったんじゃないでしょうか。霧氷はたっぷり。岩場はところどころで凍結。うっすら積もった新雪のおかげで、何とかこけずに歩けました。
その他周辺情報谷瀬の吊り橋に立ち寄り、こんにゃくを食べました!

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

太尾登山口スタート。風がビュービュー。寒そう・・・。(この辺りの白いのは、霜かな・・)まずは、釈迦ヶ岳まで行ってみよう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太尾登山口スタート。風がビュービュー。寒そう・・・。(この辺りの白いのは、霜かな・・)まずは、釈迦ヶ岳まで行ってみよう!
2
登山口は1300mちょっとですが、霧氷が現れ始めました。東に一瞬、朝陽が見えましたが、シャッターを切り損じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は1300mちょっとですが、霧氷が現れ始めました。東に一瞬、朝陽が見えましたが、シャッターを切り損じました。
3
ハシゴが二カ所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴが二カ所。
1400mを越えたあたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1400mを越えたあたり。
2
看板も冷たそう・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板も冷たそう・・・
地表が徐々に白っぽくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地表が徐々に白っぽくなってきました。
2
林道からの別ルートと合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からの別ルートと合流。
北西側に一瞬視界が開けました。紅葉した山際がとてもきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側に一瞬視界が開けました。紅葉した山際がとてもきれいです。
7
釈迦へと続く尾根道はガッスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦へと続く尾根道はガッスガス。
2
古田の森に到着。1618m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古田の森に到着。1618m。
3
あちこちにトリカブトの残骸。氷のオブジェと化してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちにトリカブトの残骸。氷のオブジェと化してました。
クマザサにも雪が積もってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマザサにも雪が積もってます。
2
千丈平。下草が真っ白け。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈平。下草が真っ白け。
2
霜柱、ザックザク^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱、ザックザク^^
1
釈迦 ”ガ” 岳(笑)と案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦 ”ガ” 岳(笑)と案内板。
2
少しずつ、大きな霧氷が見れるようになってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ、大きな霧氷が見れるようになってきました
3
前鬼・大日からの奥駈道と合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前鬼・大日からの奥駈道と合流。
2
奥駈の石標。意外と、距離表示が怪しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥駈の石標。意外と、距離表示が怪しい。
クマザサを掻き分け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマザサを掻き分け
1
初雪を踏みしめて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初雪を踏みしめて
釈迦ヶ岳山頂到着!1799.6m。手前には立派な一等三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂到着!1799.6m。手前には立派な一等三角点。
12
1年2か月ぶりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年2か月ぶりです。
4
錫杖も成長してます^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖も成長してます^^
5
釈迦の山頂ツリーは
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦の山頂ツリーは
2
かなりモコモコしてました。風が強くて寒い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりモコモコしてました。風が強くて寒い!
4
強風。雪も舞ってます。この先の弥山へと続く道は難易度が高そうですが、とりあえず、有名な馬の背コースを覗きに行くことに・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風。雪も舞ってます。この先の弥山へと続く道は難易度が高そうですが、とりあえず、有名な馬の背コースを覗きに行くことに・・。
1
激降り中にカチンコチンのロープがいくつか出てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激降り中にカチンコチンのロープがいくつか出てきます。
2
馬の背の岩は凍てついてました。足の置き場をどこにするか、滑り度合いを確かめながら、慎重に進みました。また、風が強くて吹き飛ばされそうになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の岩は凍てついてました。足の置き場をどこにするか、滑り度合いを確かめながら、慎重に進みました。また、風が強くて吹き飛ばされそうになりました。
3
そろぉ〜り。腰をかがめて重心を低く・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろぉ〜り。腰をかがめて重心を低く・・・。
2
四駆・這いつくばって進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四駆・這いつくばって進みます。
1
鎖と木の根っこはフル活用。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖と木の根っこはフル活用。
2
振り返れば、美しい水墨画の世界。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、美しい水墨画の世界。
2
空鉢岳、という小さなピークを通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空鉢岳、という小さなピークを通過。
3
キレット現る??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット現る??
1
風が強く、ふらつきながら進みました。顔にヒットする雪が痛い( ;∀;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強く、ふらつきながら進みました。顔にヒットする雪が痛い( ;∀;)
掾の鼻(えんのはな)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掾の鼻(えんのはな)。
1
立ち止まると、すぐに体が冷えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち止まると、すぐに体が冷えます。
2
足元は滑りますが、鎖を持つと手袋がくっついちゃう・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は滑りますが、鎖を持つと手袋がくっついちゃう・・。
3
霧氷が大きい所は、風も強い( ゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が大きい所は、風も強い( ゜Д゜)
3
ロープ場はつるりんりん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場はつるりんりん。
孔雀ノ覗に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孔雀ノ覗に着きました。
2
見えません^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えません^^;
2
足元にある孔雀岳の看板に沿って奥駈から少しそれると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にある孔雀岳の看板に沿って奥駈から少しそれると
1
孔雀岳のピークに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孔雀岳のピークに到着。
3
その先、少しルートロスし、迂回しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先、少しルートロスし、迂回しました。
クリスマスツリーだ^^!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリスマスツリーだ^^!
1
時折、大粒の締まった雪が舞ってきます。そのうちに深い雪に包まれるんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、大粒の締まった雪が舞ってきます。そのうちに深い雪に包まれるんでしょうね。
1
仏生の看板発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏生の看板発見。
尾根を見上げると、佛生の文字^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を見上げると、佛生の文字^^;
1
少し登って霧氷アーチを潜り抜けると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って霧氷アーチを潜り抜けると
2
仏生岳・佛生嶽到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏生岳・佛生嶽到着!
8
さぶいねぇ!釈迦への戻りルートの凍結がひどくなると大変なので、早めに引き上げましょう!(ウェアが同色、まるで同一人物みたい♪)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぶいねぇ!釈迦への戻りルートの凍結がひどくなると大変なので、早めに引き上げましょう!(ウェアが同色、まるで同一人物みたい♪)
3
綺麗な幾何学模様・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な幾何学模様・・。
4
モノトーンもいいよね・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノトーンもいいよね・・。
1
トレースは、我々と鹿さんくらい。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースは、我々と鹿さんくらい。。
1
前鬼から弥山までだと随分距離がありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前鬼から弥山までだと随分距離がありますね。
凍結部分は慎重にやり過ごしました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結部分は慎重にやり過ごしました^^
1
ゆっくり見たかったのですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり見たかったのですが、
ツルッツルで余裕なしでした。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルッツルで余裕なしでした。。
1
椽ノ鼻(えんのはな)の巨石、鉄鉢岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椽ノ鼻(えんのはな)の巨石、鉄鉢岩。
2
鼻からつらら・・・鼻水だぁ・・^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻からつらら・・・鼻水だぁ・・^^
1
南面をトラバース。つららがいっぱい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面をトラバース。つららがいっぱい!
モコモコ=さっぶぅ〜いです('Д')
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モコモコ=さっぶぅ〜いです('Д')
2
凍結を確かめながら足を運びます・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結を確かめながら足を運びます・・。
1
強風に身をかがめながら、慎重に通過♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風に身をかがめながら、慎重に通過♪
3
釈迦ヶ岳まで戻ってきました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳まで戻ってきました!
1
霧氷がジワジワ成長中、です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷がジワジワ成長中、です。
4
さぶいので、風の弱いところまで降りていきます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぶいので、風の弱いところまで降りていきます!
1
千丈平まで戻ってきました。このあたりは風が弱そうだったので、少し遅めのランチに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈平まで戻ってきました。このあたりは風が弱そうだったので、少し遅めのランチに。
1
お湯を沸かしながら、手を温めました^^でも、途中で雪が・・( ゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お湯を沸かしながら、手を温めました^^でも、途中で雪が・・( ゜Д゜)
2
手早く済ませて、下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手早く済ませて、下山します。
少し陽が差し始めて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し陽が差し始めて
1
霧氷がくっきりと見えたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷がくっきりと見えたり
4
山頂周辺はガスで真っ白けっけだったので、クリアな視界が広がると、とっても嬉しくなりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂周辺はガスで真っ白けっけだったので、クリアな視界が広がると、とっても嬉しくなりました!
8
登山口まで戻ってきました。この辺りも降ったようで、車には水玉がびっしりついていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。この辺りも降ったようで、車には水玉がびっしりついていました。
2
帰りに吊り橋へ立ち寄り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに吊り橋へ立ち寄り。
2
一往復しちゃいました!橋のど真ん中を吹き抜ける風は強烈で、山頂の寒さ再び、でした!(^^)!。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一往復しちゃいました!橋のど真ん中を吹き抜ける風は強烈で、山頂の寒さ再び、でした!(^^)!。
3

感想/記録
by marsee

初めて釈迦ヶ岳に行った時に大日岳とセットでハントしました。その時に、釈迦の先が弥山へと続いていると知り、途中の孔雀・仏生のピークをいつかはハントしたい、と思ってました。釈迦の先のルートは少し厳しいところがあるようで、山慣れしておられるYapさんを誘ってコラボハントを計画することに。
ところが、今日の「てんくら」予報では、釈迦は”C”。山頂付近はマイナス8℃、19m/sの超強風予想。おまけに、登山前日の深夜には、平野部でも雨。なので、凍結や積雪の心配があり、釈迦から先は半分諦めモードで登山口を出発しました。
標高1600mあたりの古田の森周辺は一面真っ白。そこから風も強くなり、釈迦の山頂に着いた頃にはビュンビュン。山頂には大そう立派な霧氷が育ってました。
「せっかくなので、馬の背を覗きに行きましょう!」と相成り、慎重に急坂を下りながら、馬の背へ。凍てついた岩は、滑りやすかったですが、気を付けていけば歩けないほどではない・・・「せっかくだし、行けるところまで行きますか!?」とのことで、気が付けば、孔雀・仏生へと足を延ばしていました。途中、透明の氷が岩に張り付いているところではドキリとしましたが、こけないよう、声を掛け合いながら慎重にクリアしました。
強風・極寒で時折霰のような硬い雪が降る中、一人だったら絶対に行けてなかったと思います。Yapさん、ありがとうございました!
訪問者数:461人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/17
投稿数: 6
2017/11/20 21:25
 ありがとうございました!
昨日はおつかれさまでした。

やっぱり写真きれいですね。
実際に自分が歩いてると、写真一枚一枚に思いも湧きます。

大峰ならまだ雪はついてない、なぁんて甘く考えててごめんなさい。
完全雪山で大変だったけど、すごい楽しかったです。

いろんな場面でのお気遣い、心配りに感謝です。
またどうぞよろしくお願いします!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ